カテゴリー別アーカイブ: ゴルフ練習の極意

ナイスショットしたい欲がある限り、スイングは変わらない。

自分では大胆にスイングを変えたつもりなのに‥‥ビデオチェックしてみたらスイングがほとんど変わっていない‥‥。

 

トップの高さを変えたつもりなのにいつもと同じ。シャフトクロスを修整してレイドオフにしたつもりなのに、ビデオで確認したら相変わらずシャフトが飛球線よりも右を向いている。

 

こういう経験は誰しもあるでしょう。ビデオを観てガックリするゴルファーが少なくありませんが、これにはちゃんとした理由があります。多くの人は素振りをすると、変えた(変えたい)スイングになりますが、いざボールを打とうとすると振り方が元に戻ってしまうのです。ボク自身も毎日のようにビデオを使って練習していますが、素振りと実際にボールを打つ時とでは、スイングが微妙に変わってしまいます(それを解消するために、日々練習しています)

 

なぜ素振りと本番とでスイングが変わってしまうのか?

 

2つの理由があると思っています。ひとつは「球をちゃんと打ちたい欲」。演劇論で好きな言葉のひとつに、「役者は観客は意識しても、観客に向かって演技してはいけない」というのがあります。演劇の場合、稽古時に観客はいませんが、本番(公演)では観客がいます。この観客を意識することはとても大事だけど、例えば、観客を笑わせようととか泣かせようと考えて演技してはいけないそうです。下手な役者ほど、無意識の内に受けを狙ってしまい「小芝居」するそうです。

 

ゴルフもしかり。ゴルフでは「役者=ゴルファー+クラブ」。そして「観客=ボール」。

 

ゴルファーは観客であるボールを向かって演技するために‥‥「ちゃんと打ちたい」「ミスしたくない」という欲があるために、新しい動きをやろうとも思ってもできないのです。優先順位の一番がちゃんと打つことになるため、スイングを変えようと思っても変えられない。対して、素振の時には観客(ボール)がいません。自分がやりたいことができるので、スイングを比較的簡単に変えることができます。

 

では、本番でスイングを変えるには何をやればいいのか?

 

「ボールを意識するな」「素振りのように振ればいい」と言ったアドバイスをする指導者もいますが、演劇論的に言うと、これでは観客不在の芝居をやるようなもの。これは芝居としては成立しません。やはり観客あってこその芝居。ゴルフもしかりで、ボールという存在を消す(無視)するのでは本番力は身につきません。本番力を付けるには、ボールをちゃんと意識した方がいいと思います。ただし、ナイスショットを求めないこと。

 

わざとミスショットすればいいのです。ボールにヘッドがかすりさえすればOK。チョロ、トップ、ダフり、シャンク、天プラ、引っかけ、チーピン、スライス、コスリ球‥‥なんでもいいです。とにかく、ナイスショットを打つことよりも、ボールを打ちながらスイングを変えていくのです。ナイスショットの呪縛から解放されれば、スイングは変わります(変えられます)。スイングをリフレーミングできるのです。

 

ただし、これは言葉でいうほど簡単ではありません。役者が観客の前で、「わざと受けない演技」「わざと下手くそな演技」をするのと同じで、すごく精神的に負荷がかかります。ですが、これをやらないと新しい動きというのは体に染みませんし、スイングをリフレーミングできないのです。

 

アナライズではこの精神的な負荷を下げるために、スイング改造時にはゴルフボールではなく、テニスボールぐらいの大きさのボールを打ってもらってます。ボールのサイズが少し大きくなると、心理的に「ちゃんと当てたい欲」も減ってくるため、体の動きを変えやすくなるからです。そして、大きいボールでスイングが変わってくれば、ゴルフボールに戻していく‥‥

 

わざとミスショットを打つ。これを怖がらないで練習に励めば、ビデオでスイングを確認した時に落ち込まないですむのです。

左ひじがピンと伸びて、右ひじが90度曲がっている。これが緩みのないトップの形。

テークバックの終着駅であり、ダウンスイングの始発駅でもあるトップ。 今回はトップの形の善し悪しを評価するポイントについて説明します。大事なポイントは2つ。ひとつはこれまでも述べてきたように、緩みを作らないこと。そしてもうひとつは正しい形を作ることです。

緩みについては、体を必要以上にリラックスさせないこと。伸ばすべき関節は伸ばし、曲げるべき関節は必要なだけ曲げておくことです。具体的に言うと、トップでは左ひじの関節は突っ張るぐらい伸ばしておき、右ひじの関節は90度曲げます。手首は左手首は親指側に曲げ、右手首は甲側に曲げる。足首、ひざ、股関節、背骨‥‥これらの関節はアドレス軸に作った角度(前傾角度)をキープします。伸ばす関節と曲げる関節を意識すると緩みを取り除けます。

次にトップの形。これはクラブのポジションとフェースの向き。そしてアドレスで作った前傾角度をキープできているかどうかがポイントです。

クラブのポジションはシャフトプレーンに対してシャフトが平行(飛球線よりもやや左)。これがオンプレーンでベストな型です。最近はレイドオフとも呼ばれていますが、これが理想のトップです。シャフトプレーンに対して平行(レイドオフ)にクラブが収まれば、余計な動きを入れることなくダウンスイングを始められるからで
す。

逆に言うと、トップでシャフトが飛球線よりも右を向く‥‥いわゆるシャフトクロスは好ましい型ではありません。シャフトクロスになるほど、トップで手首、左ひじが緩んできます。そして、ダウンスイングでプレーンにそってクラブが下りづらくなり、重心距離が長いクラブではシャフトクロスになるほど振り遅れのミスが出やすくなります。

フェースの向きに関しては、スクエア(プレーンと平行)、もしくはシャット(トップでフェースが空を向く)。これが良い型です。テークバックでフェースを開く度合いが少ない方が、フェースの向きをコントロールしやすく、インパクトの再現性が高まるからです。オープンフェース(トップでフェースが正面を向く)が正しい型にならないのは、トップで左手首に緩みが出やすくなるからです。加えて、重心距離が長いクラブを使う場合、オープンフェースだとフェースが開いたまま当たりやすくなって、方向性が悪くなります。

レイドオフのトップ、そしてシャット(スクエア)フェース。 この2つの型をちゃんと作るには、感覚やフィーリングに頼るのは禁物です。レイドオフに上げているつもり、シャットフェースを作っているつもり‥‥つもりのままでは、いくらボールを打っても、素振りを重ねても型を築くことはまず不可能です。ゴルフは感覚と実際の動きにギャップが非常に大きいからです。感覚というのは、自分の目でも、ビデオの目でも確認不可能です。そして、感覚頼りでいい球を打っても型は身につきません。

型を身に付ける唯一の方法は、スイング動画を実際に撮り、自分の目でスイングを確認することです。目で見えない感覚に頼るのではなく、見えるモノに頼る。そして、感覚ではなく、徹底的に型を意識しながら練習する‥‥

「型に嵌める」というと非常に窮屈な感じがするかも知れませんが、正しい型に嵌ることができれば、体もクラブも余計な動きをしなくてすみます。慣れるまでは違和感だらけですが、正しい型に慣れてしまえば違和感は自然に取れます。箸の持ち方と同じです(笑)

iPhoneをはじめ、今どきの携帯電話、スマートフォンはスイング動画が簡単に撮れます。これで自分のスイングを撮って、自分の目で、自分のスイングの型がどうなっているか確かめて下さい。

手首と右ひじの関節の曲げを意識すると緩まないでテークバックできる

緩んだスイングと力んだスイング(緩みのないスイング)

15秒かけてテークバックし、トップからフィニッシュまで15秒かけてスイングしてみると、力加減の違いがハッキリとでます。緩んだスイングをするのが癖になっている人は、ゆっくりスイングすると体に張りがありません。トップで左ひじがガクンと折れ曲がったり、トップが緩んだ感じになります。フォローやフィニッシュもこじんまりした感じになっています。

対して、力んだスイング(緩みのないスイング)がちゃんとできていると、体に張りができますし、トップで左腕がピシッと伸びてきます。フォロー、フィニッシュも大きく取っていけます。言い換えると、緩んだトップになっている人は、本人には自覚がなくても(楽なスイングをしようとして)無意識の内に緩みが発生しています。

では、この無意識の緩みを取るには(ちゃんと力むには)なにをすればいいのか?

無意識の緩み‥‥ゴルフスイングを演技に例えるならば、これは役者の癖のようなもの。では、そして「癖とは数ある選択肢の中で、オートマチックに選んだこと」(演出家、鴻上尚史氏)です。

具体的に言うと、泣くというシーンでも、シチュエーションに合せていろんな泣き方ができる人が上手い役者。泣くシーンは「こうでしょ」とワンパターンな演技しかできないのが癖です。スターと呼ばれる大物役者を除けば、癖で演技する役者は「下手な役者」と演出家から判断され、舞台に立てる回数が増えません。

演技でもゴルフでも、癖を取り除くには、わざと悪い動きをしてみることです。ロボットのようにギクシャク動いてみたり、関節を突っ張るぐらい伸ばしてみる。自分の常識から外れた行動をとることが、癖を取り除く近道です。

テークバックに関して言えば、左腕はつっかい棒のように伸ばすことをを意識して下さい。対して右腕は始動とともに右ひじを体に近づけるように引きながら、少しづつ曲げていきます。トップでは右ひじが90度曲がっているようにしましょう。

そして始動とともに手首をコックして下さい。テークバック前半で手首をコックすれば、途中で関節の緩みが出ません。手首をコックするコツは、左手(左肩)を下げて右手(右肩)を引き上げる。作用と反作用の要領です。手首をコックすることで左腕(左ひじ)が突っ張るように伸びてくるように心がけて下さい。

テークバック前半で手首のコックが完了し、右ひじを少し曲げる感じができてくると、左腕はピンと伸びてきます、伸びたままトップまでいけます。また、これができると力んでいても体をちゃんと動かすことができるので、緩まないトップを作れるはずです。

緩んでいれば体がスムーズに動き、力んでいればスムーズに体が動かない。こう思っている人が大多数ですが、そんなことはありません。力んでいても関節の使い方が分かっていれば体をスムーズに動かしていけます。

役者の演技もゴルフスイングも「○○だから、○○だ」という固定観念を持ち続けている限り、癖から永遠に抜け出せません。スイングを本気で変えたいならば、沢山ボールを打つことよりも、体を動かす選択肢を増やすためのユニークな努力が不可欠なんです。

アマチュアのリラックスは緩みを招くだけ。力んだ方が、力まないスイングが身に付く。

ゴルフと演劇(役者の演技)。

まったく別世界な感じがするかも知れませんが、役者に求められるのは身体表現力。自分の体をいかに上手く使うかが問われる世界です。そして、共演者といかに上手く演じるかが求められます。

ゴルフもしかり。自分の体を上手く使うことがいいスイングにつながりますし、共演者であるクラブをいかに上手く使うかも求められます。

いい演技(いいスイング)を身につけるには、スローモーションのようにゆっくり動くことが大事だといいました。ゆっくり動けば、ひとつひとつの動きを自分で意識しながら体を動かせるからです。

そして、ゆっくり動く時には力んだ状態(リラックスしないで)で体を動かして下さいと説明しました。関節も伸ばす所はピンと伸ばして、緩みのない状態を作る。

なぜ力むことが重要なのか?

アマチュアの多くは楽なスイングをしようとして体の一部が緩んでいます。そして本人に揺みがあることの自覚がありません。そして、緩んだ箇所が多い人ほど、その反動で必要以上の力みが発生し、いわゆる「力んだ」スイングになっています。言い換えると、緩んだ部分があるから‥‥自分のスイングを見て「力み」を感じるし、周りからも「力んだ」スイングと評価されてしまうのです。

そうです、力みというのは緩みによって生まれるのです。

もう説明の必要はないでしょう。力みを断ち切るためには緩まないこと。そのためには一度は、力んだ稽古(練習)が必要不可欠なのです。

具体的に言うと、アドレスしたら頭の先から足の指先までにギューッと力を込めて下さい。自分ではロボットのようにカチンカチンになるぐらいに‥‥

これで準備完了。後は、スローモーションのように素振りします。目安としては1スイング30秒。15秒かけてテークバックしてトップを作る。トップからフィニッシュまでも15秒かけて下さい。もちろん、スイング中も力を込めたまま。緩んだ場所を作ってはいけません。力加減を一定に保ったままスイングします。

そして、この力んでゆっくりスイングした姿を動画に納めてチェックします。スイングに緩んだ箇所がないかどうかチェックし、もし緩んだ箇所があったならば、そこが緩まないように修整していきます。

スイング中、緩みがなくなってくれば徐々に普通の速度に戻してシャドースイングしてみて下さい。緩まないテークバック、緩まないダウンスイング、緩まないフォロー、緩まないフィニッシュ。これらができれば、力んでいても‥‥動画でみれば力み感がなくなってきます。緩みがなければ、力みも生まれません。

役者は体を自由自在に動かしますが、稽古ではわざと悪い動き、わざとぎこちない動きをトコトンやります。悪い動きを知ることで良い動きを覚えるわけです。ゴルフもしかり。「力むから、リラックス」するという思考では力みの元凶である緩みを断ち切ることはできないのです。

スイングは2人芝居、主役はクラブ、脇役は人間

ひょんなことから演劇鑑賞にハマって早3年。小劇団からメジャーな劇団までジャンルを問わず‥‥これまで500本以上の舞台を見てきました。そして挙げ句の果てには、昨年12月、役者になるトレーニングを丸2日受けました(笑)

ゴルフと演劇。まったくジャンルが違いますが、芝居を観れば観るほど‥‥演技とゴルフスイングが非常に似ていることに気づきました。演技もスイングもどちらも身体表現。そして、芝居も演技も上手い人ほど動き(表現)が自然に見えます。

体の使い方しかり、力加減しかり、リズムしかり、テンポしかり、バランスしかり。下手な役者ほど、下手なゴルファー同様、体の使い方が不自然だったり、リズムやテンポも悪い。変な所に力が入っていたりしています。身体表現と言う意味ではゴルフも演劇もまったく同じです。

下手な役者ほど、自分のイメージと実際の動きとの間のギャップが大きい。ゴルフに例えるならば、下手な役者ほど頭の中はタイガー・ウッズ、でも実際のスイングは手打ちで弱々しいスイングになっています。そして、そんな役者ほど「自分には才能がない‥‥」「努力しても報われない‥‥」などとと考えています。

上手く演じられない役者と上手く演じられる役者。
上手いゴルファーと上手くないゴルファー。

この違いはどこにあるのか?

物理的に努力(練習)が足りていない人もいますが、実は、両者には根本的な勘違い、思い違いがあります。

それは、努力のベクトルがズレていること。ゴルフにおいてはたくさんボールを打っても上手くなれる保証はありません。演技においては、感情表現(イメージ)だけに頼って演技してしまう役者は本当に上手い役者になれません。(もちろん、例外もあって天才と呼ばれる人はその限りではありません)。

どちらにもかけているのは、イメージと現実のギャップを埋める具体的な方法を知らないからです。わざわざ「具体的」と書いたのは、演技もスイングも「具体的」な練習をすれば、練習すればしただけ上達できるからです。どちらの世界も努力では到達できない世界はありますが、ゴルフならば誰でもハンデ5ぐらいまでにはなれます。ゴルファーも役者も、正しいテクニックが身に付く稽古(練
習)すれば、確実にステップアップできます。

では、「具体的」には何を稽古(練習)すればいいのか?

ゴルフにおいては、スイングは2人芝居であることを自覚して下さい。役者1は「クラブ」、役者2は「自分」です。主役を自分にしていいのは並外れたパワーの持ち主だけ。パワーが普通な人や非力な人は、自分を主役するとクラブを味方に付けられず、飛距離を得るのが難しくなるからです。

これまでのメルマガでも書いてきましたが、この20年でクラブは劇的に進化しました。マッスルバックアイアンに代表される昔のクラブも残っていますが、新しいクラブの多くはヘッドが大きくなり、それに伴って重心距離が長くなりました。結果、重心距離の違いでスイング理論は変わってくるからです。

もちろん主役(クラブ)に合せた演技をする前に、基本的な稽古(練習)があります。それは自分の体の動きをコントロールすること。感覚にまかせて体を動かすのではなく、ひとつひとつの動きを自分で意識しながら体を動かすのです。

具体的に言うと、ゆっくりスローモーションのように動くこと、そして力んだ状態(リラックスしないで)で体を動かして下さい。例えば、関節も伸ばす所はピンと伸ばして、緩みのない状態を作る。

ゴルフ雑誌などでは「ゆっくり」動くことをレッスンするプロが多いですが、ゆっくり振る時に「力め」とアドバイスするプロはほとんどいません。なぜ「力む」ことにこだわるのかは、次回じっくり説明します。

いいスイングとはなにか?

、「いいスイング」とは形や型です。そして、ここで言う形や型というのは、体をどれだけ回したかとか、軸がしっかりしているかとかだけでなく、クラブを正しいポジションに収めることです。歌舞伎や日本舞踊に例えるならば、腰の曲げ具合と同じぐらい扇子の位置が大事です。テークバックやトップ、ダウンスイングやインパクトでクラブのポジションが正しいことが‥‥オンプレーンの正しい軌道(動き)につながるからです。

そして、いいスイングを身に付ける上で欠かせないのが体の「剛性感」。「剛性感」と言ってもピンとこないかと思いますが、要するに、体を硬く(正確には緩ませない状態)使うことを覚えることです。誤解を恐れずに言えば、変にリラックスして打とうとするぐらいならば、わざと力んで体をカチカチに使った方が、ボクはいいと思っています。

リラックスを否定する理由‥‥

それは多くのアマチュアはリラックスと「緩み」を混同し、体を緩ませ過ぎて失敗しているからです。体が緩みすぎると正しい姿勢は作れませんし、スイング中においては正しい形、型を作ることはできません。演出家の鴻上尚史さんもおっしゃってますが、多くの人は「リラックス」というと‥‥サウナの中に入って体をグニャっと緩めた状態をイメージしがち。結果、体に剛性感がまったくありません。筋肉が緩みすぎるために、トップで左ひじがぐにゃりと曲がったり、フィニッシュが弱々しくなっています。そしてパワーも出し切れてません。

力み過ぎることと同じぐらい、力が抜け過ぎるのはスイングに良くないのです。

まずは騙されたと思って、力をしっかり入れてスイングしてみて下さい。大きく振り回す必要はありません。ハーフスイングでいいです。クラブのポジションを意識しながら、1スイング3秒。普段よりも3倍時間をかけてひとつのスイングをする。

そして、このゆったりスイングのポイントは力加減を変えないこと。アドレス、テークバック、トップ、ダウンスイング、インパクト、フォロー、そしてフィニッシュ。アドレスで体に力を込めたら、その力加減をずっとキープしたまま、ゆっくりスイングするのです。

言葉にすると簡単に思うかも知れませんが、実際、やってみると分かります。力加減を変えないように打つことの難しさ。そして、力をしっかり入れておいた方が、体が緩まないことが体感できます。トップで左ひじが曲がる人でも、力をギューッと入れたままならば左ひじが伸びてきます。実際、初心者の場合、力を緩めないことを教えることで、緩みのないトップを作れるようになります。短時間で……

1000人以上のアマチュアのスイングを観察してますが、力んで失敗する人よりも、緩んで失敗している人の方が圧倒的に多いです。そして、力んでスイングしている人の大半も、スイングのどこかで瞬間的に力んでいるだけ。アドレスからフィニッシュまで力み続けている人は100人に1人もいません。

ゴルフは、特にキャリアが長い人ほど、自分の感覚、常識に囚われるほど堂々巡りに陥ります。上達するには、自分の感覚、常識からいかに外れるかも大事なんです。

反作用を意識すると手首のコックがスムーズに行える!!

ゴルフスイングにおいては、左右の「手」、「腕」が同じ方向に動くことはありません。テークバック、トップ、ダウン、インパクト、フォローにおいて、左手には左手の軌道、右手には右手の軌道があります。誤解を恐れずに言えば、それぞれの手は違う方向に動くことでクラブは正しい軌道を描きますし、効率良くパワーが発生します。

テークバックの前半においては……左手は、アドレス位置からほぼ真っ直ぐ後ろに平行移動(手首をコックするため、始動直後は少し下がります)。右手に関しては、右ひじを引くことで右手を体に近づけていきましょう。感覚的には、左手はレレレのオジサンのように体の正面で真横に動き、右手はタンスの引き出しを引くような感じで動かしていく。これで、クラブは正しい軌道(シャフトプレーン)にそって動いてくれます。

そして、クラブに正しい軌道を描かせるために(正しい形、型を作るために)不可欠な動きとなるのが手首のコック。手首のコックとは手首を折り曲げることですが、この動作も左手と右手では動かし方が異なってきます。

具体的に言うと、テークバックにおいては……左手首は親指が立つように、縦に手首を曲げていきます。対して、右手首は左手首同様、縦に曲げると同時に、甲側にも曲げていきます。左手に比べると少し複雑な動きになりますが、野球のボールを振りかぶって投げる時のように手首の使い方です。もしくは蕎麦やの出前持ちの形。右手首の甲側にしわができるように曲げていきます。

左右の手首を曲げる(手首をコックする)感じをつかむには、水平素振りが役立ちます。

1.クラブを握ったら、クラブヘッドと両腕を肩の高さまで持ち上げる。(腕とクラブはほぼ一直線になるように)
2.その状態からボールを打つつもりで、クラブを地面と水平に動かす。

テークバックの始動とともに手首をコックしていきますが、ポイントは右ひじ。始動とともに右ひじを曲げ、それに連動して手首をコックしてきます。ヘッドを水平に動かすことを意識すると、左手首は縦方向に曲がり(腕に対して)、右手首は甲側にしわができるように曲がってくるはずです(出前持ちの形になります)。

そして、手首をコックする時に意識してほしいのがグリップエンドの動き。構えた時には、グリップエンドは自分を向いています。そのグリップエンドを始動とともに外側に向けるように心がけて下さい。グリップエンドを大きく動かすことでヘッドを動かすように心がけると、手首をスムーズに使っていけます。また、グリップエンドをできるだけ体から遠ざけるようにも心がける。これにより、手首を使っても体が緩んだり、左腕が緩むのを防止でき、体の大きな筋肉(背筋)を使っていけます。

手首をコックするというと手打ちのような感じがするかも知れませんが、これは大きな勘違い。手首を正しくコックすることでクラブは正しい軌道に乗り、そして体の大きな筋肉を使っていけるのです。

ゴルフ雑誌のレッスン記事を読む心得え!

iPhone、iPad、スマートフォン……の普及によって、電子書籍が一気に注目を浴びてきました。そのあおりを受けて「雑誌の時代はもう終わった」などという声が大きくなってきつつあります。

ただ、ゴルフ業界においてはまだまだ電子書籍の波は大きくありません。ゴルフ雑誌はまだまだ元気ですし、雑誌が休刊になるという声も聞こえてきません。

さて、このゴルフ雑誌。昔も今も、一番人気はレッスン記事。それを証明するかのように、どの雑誌を開いてもレッスン記事の割合が多いです。巻頭ページには「えっ、たったの10分でプラス40ヤード」とか、「これでスライスがぴたりと止る」などの企画が目立ちます。

そこで今回はレッスン記事の正しい読み方について(すみません、手首のコックについては次回説明します)。

皆さんもご存じのように、プロのレッスンは百花繚乱。同じ号に、Aというプロは「テークバックは真っ直ぐヘッドを引け」とアドバイスし、Bというプロは「スイングは円運動、ヘッドはインサイドに引くの正しい」とレッスンしています。

読者にしてみれば、まったく正反対のアドバイスをされてしまうと「一体、どっちが正しいの?」と突っ込みを入れたくなりますよね。実際、出版社に抗議の電話を入れてくるゴルファーも少なからずいます。

でも、プロの肩を持つわけではありませんが、どちらもアドバイスとしては正解。何故かと言うと、彼らがレッスンしている言葉のサブテキスト(対象ゴルファー)が異なるからです。

サブテキストって何?

サブテキストとはテキスト(アドバイス)の裏側に含まれる言葉のことで、例えば、「ヘッドを真っ直ぐ引きましょう」というアドバイスには、「アマチュアの多くはヘッドをインに引きすぎるエラーを犯している。だから、真っ直ぐ引くことを教えることでヘッドが正しい軌道に乗る」というサブテキストが含まれています。

対して、「ヘッドをインに引きましょう」というアドバイスには、「アマチュアの多くはヘッドをアウトに上げすぎるエラーを犯している。だから、インに引くことを教えることでヘッドが正しい軌道に乗る」というサブテキストが含まれています。

要するに、どちらも正しい軌道を教えたい(ヘッドがシャフトプレーンに沿って上がっていく)。ただし、エラーを犯しているタイプを正反対に想定しているから、AプロとBプロのアドバイスがまったく逆になってしまうのです。

アドバイスの中にはサブテキストが含まれないモノのありますが(万人に通用するアドバイス)、プロのアドバイスの多くにはサブテキストが含まれています。

理由は2つあります。多くのアマチュアはすでに誤ったスイングを身に付けている。このため、エラーを犯しているゴルファーを想定してアドバイスするために、サブテキストが内在せざるを得ないのです。もうひとつは、プロ自身の癖やエラーがレッスンに反映されてしまうこと。

例えば、ダウンでシャフトが寝てチーピンが出やすいプロがいたとしましょう。こういう場合、自分が治したいこと、例えばダウンでシャフトを立てる、ダウンで左手を浮かせない、なんてことが無意識の内にアドバイスとなって言語化されてしまいます。ゴルフ雑誌で有名なEプロのレッスンはまさにその典型。彼はフック打ちで、チーピンに悩むタイプ。彼のレッスン記事を読むと、「ダウンで左手を浮かせない」「左手を低く保つこと」をこれでもかってぐらい、しつこく説明しています。

もう、ボクの言いたいことはお分かりでしょう。

そうです、ゴルフ雑誌のレッスン記事を読む場合、そのレッスンはどんなゴルファーを対象にしているのかを裏読み(サブテキスト読み)することが不可欠。そして、レッスンするプロの持ち球(そのプロが抱えている問題点)をあらかじめ知っておくこと。この2つが分かっていれば、「ははぁ、この記事はテークバックがアウトに上がり過ぎて失敗しているアマチュア向け」とか、「なるほど、こんなアドバイスをするのは、このプロはチーピンで悩んでいる」とかが読み取ることができます。

ゴルフ雑誌には、毎週毎週、これでもかってぐらいレッスン記事が紹介されていますが、どの記事にも間違いはありません。ただし、サブテキストを読み間違えたり、自分に当てはまらないアドバイスを鵜呑みにしてしまうと……ますます迷路に嵌ってしまいます。「下手を固める」危険性も大きいでしょう。実際、正月前後に発売されたゴルフ雑誌のレッスン記事を読んでみても、読み違えると誤解を招くレッスン記事が多数ありました。

大事なことなので繰り返しますが、レッスン記事を参考するにはアドバイスの真意(サブテキスト)を読み取ることが不可欠です。サブテキストを読み取る自信がない人は、レッスン記事を読まない方がいいでしょう。スイングを改善したいならば、プロやインストラクターに直接レッスンを受けた方が、回り道しないで上達できます。

癖と演技の違いについて

演技?

ゴルフと演技(いわゆる芝居の演技)に何の関係があるかと思うでしょう。実は、これが大ありなんです! 演技は役者が自分の身体を使って感情表現します。ゴルフはゴルファーが自分の体を使ってスイングしますよね。

そうです、演技もゴルフスイングも……どちらも自分が思考したことを……自分の身体で表現するという意味では、まったく同じことなんです。

そして、どちらにも共通しているのが、上手くない役者、上手くないゴルファーほど、自分の思考と身体表現(演技、ゴルフスイング)のズレが大きい。ゴルフで言うならば、「頭では遼クンのようなスイングをイメージしているのに、実際のスイングでは似ても似つかない手打ち」なんてことがザラですよね。練習場でもコースでもアマチュアのスイングを観察してみて下さい。「うわっ、いいスイング!」と思えるゴルファーはほんの一握り。80%、いや90以上のアマチュアゴルファーはスイングが美しくない。ギクシャクしているはず。スイングのどこかに問題を抱えているし、ボールも思った所に飛んでいません。そして、そういう人ほど真面目に一生懸命に本を読んで学び、練習しています。

では、なぜイメージと現実の間にギャップがあるのか?

ひとつは自分を客観視しないことにあります。この連載の初めのころにも書きましたが、現実の自分を見つめるアマチュアは非常に少ないです。大抵のアマチュアはボールがちゃんと当たったかどうか、結果(ボールの行方)で自分の動きをフィードバックしています。だから、自分のイメージと現実の動き(スイング)がかけ離れてしまうのです。

そして、ギャップが生じるもうひとつの原因は「癖」でしょう。10日ほど前、劇作家であり演出家である鴻上尚史さんのワークショップに参加した時に教わったのですが、役者の場合、「癖とは、オートマチックに選んだ表現手段」とのこと。例えば、「喜び」いう表現を演じる時にバンザ~イ(無意識に両手を広げて高く上げる)のような動きです。

対して、本当の演技とは、数ある「喜び」という表現の中から、そのシーンに最も適した表現を自分でチョイス(選択)すること。例えば、バンザ~イ、ぴょんぴょんその場で飛び跳ねる、よっしゃーと右手で大きくガッツポーズetc.……、いくつもの表現手段の中から、それに適した、ひとつの表現手段を役者が選んで、それを演じることです。

これをゴルフに置き換えると、イメージと現実にギャップが大きい人ほど、「癖」の集合体でスイングが形作られています。グリップしかり、アドレスしかり、テークバックしかり。数ある動きからひとつを選ぶのではなく、オートマチックに選んだこと(無意識)だけで、なんとかボールを上手く打とうとする。そして、上手く当たらなること、これまたオートマチック(無意識)に、新たな動きを取り入れようとしています。

要するに、練習時に、動作(動き)の選択肢が少ないこと、そして動作(動き)のチョイス(選択)を間違ってしまっている。だから、ビデオやデジカメでスイングチェックすると「えっ、何でこんなスイングになっているの?」、「うわっ、イメージと全然違うじゃないか」なんていう悲しい現実に直面してしまうのです。そして、多くの人は、その悲しい現実に直面すると「自分には運動神経がない」「自分には才能がない」とか、果ては「自分はゴルフが向いていない」等という悲観的な思考をしがちです。

誰もが遼クンやタイガー・ウッズのようなスイングになれるわけではありません。どんな役者も古田新太や松山ケンイチのようになれるわけではありませんが、「癖」ではなく「演技」を意識してトレーニング(練習)に励めば、その努力は必ず報われます。ゴルフなら70台で回れるし、スイング作りにおいては、「癖」を徹底的に排除する練習をすれば、3カ月から半年ぐらいで動きがガラッと変わります。「これって、本当に自分のスイングなの」ってくらい変えられるのです。

道具の進化により、60歳を過ぎてもパープレーで回ることは可能ですし、ドライバーも250ヤード飛ばすことが可能です。でも、それを手に入れるには道具を上手く使いこなすスイング(演技)を身に付けることが不可欠。そのためには「癖」を抱えたまま、ワンパターンな練習しないこと。ゴルフはボールをたくさん打って上手くなれるものではありません。それだけは絶対肝に銘じて下さい。自分のイメージと現実の動きを一致させるトレーニングを積めば、誰もが今よりもワンランク、いやツーランク上手くなれるのです。

それでは皆さん、よいお年をお迎えください。

ダウンの前半はシャフトを寝かせるイメージで!

「いいスイング」とは何か? いきなりこんな質問でごめんなさい。

ボクが言う「いいスイング」は形や型です。リズムやタイミングは評価点にはあまり加えません。この2つはスイングを構成する重要な要素でありますが、反面、リズムやタイミングは世界トップクラスの選手でも、心理状態(プレッシャーがかかった時)によって大きく変わることがあるからです。

どこの形(型)を見れば、スイングの良し悪しが分かるのか?

いくつかポイントはありますが、一番大事な場所はトップからダウンの切り返しでのシャフトのポジション。前回の番外編でも書きましたが、トップからクラブを振り下ろした時、一番理想的な形(型)はシャフトがシャフトプレーン(アドレス時のライ角度の延長線)と平行に収り、そしてシャフトはなるべくシャフトプレーンに近づいた状態になっていることです。

そしてシャフトはできるだけ同じ角度でプレーンに戻っていくのが理想型です。

これができていると、ダウンスイング後半からはクラブも体も余計な動きをしません。余計な動きをしなくてもクラブはシャフトプレーンに沿って下りてきますし、インパクトの再現性も高まるからです。タイガー・ウッズ、ジェイソン・デイ、そして一見変則に見えるリッキー・ファウラーもダウンの早い段階で、シャフトプレーンに沿ってクラブ(シャフト)がポジショニングされています。

対して、プロ、アマチュアを問わず、スイングが不安定な人の場合、ダウンの前半でシャフトが立ちすぎていたり、シャフトはプレーンと平行になっていても、シャフトが離れすぎています。

例えば、宮里藍。彼女の場合、テークバックですぐにシャフトの角度が崩れ、そして、ダウンの前半ではシャフトはプレーンと平行になっているものの、シャフトはプレーンから非常に遠い。このため、ダウン後半ではシャフトが寝てしまい(シャフトプレーンよりもヘッドが下に垂れ下がり)、それをリカバリーするためにインパクトで手が大きく浮き上がっています。今週発売のパーゴルフをご覧になっていただくと、シャフトがプレーンから外れている具合が分かります。

体の動きはダイナミックで素晴らしいと思いますが、シャフトの挙動はトッププレーヤーの中ではかなり不安定です。そして、何故かクラブの動きが不安定なのを指摘されることはありません(恐らく、プロの半分以上はそのことを理解しています)。

大事なことなので繰り返しますが、体に余計な動きをさせたくなければ、クラブ(シャフト)に余計な動きをさせないことが不可欠。特に、テークバックの前半と、前述したトップからダウンの切り返し。ここでクラブ(シャフト)のポジション(角度)が、プレーンから外れるほど、スイングが複雑になりますし、たくさんボールを打たないと方向性が安定しません。また、得意クラブと不得意クラブが出たりします。

読者(アマチュア)が体の動きを求めているのか? それともプロ(指導者)がクラブよりも体の動きを説明したがるのか?

どちらが理由なのか分かりませんが、ゴルフ雑誌のレッスン記事の大半は体の動かし方を積極的に教えています。でも誤解を恐れずに言うと、体の動きだけを意識してもクラブのポジションは変わる確率は非常に低いでしょう。

本当にスイングの完成度を上げたいのであれば、まずはクラブの正しいポジションを意識しながら練習すること。ボールをたくさん打つよりも、クラブのポジションを意識しながら30~50球、じっくり時間をかけ、そしてビデオを使って客観的にスイングチェックしながら練習した方がショットは安定しますし、プレッシャーに強いスイングが身に付きます。

正しいゴルフスイングを身に付けることは簡単ではありません。ギターやピアノを覚えたり、踊りを覚えるのと同じぐらいの努力が必要でしょう。でも正しい練習を続ければ、誰でもシングルになれます。