カテゴリー別アーカイブ: コブラ

コブラ  バフラーT-RAIL+フェアウェイウッド(2013)

このインプレッションは2013年9月に書かれたものです

僕はメルマガや、ブログなどで、スプーンのロフトの見直しについて書くことが多くなった。”スプーンは15度(表示ロフト)”という固定観念が、アマチュアゴルファーを潜在的に苦しめていると思ったから。スプーン本来の機能を考えると最適ロフトは16.5度~17.5度(リアルロフト)ぐらいだと思う。ただミケルソンのフランケンウッドのようなアプローチも面白いと思う。12.5度~13.5度
(リアルロフト)前後のスプーンを入れるのもアリ!しかしこれは上級者限定。なぜならスプーンは、投影面積とフェースの面積も狭く、慣性モーメントも小さいためドライバーに比べるとスイートエリアは狭いからだ。

しかし17度前後のスプーンがいい!と言ってみても、ロケットボールズの3HLは並行のみで日本で売っていないし、SYBのW422Vはヘッドのみ、ありものでなかなかないのが実情。つるやゴルフ神田駅前店を覗くと、コブラ バフラーTレイル+ フェアウェイウッド(2012モデル)のスプーンの表示ロフトが16度。構えた感じではリアルロフトは16.5度から17度ありそう。

ネットで相場を見ると9800円とかで販売されている。シャフトはUSTMamiyaのプロフォースVTSが入っているではないか。このシャフトは、重量帯別に3種類のトルク設定されているシャフトで、価格的にも手ごろだが、僕のおすすめシャフト。PGAツアーの使用率も高い。ぶっちゃけ9800円ならシャフト代よりやすい。おまけにコブラはデザインも良く、更にヘッドカバーのデザインも凝っていて安っぽくない。低重心設計などと書いてあるので期待度も高まるので、迷わず買って帰った。

sale05_top (1)

さて構えてみると、投影面積が大きく安心感がある。フェース厚はシャローでボールの上がりやすそうなイメージがする。16度表示の上に、リアルロフトがもう少しありそうなので、ロフトが見える安心感もある。ボールを打ってみると弾きの良さを感じる、打感と打球音が心地よい。プロフォースVTSの硬さも僕にはちょうどいい感じ。全体的にしなる癖のないシャフトは、USTMamiyaらしいデザインの良さも魅力で、重さも硬さも僕にピッタリ。

低重心設計とあるが、そこそこ低重心には感じるが、適度なスピン量で、ロフトが1,2度多い安心感もあるので、スイングでボールを上げに行く悪い動きも出にくくなる。もちろん5番も売っていて、いまどき珍しい吊るしでそのまま使えるフェアウェイウッド。そしてこの低価格は、クラブの価格破壊と言えるだろう。ヘッドカバーだけでも2500円はしそうだ。

ティアップして打ったら250yも飛んだ。地面から打ったら230~240y飛ぶ。重心が思ったほど低くなく、適度にスピンが入るが、ヘッドスピードが速すぎない人には、これぐらいが適量だとおもう。マーク金井的には、コストパーフォーマンス日本一の称号を贈呈したい。

もともとは2万円前後しているクラブが、次のモデルが出るからという理由で、こんな低価格になってしまう。ゴルフクラブは進化しているが、進化の速度とモデルチェンジは必ずしもシンクロしているとは言えない。僕はゴルフを始める初心者のためのクラブセットを作りたい!と常々言っているが、この短い商品サイクルでは、ビジネス的にも成り立たないと感じてしまう。

ゴルファーにとってはいい商品でも、業界的の構造として危険であると言えるだろう。そして何度も言うけど、コブラというメーカーが評価されない理由がわからない、デザイン、性能、そして価格、非常にレベルが高いのに・・これからゴルフを始めたい人や、ヘッドスピードがある程度あるフェアウェイウッドが苦手な人に薦めたいクラブだ

………………………………………………………………………………
コブラ バフラーTレイル+ 表示ロフト16度、プロフォースVTS6S
———————————DATA——————————
長さ43inch/重さ330.6g/バランスD2/振動数267cpm/表示ロフト16度/リアルロフト16.5度/フェース角±0度
——————————————————————-

コブラ AMP CELL ユーティリティ(2013)

このインプレッションは2013年5月に書かれたものです

GDOのHOTLIST2013の試打で打った時に、非常によかったのと、フェアウェイウッドも買ったので、ついでユーティリティも購入。並行は価格が安いけど、シャフトが重くて硬すぎるとの、日本限定の白が無いので日本仕様の16度~19度というロフト、日本仕様と言っても、日本のメーカーとくらべると純正カーボンシャフトは70gもあり重さも適度にあって、純正でもそのままウエイトフローするのが、歴代のコブラのいいところ。値段も日本仕様でも値引きを入れると2万円を切るのもオススメしたいポイントだ。

COBRA AMP CELL UT MAIN

デザインもカッコイイし、なんで売れないのかわからない。デーラーメイドやタイトリストが持っていて、コブラがないモノはなんだろう?!と常々考えている。試打しても非常にいい。フェースの弾きにこだわっているだけあって、弾きもフィーリングも、音もいい。千葉市民の9番ホール、PAR5の2打目残り210yで使ったら、綺麗なフェードで2オン出来た。ほんとにクラブの機能としては、文句のつけようがないのだが、結果を言うと処分することにする。

ナゼかというと結局消去法をになる。手持ちのユーティリティ、ロケットボールズ、アダムス、タイトリストが僕にとっての3トップ。4番手になってしまうコブラを持っている理由がないのだ。これはブランドというか、マスターピースというか、コアというか、それを超える何かがないのだ。所有したいという所有欲をなぜか満たさない。クラブとしては非常にいいと、何度もメルマガでは書いているのを読者の皆さんも記憶していると思う。選択の基準としてハッキリと提示できないのがもどかしいが、性能が同じぐらいでも、ブランドとして生き残れるものがないのだ。

これは僕の個人的な感想だけど、親会社のプーマのゴルフウェアに似ている。プーマの服はすべてプーマで揃えるといいけど、食い合せというか、なにか1つだけプーマが入るとなにか違和感を感じるのだ。それと似ている。すべてコブラで揃えると、収まりがいいが、ほかのクラブメーカーのクラブが混在する中に、コブラが入ってしまうと何か収まりの悪さを感じる。デザインも非常にいいと思うのだが、協調性がないのだろうか?!

この際だから僕の断捨離基準をお教えします。

まず使用頻度が一番、どんなに気に入っているものでも、3ヶ月間一度もラウンドに使わないクラブは処分する。(資料として置いておきたいクラブは別)気に入ったものをずっと置いていてるとクラブが溢れてしまうからだ。僕は同じカテゴリーの保有数を決めている。ドライバーなら3本、UTやFWやアイアン3セットが上限、それを上まったら、こんまり先生(片づけコンサルタント・近藤麻理恵)の本に書いてあったように、クラブを4本並べどれを切り捨てるか決めるようにしている。だたし歴史的名器は、資料として残しておくことにしている。これはこの限りではない。

しかしこのブランド格差はなんなんだろう、消去法では断捨離の対象となるコブラのクラブ。リッキー・ファウラーが使っているが、アダム・スコットや石川遼などと契約しないとブランドイメージを一新することができないのかもしれない。ブランドというのは、機能を超えた所有欲を掻き立てるもの ではないか?とコブラのクラブを見てそう感じる。

コブラ AMP CELL フェアウェイウッド(2013)

このインプレッションは2013年3月に書かれたものです

僕は仕事でよく兵庫県姫路市に行く機会がある。リンクスの本社に、次に発売する新製品のミーティングに行くため。打ってるだけで上達するパターやバンカーから楽に出せるウエッジなど、まだまだリンクスからイロイロ発売される。そんな打ち合わせついでに必ず顔を出すのが、つるやゴルフ西神戸店だ。

もともと、つるやゴルフ神田駅前店にいた店長のY君がこちらに移動になったから彼に会いに行くついでに、クラブを物色する。このつるやゴルフ西神戸店は、つるやゴルフの中でも大型店舗で、在庫も豊富なので、毎回楽しみにしている。

そんな西神戸店で、見つけたのが日本では三大不人気ブランドのコブラのフェアウェイウッド。HOTLISTでは選ばれなかったが、試打では非常に気に入ったモデルだったので、ずっと気になっていた。今アナライズは僕のクラブで溢れているが、ついY君の笑顔につられ、フェアウェイウッドとUTを大人買いしてしまっていた。

さてこのAMP CELL FW、今回買ったのは日本仕様。前にこのコーナーで取り上げたAMPのドライバーは、並行品の値段の安さにつられて衝動買いして久々の大失敗。並行モノのシャフトの重さと硬さのハードさに驚いた反省を踏まえての今回のチョイスとなった。

それと日本仕様限定のホワイトが気に入ったから。ホワイトは、ヘッドを大きく見せる効果があるが、実際ロケットボーズルズよりもヘッドの投影面積が一回り大きい、構えやすいヘッド形状とあいまってアドレスして非常に安心感を与えている。構えやすさを保ちながら投影面積が大きいということは、内部でウエイト調整していなければ重心距離は長くなる。当然イマドキのドライバーとの相性も
よい。

P1040168

メーカーはロフトが13度から16度まで4段階に調整できると謳っているが、僕はフェースアングルが変えられることが利点だと思っている。打ってみるとフェースの弾きがとてもよく、それでいてボールがフェースに乗っている感じが味わえる。コブラは昔から、バフラーシリーズに代表されるフェアウェイウッドとユーティリティを作るのが上手いメーカー。基本性能のツボの押さえどころのよさを
感じる。

それとなんといっても値段が安い。実売で2万円を切るのではないか?!非常に手を出しやすい価格設定となっている。あと低価格のわりに、純正シャフトの出来が非常に良い。手元のしなりも感じるし、重さも3W相当(ロフト設定が13度~16度なのでメーカーは、3-4という表記にしている)で320.7gと意外と総重量があり、振動数はSで254cpmと、オジサン向きクラブとアスリート向きクラブのちょうど中間がぐらいの設定。リシャフトしないで、そのまま使えるのは、ユーザーに取って嬉しいことだと思う。

最近僕は、スイング改造の成果か、ドライバーからフェアウェイウッドにいたるまで、ハンドファースト感が強く出せるようになった。シャフトのキックが上手く使えるようになった反面、打ち込みすぎて傾向が出てきた。フェアウェイウッドを低スピン弾道に打って、距離を稼ぎたいときはもっと、入射角を緩やかにしたい。ロケットボールズは、FP(フェースプログレッション)が少ない(シャフトの軸線からフェースまでの距離が短い)ので、アイアン感覚に近く打ちたくなるので、打ち込み過ぎの傾向に、拍車がかかってしまう。そんな時にFP値が大きいこういうフェアウェイウッドを使うと、自然と入射角は浅くなり、払うように打ちたくなる。そういう効果も狙って買いたくなるスイッチがオンになってしまった。

ソールのアミアミなデザインも流石コブラという感じ。、今までカチャカチャは3段階だったが4段階となり、360度回転するようになったので、カチャカチャらしさも出てきたし、シャフトが回っても違和感のないデザインになっているとこも上手いと思った。そしてソールの形状の設計が絶妙。ソールのラウンドが強く、キャロウェイの名器スチールヘッド的なヌケの良さをイメージさせるが、ソールと地面がコンタクトする感じが絶妙で、ウエッジで言うバンス感があり手前から入れてもミスになりにくい。

非常にいいクラブなのに、日本でナゼか人気のない三大ブランドであるコブラの苦悩を感じるのが、シャフトの名前の付け方、ランバックス 57 Sの57という数字にそれが現れてしまう。実際は60にしたほうがいい重量帯なのに、少し重いイメージを持たれたくない、55と表記してしまいたいが、こだわりが邪魔をするジレンマからで、その間を取って57なのではないか?!と想像してしまった。

オープンプライスで実売も非常に手頃なフェアウェイウッドだが、リセールは期待できない。しかし性能だけで買っても満足する出来栄えとなっている。唯一残念なのは、カチャカチャのレンチが他社のモノが使えないことだ。テーラメイドやキャロウェイ、タイトリスト、ピンなど実はどれもレンチは若干の差があるが、実際に使える。コブラは使えないので、忘れた時にちょっと貸して!なんて言えないことぐらいか?! UTも買ったので、しばらく試してみようと思う。

……………………………………………………………………………
コブラ AMP CELL フェアウェイ+ランバックス57(S)純正シャフト
———————————DATA——————————
長さ43.0inch/重さ320.7g/バランスD1/振動数254cpm/センター
フレックス値4.08/表示ロフト13~16度/リアルロフト14.0度/フェース角-0.25度
(可変スリーブのポジションは3(ノーマル))
——————————————————————-

COBRA AMPユーティリティ(2012)

このインプレッションは、2012年4月に書かれたものです。

先月ゴルフクラシックで、付録のコブラのカタログのお手伝いをした際に、コブラのこのAMPシリーズをすべてテストした。日本のメーカーのほとんどが、メインターゲットを団塊の世代など、年配の購買層をターゲットにしているのに対して、コブラは明らかに若い世代をターゲットとしている。コブラと言えばリッキー・ファウラーなどファッショナブルで、デザイン重視というイメージがあるが、実はクラブは非常にしっかりとした作りをしている。ターゲットユーザーが若い世代だけあって、クラブ重量が軽すぎず、僕らがいつも提唱している、FWやUTなど、適度に重量があるクラブを作っている。重さだけでなくクラブとしても非常にいい。

5000188746_p01_01

 

一つだけ残念なのは、日本とアメリカの価格差が大きいこと。僕は一消費者でもあるので、この差は残念。JYPERSで14800円で売っていたのでコチラで購入。さてまずいいのはシャフト重量。純正シャフトでなかなか無い70g台で適度に重量感がいい、そして並行モノにしてはシャフトが硬すぎない点もGOOD。純正シャフトはコストダウンしているから、高価なシャフトではないが、UTは飛距離を追求するクラブではないので、この硬さと重さのバランスが絶妙な純正シャフトでも十分そのまま使用できる。

ライ角がノーマルポジションでも少しアップライトなのもいい。僕はUTを選ぶポイントとして、ネックとフェイスのつながりをチェックする。少しポケットがあるというか、オフセットがある形状のものが好き。これは長い間テーラメイドのレスキューミッドTPをつかっていたから、コブラAMP UTも非常に構えやすい形状。実際打ってみると、低スピンで強い球がでて気に入った。

ロフト表示よりも打出しが低いので、リアルロフトを計測すると17度表示で、15.75度と立っていた。ヘッドカバーのデザインもオレンジを大胆に使いカッコイイので、他のロフトもそろえることに。17度はさすがに、ヘッドスピードが45m/s以上無いと打ちこなせないが、他のロフトは充分使えるので、ヘッドスピードが充分あるゴルファーが、リシャフトせず使えるUTとしてお勧めしたいモデルだ

COBRA AMP UT 17度+ALDILA RIP 70(純正)
———————————————————————
長さ40.5inch/重さ353.7g/バランスD2.5/振動数278cpm/センターフレックス値5.47/表示ロフト17度/リアルロフト15.75°/フェイス角-1.5
———————————DATA——————————