カテゴリー別アーカイブ: 自分に合うクラブの真実

振り切れる範囲で重いクラブが、適正ヘッド重量

海外ブランドはヘッド重量が重め。テーラーメイドの場合、日本モデルの「グローレ」は軽めのヘッドだ

海外ブランドはヘッド重量が重め。テーラーメイドの場合、日本モデルの「グローレ」は軽めのヘッドだ

スペック選びで一番大事なのは重量です。ヘッドスピードを上げたい(=飛ばすだけなら)クラブは軽い方が有利に感じますが、実際はそうは問屋が卸してくれません。自分のパワーよりも軽過ぎるドライバーを使うと、テークバックで体をしっかり使えません。クラブが軽いと手先だけでヒョイと上げてしまいやすくなるからです。

加えて、軽過ぎるクラブに馴れてしまうと体をしっかり使って振り切りにくくなり、手打ちを助長します。結果、「スイングの老化現象」を引き起こすことにもなるのです。

大事なことなので繰り返しますが、ドライバーからウエッジまで「振り切れる範囲で重い」クラブが本人にとってベストなクラブです。例えば、ドライバーの場合だと、目安は(長さ45インチ)

40歳以下   310g±10g
40~50歳  305g±10g
50~60歳  300g±10g
60歳以上   290g±10g

ぐらいです。

そして重さについてもう少し話を掘り下げると、クラブ重量と同じぐらい大事なのがヘッド重量です。

昔のドライバーはどのモデルも長さが一定だったので(43インチ前後)、ヘッド重量は200g前後でした。ところが現在のドライバーは長さのバリエーションが豊富になったため、ヘッド重量にかなり幅があります。市販ドライバーのヘッド重量を調べてみると‥‥

188~203g

一番軽いヘッドと一番重いヘッドを比較するとその差は15g。たかが15gと侮らないで下さい。15g変わればヘッド重量が7~8%変化します。これは看過できる数値ではありません。軽いヘッドと重いヘッドを比較すれば、反発力に差が明らかに出ます。今のドライバーはルールで高反発フェース規制されていますが、反発力が同じフェースを採用しても、軽いヘッドよりも重いヘッドの方が反発力が増し、ボール初速が上がってきます。物理的にはヘッドは重ければ重いほど、飛びに有利です。

ただし、重いヘッドもメリットばかりではありません。クラブ重量同様、ヘッド重量も重くなるほど振りづらくなってヘッドスピードが落ちてきます。例えば、同じ長さで振り比べた場合、(シャフト、グリップ重量は同じ)、ヘッド重量が190gと200gとでは、後者の方がヘッドスピードが落ちてきます(ただし、ヘッドが重い分だけ反発力はアップする)。

抽象的ですが「振り切れる範囲で重い」ヘッドがベストです。そして適正ヘッド重量を知るためには、ゴルファー自身が実際に軽いクラブと重いクラブを打ち分けてみること。理想は同じヘッドで、同じ長さ。それで重いクラブと軽いクブを打ち分けてみる。

・自分のパワーを出し切った時にヘッドスピードが落ちない・ミート率(打点位置)が安定している

この2つの要素が満たされている範囲で重いのが、その人にとって適正ヘッド重量。そしてパワー(腕力)がある人ほど重いヘッドと相性が良く、パワー(腕力)がない人ほどヘッドを少し軽くした方が相性がいいです。ちなみに、一般男性の場合目安としては‥‥

194~202g

ぐらいが適正ヘッド重量の目安です。
市販品では、テーラーメイド、マグレガー、タイトリスト913シリーズなどは、ヘッド重量の調整が可能です。その中でもボクがお勧めしたいのがテーラーメイド「r7 425」中古ショップに行けば1万円以内で購入可能ですし、ヘッドの挙動もニュートラル。少ない投資で、適正ヘッド重量を調べることができます 。もちろん、アナライズでボクのフィッティングを受けていただければ、適正ヘッド重量をお知らせします。

ちなみにボクの場合はヘッド重量が200~202gがちょうど良く、195gだとヘッドが軽くて当たり負けした感じになります。コースに出た時に、軽い球になってしまいます。逆に203gを越えてくるとクラブを短めに作っても、ヘッドの重さに負けてしまい振り遅れたり、ヘッドスピードが落ちてきます。

振り切れる範囲で重いクラブを使う

200gを超える重ヘッドのピン「G25」ドライバー

200gを超える重ヘッドのピン「G25」ドライバー

キャロウェイのX-HOTと、PINGのG25だと「本当はどっちの方が飛ぶんですか?」

この手の質問とホント良く受けます。また、ゴルフ雑誌の多くはそんなユーザーの興味(期待)に応えるべく‥‥試打者の評価だけではなく、弾道計測器を使って実際の飛距離を表記しています。

さて、このドライバーの打ち比べ。ボクも「人間試打マシーン」とか呼ばれ、年間200~300本打っています。そしてもちろんのことですが、打ち比べればメーカー、モデルに飛距離の差が出ます。例えば10本打ち比べれば、一番飛ぶのと一番飛ばないのとでは5~10ヤードぐらい違ってきます。そして、試打してひしひしと感じるのがスペックの重要性。スペックとは、

・クラブ全体の重さ
・パーツの重さ(ヘッド、シャフト、グリップ)
・クラブの長さ
・ロフト(正確にはリアルロフト)
・フェース向き
・重心位置(重心距離、重心高、重心アングル)
のことです。

これらが自分に合っていれば「飛ぶドライバー」になり、これらが自分に合ってなければ「飛ばないドライバー」になります。言い換えると、モデルの差によって発生する飛距離差よりも、スペックが「合う、合わない」ことによって発生する飛距離差の方が大きいと感じています。

ではスペックのどこにこだわれば、飛ぶドライバーを手に入れられるのか?

スペック選びで一番大事なのは重量です。シャフトが重いスチールだけの頃は、ドライバーの重量は350g以上あって、アマチュアには重過ぎました。ところが今は重量バリエーションが実に豊富。カーボンシャフトの登場により250g~320gぐらいまでのドライバーがゴルフショップに並んでいます。

結論から先に言うと、

軽いほど=ヘッドスピードがアップします。
重いほど=スイングが安定します。

飛ばすだけなら軽い方が有利に感じますが、実際はそうは問屋が卸してくれません。軽過ぎるドライバーを使うとテークバックが手打ちになりますし、コースに出た時に曲がりやすくなる。対して、重いドライバーを使うと軌道は安定する反面、ヘッドスピードが確実に落ちてきます。例えば重量を15g重くすれば、大抵の人は1m/s以上ヘッドスピードが落ちます。

抽象的ですが「振り切れる範囲で重い」クラブがベストです。そして適正重量を知るためには、ゴルファー自身が実際に軽いクラブと重いクラブを打ち分けてみること。理想は同じヘッドで、同じ長さ。それで重いクラブと軽いクラブを打ち分けてみる。

・自分のパワーを出し切った時にヘッドスピードが落ちない
・ミート率(打点位置)が安定している

この2つの要素が満たされているのが、その人にとって適正重量です。例えば、ボクの場合、45インチだと315~320gがちょうど良く、どのモデルでもこの重さに揃えると、ヘッドスピードとミート率のバランスが良くなります。実際、市販クラブを試打した時も、重さがこれに近いほど飛距離が出て、方向性も安定します。あるメーカーなどは、ボクにちょうどいいスペックをわざと送ってきたりします(笑)

ちなみに「振り切れる範囲で重い」目安は(長さ45インチ)

40歳以下   310g±10g
40~50歳  305g±10g
50~60歳  300g±10g
60歳以上   290g±10g

ゼクシオを含め、市販ドライバーの多くは300gを切っていますが、これはアベレージ向けドライバーの対象ユーザーは、団塊の世代(60歳以上)だから。もちろん、団塊の世代でもパワーがあればわざわざ軽いドライバーを使う必要はありません。パワーに応じて少し重くした方が飛距離が伸びて、方向性も安定してくるでしょう。次回はヘッド重量の重要性についてお話しましょう。

ちなみに、弊社で販売している。シャフトスタビラーザーはグリップ側の重量なので、ヘッドスピードはほとんど落ちませんので安心してご使用下さい。(逆にミート率がアップして、飛距離が増える方がほとんどです!!)

上達したいなら逆球が打てるクラブを使う

スライサーが逆球をうてるキャロウェイ「Ft-i」

スライサーが逆球をうてるキャロウェイ「Ft-i」

もし皆さんがフック、スライスに悩んでいるのであれば、「逆球」が出るクラブを使うことを強くお勧めします。スライスが持球で右に曲がることが多い、右サイドにOBがあると、魅入られたように右OBを打ってしまう。こういう人は、プロや上級者が打ったら左のOBにしか飛ばない、捕まり過ぎて引っかかるドライバーを選んで下さい。

具体的に言うと、

・フックフェースが強い(フェース角+2度以上)
・重心距離が短い(重心距離35ミリ以下)
・重心アングルが大きい(重心角が25度以上)
・リアルロフトが多い(10度表示でリアルロフト12度以上)

スライスする人は例外なく、アウトサイド・イン軌道になっていますが、これはボールを捕まえたい(右に飛ばしたくない)気持に支配されてボールを打っています。右に飛ばしたくないから、ダウンで体が早く開き、それが原因でクラブが外から下り、カット打ちになるからボールに右回転がかかっています。

言い換えると、スライスに悩んでいる人でも、フックしか出ないクラブを使えば、スイングのことをあれこれ考えなくてもアウトサイド・イン軌道が矯正されてきます。球筋が変れば、体はそれに対して勝手に反応するからです。プロがレッスンするよりも、道具(クラブ)を変えた方が短時間でスイングは変わるのです。これには例外がありません。ボールが左に飛び始めると(右 」に飛ばなってくると)、アウトサイド・イン軌道に振る必要がないからです。

数年前、キャロウェイが四角形ドライバー「FT-i」を登場させましたが、ボクはこのドライバーを初めて打った時、ボールの行方を見失いました。自分ではいい感じで芯を喰ったのに、ボールは視界から外れるくらい左に飛んでしまったからです(笑)。発売当初は「こんなに左に飛ぶドライバー、一体誰が使うんや?」と思いましたが、スライサーにとっては見事にスライスが出ない(正確にはスライサーでもドローが打ちやすい)ドライバーです。右OBを確実に減らしてくれる「魔法の杖です」

もちろん、左にしか飛ばないドライバーはスライサーでもずっと使い続けられるわけではありません。アウトサイド・イン軌道が改善されれば、今度は左のOBに悩まされることになります。その時になったら、もう少し特性がニュートラルなドライバーを使えばいいのです。要するに、2段階でクラブを選ぶのが得策。そして、この方が「自分に合う、合わない」でクラブを選ぶよりもはるかに近回りなんです。

スライサー同様、フッカーの場合も道具(クラブ)を変えた方が、余計な回り道をしないでスイング矯正できます。

具体的に言うと、

・オープンフェース(フェース角-2度以上)
・重心距離が長い(重心距離40ミリ以上)
・重心アングルが小さい(重心角が20度以下)
・リアルロフトが少なめ(10度表示でリアルロフト11度以下)
・シャローフェース(フェース高が54ミリ以下)
・シャフトは軟らかめで、トルクが多め(振動数250未満、トルク値4度以
上)

フック、引っかけ、チーピン、いわゆる左へのミスに悩む人の多くは、左に飛ぶのを嫌がって軌道がインサイド・アウトになっています。フッカーの場合、左にボールが打ち出されるのが嫌。結果、無意識の内にボールを右に打ち出したくなり、ダウンで下半身の動きが過剰になり、それが原因でダウンでシャフトが寝てしまう(結果、インサイドから下ろし過ぎる)。インパクトゾーンでインから巻き込むように打つから、ボールに左回転が強くかっています。

言い換えると、フックに悩んでいる人も、右にしか飛ばないクラブを使えば、スイングのことをあれこれ考えなくてもインサイドからあおる軌道が矯正されてきます。球筋が変れば、体はそれに対して勝手に反応します。プロがレッスンするよりも、道具(クラブ)を変えた方が短時間でスイングは変わるのです。ボールが右に飛び始めると(捕まらなくなると)、インからあおる必要がありません。また、右しか飛ばなくなると、今度は球を捕まえたくなる。球を捕まえたくなってくると、大抵のゴルファーはダウンで体の開きが早くなったり、今までよりも右手を使うようになって、ヘッドを外から下ろす感じになってきます。

今から10年ぐらい前(ヘッド体積がルールで460CC以内と定められる前です)、米国フロリダのPGAショーで500cc以上のドライバーがいくつか展示されており、それを現地で衝動買いしました(笑)。今となってはちょっと大きいぐらいのドライバーですが、それでも重心距離は45ミリ以上。重心アングルは18度未満。ここまで極端なスペックだと、インからあおって打っても絶対に引っかかりません。ボクだけでなく、数名のプロがフックを打とうとしましたが、すべてボールは右にプッシュアウト。フックを打とうと思っても打てないドライバーです。そして、右にしか飛ばないのが分かると、例外なくヘッドを外から下ろし、フォローも左に振り抜くようになるのを体感できました。

もちろん、右にしか飛ばないドライバーはずっと使い続ける必要はありません。フッカーもヘッドを左に振り抜いて、スライス系の球が打てるようになってくれば、特性がニュートラルに近いドライバーに戻す。要するに、2本立てでクラブを選べばいいのです。

大事なことなので繰り返しますが、フッカーもスライサーも自分のミスを嫌がりながらスイングしています。これは例外がありません。そして、この悪循環を断ち切るには、まずは持ち球とは反対の球筋、いわゆる逆球が打てるクラブを一度は使ってみる。スイングをあれこれ考えながら練習するよりも、この方が手っ取り早いし、悪い癖を短時間で矯正できます。

シニアゴルファーが一番やってはいけない事は?

シニアゴルファーが一番やってはいけない事は?

シニアゴルファーが一番やってはいけない事は?

階段の上り下りが辛くなってきた。老眼鏡をかけないと新聞の文字がちゃんと読めない。ゴルフにおいては、以前よりも10ヤードぐらい飛距離が落ちてきた・・・

50歳を過ぎてくると、いろんな場面で体力の衰えを感じるようになってきます。ゴルフにおいてそれが如実に出るのは飛距離の低下ではないでしょうか。飛ばなくなるのは、体力低下に比例してヘッドスピードが落ちているからです。

そこで今回はシニアのためのクラブに選びについて。

まず、一番やってはいけないのは軽過ぎるクラブに手を出さないこと。年を取ると、だんだん体が硬くなってきて、捻転不足が起こり、トップが浅くなってきます。にもかかわらず、クラブが軽過ぎるとテークバックで慣性の力(クラブの重さ)を利用できないために、ますます体が捻りづらくなってトップが浅くなるからです。シニアの場合、軽過ぎるクラブを使うほど、手打ちやスイングの老化現象を助長することになるのです。

もちろん、軽量化にはメリットもあって、軽くなれば振りやすさが増してヘッドスピードが上がります。ですので、ドライバーでもアイアンでも、軽くしたい場合は、少しづつ軽くすることが大事です。

例えば、今使っているアイアンが400gあったとしましょう。加齢で少し重いと感じた、飛距離が落ちてきたと感じるならば390gぐらいにしましょう。10g前後の軽量化であれば、軽くしてもスイングに悪影響が出るのを防げます。

そして、軽量化よりも大事なことはシャフトの硬さです。体が硬くなってきたら、シャフトのフレックス(硬さ)を1ランク落として下さい。これまでSRでちょうどいい人ならばR、Rだった人はソフトRというようにすると、しなりを感じやすくなる分だけ、打ち急ぎのミスを減らせます。また、インパクトゾーンではシャフトのしなりでヘッドを走らせることができ、飛距離を伸ばせます。

ちなみに、クラブの軽量化はシャフトで行うのがいいでしょう。市販品だと10g単位の重量調整は難しいですが、ショップでリシャフト(シャフト交換)をお願いすれば自在に重量調整できます。シニアゴルファーはクラブを買い替えるよりも、自分にちょうどいいシャフトに取り替えた方がクラブ選びを失敗しません。飛距離ロスを軽減できるだけなく、老化現象を食い止めることもできます。

シャフト硬さ表示には統一基準がまったくない

シャフト硬さ表示には統一基準がまったくない

シャフト硬さ表示には統一基準がまったくない


 ドライバーを購入する場合、ロフト角を選べるだけでなく、シャフトの硬さも選べます。普通の硬さがR(レギュラー)、硬い方がS(スティッフ)。そしてその中間がSRとなっています。

 さて、このシャフトの硬度。ほとんどのメーカーがRとかSと表記していることもあり、「共通した基準」で定められている思っているゴルファーが少なくありません。 しかし、硬さはメーカーによってかなり違います。シャフトの硬度表記には統一基準がなく、メーカーによって硬さの計測法も異なっています。加えて、多くのドライバー用シャフトはモデルチェンジごとに軟らかくする傾向があります。

 硬さの目安となる振動数で比べてみると、10年以上前のRは250cpm前後。当時大ヒットしたセイコーの「初代Sヤード」もRはこの硬さでした。対して、2011年モデルのドライバーを調べてみると、Rシャフトの振動数は220~230cpm。10~15cpm数値が変わると1ランク硬さが異なることを考えると、シャフトはかなり軟弱化してます。
Sも同じように軟らかくなっています。昔の純正Sシャフトは260cpmありましたが、今どきのSは245cpm前後。10年前のRよりも、現在のSの方が軟らかい場合が多いのです。

 ですので、シャフトを選ぶ場合は「自分はR」という風に決めつけないこと。購入するクラブが決まったら、ショップで実際にRとSとを打ち比べてみることが必要です。硬さに統一基準はありませんが、同一モデルならばRとSとでは後者の方が硬く作られていますから、タイミングが取りやすく、体をしっかり使って振ることができる硬さをチョイスすればいいのです。

 なぜそんなに軟らかいシャフトをメーカーが装着したがるのかと言うと、アベレージゴルファーの高齢化にともなうドライバーの軽量化です。しかし、軽いクラブは人間の感性から言って、しなりを感じにくいのです。そこで、クラブは軽いまま、シャフトを柔らかく設定することでしなり感を引き出し、60歳以上の団塊世代に振りやすいドライバーを使ってもらおうとした結果、シャフトの軟弱化に拍車がかかりました。

「Sシャフトは硬くて手強い」というのは過去の常識です。自分のパワーに見合ったシャフトを使うには、メーカー表示を鵜呑みにしないことです。

トルク多めのシャフトで左右のばらつきを軽減

トルク多めのシャフトで左右のばらつきを軽減

トルク多めのシャフトで左右のばらつきを軽減

長さ、重さ、硬さ‥‥ドライバーのシャフトを選ぶポイントはいくつかありますが、アマチュアが勘違いしがちなのがシャフトのトルク。トルクとはシャフトのねじれ具合を数値化したもので、数値が小さいほどトルクが少なく、数値が多いほどトルクが多くなってきます。市販ドライバーの場合だとトルク値が4未満だと低トルク、5以上だと高トルクです。

そして、物理的にはトルクが多いシャフトほど、ミスヒットした時に、シャフトがねじれる分だけヘッドがブレやすくなります。トルクが少ない方が、ミスヒットした時にシャフトがねじれません。このためトルクが少ない方が「高性能」というのがゴルファーの間での常識でした。

しかし、トルクが少ないシャフトにも弱点はあります。車の運転に例えるならば、トルクはハンドルの遊びのようなもの。低トルクになるほどハンドルに遊びがありません。F1マシンのように挙動がシャープです。その結果、スイング軌道が安定しているプロや上級者が使えば、自分の意志が伝わりやすい分だけ球筋を打ち分けやすく、しっかりボールを叩けます。ただし、スイングが不安定なアマチュアにとっては、ハンドルの遊びが少ない分だけミスがミスとしてシビアに出ます。更に言うと、トルクが少ないほどシャフトの挙動が敏感になるので、ゴルファーが悪い動きをすると切り返しでヘッドが暴れやすくなります。

他方、トルクが多いシャフトは、ハンドルの遊びが多い大型セダン車と同じ。シャープなハンドリングは味わえませんが、多少ハンドル操作が悪くても直進安定性が損なわれません。トルクがスイングのズレを上手く緩和してくれるために、ゴルファーは違和感なくスイングすることができます。また、トルクが多いシャフトは切り返しでシャフトが軟らかく感じられるので、力みも防止できます。もちろん、トルクが多いシャフトにも弱点があり、挙動に遊びが多い分だけ球筋を打ち分けることが難しくなってきます。

トルクの数値についてはシャフトに表示されていることが多いですが、グリップとヘッドを持ってねじってみると、ねじれ具合を確かめることが可能です。ねじってみてグニャリをシャフトが動けば「トルク多め」、ねじってみてシャフトがねじれにくれば「トルク少なめ」だと思って間違いないでしょう。

スイングウェイトはクラブ選びの基準にならない

スイングウェイトはクラブ選びの基準にならない

スイングウェイトはクラブ選びの基準にならない

クラブの進化は目指しいモノがありますが、進化にともなって注意したいのが、クラブを選ぶ基準。基準を間違えてしまうと、クラブの性能を引き出せません。スイングに悪影響が出てくる危険性もあります。

では、どこに注意すればいいのか?

ドライバー、アイアンともクラブには様々なサイズ(スペック)が表示されていますが、その中でもゴルファーに馴染みがあるのがスイングウェイト(スイングバランス)。例えば「D1」とか「C9」という感じでアルファベットと数字の組合わせで表記され、アルファベットが後ろ(C→D)になるほどバランスが重く、そして同じアルファベットならば数字が大きいほどバランスが重くなっています。

さて、このスイングウエート。ゴルファーの中には、「自分はD0がちょうどいい」と思うと、その数値にこだわってクラブを選びがちです。しかし、クラブがこれだけ進化してくると(クラブ重量のバリエーションが増えてくると)、スイングウエートの果たす役割が変わってきていることに気が付かなければいけません。

理由を簡単に説明しましょう。スイングウェイトはグリップエンドから14インチの場所を支点にして、ヘッド側とグリップ側のバランスを測定。そしてヘッド側が重くなるほどバランスが重くなり、ヘッド側が軽くなるほどバランスが軽くなる。このため、ヘッド、シャフト、グリップの重量に大きな差がない頃は、バランス(=スイングウェイト)が重いクラブは総重量も重くなり、振った時に重く感じるようになっていました。

しかし、今どきのクラブ(特にドライバー)は、ヘッド、シャフト、グリップの重量差が非常に大きい。このためクラブ重量が280グラムのドライバーでも、320グラムのドライバーでも、ヘッドとグリップの重量を上手く調整すれば、両方とも「D0」に仕上げることができます。

では、この2本は振り心地が同じなのでしょうか?そんなことはありません。バランスが同じであっても、大抵の人は320グラムの方が振った時に重く感じます。クラブの総重量があるのですから。

シャフトの重量バリエーションが40~80グラムと豊富な現在、スイングウェイトを揃えても「振り心地」は同じになりません。自分に合ったクラブを選びたかったら、スイングウェイトを基準にしてはいけません。重さで大事な数値は、クラブ重量とヘッド重量なのです。

アナライズのクラブ診断はこちら
http://www.analyze2005.com/2679-2

こだわりたいのは バランスよりもクラブ重量!!

こだわりたいのは バランスよりもクラブ重量!!

こだわりたいのは バランスよりもクラブ重量!!

ヘッド形状、ロフト、長さ、硬さ‥‥。ドライバーを購入する場合、いくつかのチェックポイントがありますが、スペックを決める時に「振った時の重さの目安」となるバランス(スイングウェイト)にこだわるゴルファーが結構います。例えば、「D0がちょうどいい」と思ったら、新しいドライバーも「D0」にしたがる人がいます。

さて、このバランス。昔と違って現在は、クラブの重量(総重量)のバリエーションが豊富です。このため、バランスにこだわってクラブを選んでも、振り心地は同じになりません。また、バランスにこだわり過ぎると‥‥クラブ選びを失敗するリスクがあります。

理由を簡単に説明しましょう。バランス(スイングウェイト)はかなり昔に考えられた理論で、グリップエンドから14インチの場所を支点にして、ヘッド側とグリップ側のバランスを測定した数値です。グリップ側に対してヘッド側が重くなるほどバランスが重くなり、ヘッド側が軽くなるほどバランスが軽くなります。ヘッド、シャフト、グリップに大きな重量の差がない時代は、バランスを同じに揃えれば、振った感じが同じになりました。

しかし現在のドライバーは(他のクラブも)、ヘッド、シャフト、グリップの重量の幅が非常に広がっています。加えて、長さのバリエーションも豊富。このためクラブ重量が285gでも325gでも「D0」に仕上げられます。この重さが40gも異なる2本が同じ振り心地になるかと言えば‥‥そんなことは絶対にありません。ほとんどの人は325gのドライバーの方が、振った時に重く感じてしまいます。

ヘッド、シャフト、グリップの重量バリエーションが豊富な今、バランス値よりも大事なのは、「クラブ重量」です。例えば、40歳前後ならば295~315g、50歳以上ならば285~305g。この範囲の中で「振り切れる範囲で重いクラブ」を選んで下さい。そして、バランスは数値にこだわらず、あくまで参考程度に止めておいた方が、自分にちょうどいい振り心地のドライバーを選べます。

そしてクラブの重さが決まった後に、バランスが少し軽いと感じるならば、ヘッドに鉛を少し貼るといいでしょう。クラブの重さを先に決め、後からバランスを調整すればいいのです。

球筋、スイングの矯正をしたいならば、補助輪付きのクラブを使ったほうがいい

究極の補助輪?! アナライズオリジナル発砲スチロール板

究極の補助輪?! アナライズオリジナル発砲スチロール板

弘法筆を選ばず‥‥という諺があるからでしょうか?

ゴルファーの中には、道具(クラブ)よりもスイングが大事だと思っている人が少なからずいます。また正反対の考えとして、「クラブで何とかミスを矯正したい」という人も少なからずいます。

どちらが正しいのか?

結論から先に言うと、道具を変えた方が手っ取り早く上達できます。ゴルフの上手下手に関係なく、大半のゴルファーはクラブを変えるとスイングも変わってくるからです。例えば、極端に軟らかいシャフトのクラブを振るとオーバースイングや力みを解消できます。軟らかいクラブは挙動が不安定。それが分かるから、ゴルファーはクラブに合わせて、示し合わせように「そろっと」振るからです。そして、切り返しで力まないから上半身が開きません。インサイドから下ろす感じになります。

逆もしかり。ゴルファーの体力(パワー)以上の硬いシャフトが装着されたクラブを振ってもらうと‥‥軽く振る人はめったにいません。大半の人は「シャフトを何とかしならせようとして」切り返しで力みます。そして、力んだ影響で切り返し直後に体の開きが早くなってきて、アウトサイド・インの軌道が助長されます。

ですので、スライスやフックを矯正したいと思っているならば、クラブの助けを借りた方が絶対に有利です。例えば、アウトサイド・インの軌道のスライスが持ち球の人の場合、普通に打ったら左にしか飛ばないクラブで練習する。具体的に言うと、重心距離が短くて(重心距離34ミリ未満)、フックフェースの度合いが強く(フェース角+2度以上)、重心アングルが大きい(重心角25度以上)。こういうスペックのクラブはインパクトでフェースが被りやすい。結果、真っ直ぐ打てる人が使うと強いフックボールが出やすく、スライサーが使ってもストレートやドローが打てます。

市販ドライバーで言うと、少し前のクラブですが四角形ヘッドのキャロウェイFT-i、FT-iQ。が極端に捕まりを良くしています。最近ではヤマハのインプレスのZシリーズなどがいいでしょう。

スライサーが左に飛ぶクラブを使うと、スイング(体の動き)は明らかに変わってきます。左に曲がる球しか打てなければ、ゴルファーは左に打ち出すことを意識しません(無理に捕まえようとしません)。左曲がりで左に打ち出したら即死するからです(笑)。結果、ボールを右に打ち出したくなってくるので、ダウンスイングで体の開きが矯正され、インサイドから下ろす感じになるのです。

他方、フッカーの場合は右にしか飛ばないクラブを使ってみる。重心距離が長くて(42ミリ以上)、オープンフェースの度合いが強くて、重心アングルが小さい(重心角20度未満)。こういうクラブは捕まえようとしても捕まりません。こういうクラブは右に打ち出したら即死。結果、ボールを左に打ち出そうとするため、インサイドからあおる癖が矯正されてきます(アウトサイドから振り下ろす感じになります)。

市販ドライバーで言うと、コブラのAMPシリーズ、ピンのG25、i20、タイトリスト913D3、テーラメイドのロケットボールズやロケットボールズstage2など、アメリカのメーカーに多いです

ゴルファーは習性として、曲げたくない方向にスイングする習性があります。極端な球しか出ないクラブを使えばその習性を活かしてスイングを解消できるのです。そして、スイングが矯正された後に‥‥ニュートラルな特性のクラブを使えばいいのです。

クラブ設計家の竹林隆光さんは、「極端な球しか出ないクラブは、自転車に例えるならば補助輪付き自転車」のようなものとおっしゃってます。悪癖矯正には補助輪付きのクラブを使うのが最善かつ最短な上達法です。

自分にあうクラブとはなにか?

自分に合ったは水モノ。自分が打ちたい球筋でクラブを選ぼう

自分に合ったは水モノ。自分が打ちたい球筋でクラブを選ぼう


1ヤードでも遠くに飛ばしたい、ドライバーでOBを減らしたい、スライスではなくドローボールを打ってみたい‥‥

クラブを選ぶ(クラブを買い替える)ポイントはいくつかありますが、多くのゴルファーに共通しているのが「どのクラブが自分に合っているのか」「自分に合ったクラブは何か」と考えています。アナライズでは5年前からクラブ診断を実施していますが、そこでもほとんどのゴルファーは、「自分に合ったクラブ」に出会えれば‥‥「より遠くに」「より真っ直ぐに」ボールを飛ばせると思っています。例えば、キャロウェイのレガシーとテーラメイドのロケットボールズとでは、どちらが自分に合っているのかという風に‥‥。

しかし出鼻をくじくようですが、自分に合っているクラブは、必ずしもゴルファーに有益なクラブになるとは限りません。また、ぴったり合ったクラブを手にしたからと言ってゴルフが上達するとも限らないのです。

それは何故か?

アマチュアの多くは、特にハンデが多いゴルファーの場合、自分のスイングがちゃんと確立されてません。自分のスイングが不安定な人ほど、「自分にピッタリ合った」というフィーリングが短時間でコロコロ変わりやすいからです。

そもそも「自分に合うクラブ」など存在しません。皆さんが、慣れ親しんだクラブをの傾向を持っているクラブを、「自分にあっている」と勘違いしているだけです。コレを言っては元も子もない無いのですが「自分に合う、合わない」ではなく、何を基準にしてクラブを選べばいいのか?ということが大切なのです。