カテゴリー別アーカイブ: FWの真実

飛びにこだわったFWはアマチュアにはボールが上がりづらい

飛びにこだわったFWはアマチュアにはボールが上がりづらい

飛びにこだわったFWはアマチュアにはボールが上がりづらい


 ドライバーの次に飛ばせるクラブと言えばフェアウェーウッド(FW)の3番です。クラブメーカーもそのことは心得ており、最近は「スプーン(3W)で300ヤード飛ばせる」や、飛距離性能を全面的に打ち出しているFWがゴルフ雑誌等で紹介されています。

 さて、飛距離性能を全面に謳ったFW。従来までのFWと比べてどこがどう違うのか?

 一番の違いは重心の深さです。ドライバー並の飛距離性能を誇るFWに共通しているのは重心を意図的に浅く、そして重心位置が低いのが特徴です。スイートスポットの位置がフェース中央付近にあるため、地面から打った時でも芯で捕えやすくなる分だけ反発が上がり、ボール初速を稼げます。加えて、芯で捕えるとヘッドがブレません。縦のギア効果が働きづらくなる分だけスピンが減り、飛距離を稼ぎやすくなるのです。ドライバーがそうであるように、FWの場合もスピンを減らせるクラブの方がランが出るので距離が出ます。

 ただし、浅い重心のFWはパワーがないとボールが上がりません。ヘッドスピードが遅い人や、FWが苦手な人の場合、スピン不足が原因でキャリーが出づらくなります。言い換えると、飛びを全面にアピールしているFWは、それに反比例してボールが高く上がりづらいFWなのです。他方、深い重心のFWは飛距離性能では劣るものの、ボールが上がりやすいのが特徴。重心が深くなるほど高重心になるため、上手く捕えてもスイートスポット位置よりも下側ヒットします。結果、縦のギア効果が働く分だけスピンが増え、キャリーが出やすくなってきます。言い換えると、やさしく上がるFWを作った場合、パワーヒッターやプロが使うとスピンが増えすぎて扱いづらい(飛ばしづらい)FWになります。対して、飛びに有利なFWを作った場合、非力なアマチュアにとっては難しい(高く上がりづらい)FWになってしまうのを避けられません。

 FWやドライバーと言ったウッド系クラブの場合、ボールが上がる上がらない、飛距離が出る出ないは、重心の深さと、重心の高さで決まります。重心を浅く低くしたFWは300ヤード飛ばすのに効率がよいクラブですが、ヘッドスピードが遅い人が220ヤード飛ばすのには非効率なFWになる危険性があります。ヘッドスピードが遅めな人や、FWが苦手の人の場合、プロが使ったらあまり飛ばないFWを使った方が効率良く飛ばせるし、FWを得意クラブにすることができるのです。

FWに苦手意識がある人はアゴが出ているヘッドを使おう

FWに苦手意識がある人はアゴが出ているヘッドを使おう

FWに苦手意識がある人はアゴが出ているヘッドを使おう

FWに苦手意識がある人はアゴが出ているヘッドを使おう

アイアンとユーティリティはそれなりに打てるのに、フェアウェイウッド(以下、FW)を手にした途端、ダフったり、トップのミスを連発してしまう・・・。

FWの苦手意識を取り除きたいと思っているならば、一にも二にも球が上がりやすいクラブをお勧めします。ドライバーと違ってFWは地面上のボールを打つクラブ。加えて、FWはアイアンよりもロフトがありません。その目に入る情報からボールが上がりにくいと感じると苦手意識が増してしまいますが、オートマチックに球が上がるクラブならば、スイング中に余計な細工が入りづらくなるからです。

では、どんな形状のFWが上がりやすいのでしょう?

今どきのFWはヘッドが小ぶりでフェースが厚いタイプと、ヘッドが大きくてフェースが薄いタイプに分かれます。ボールが上がりやすいのは後者です。フェースが薄いほど重心が低く、トップ気味に打ってもボールが上がってくれます。

もうひとつのポイントはフェースプログレッション。フェースプログレッションとはシャフト軸線からリーディングエッジまでの距離のことで、この数値が大きい(アゴが出て見える)ほど、構造的にボールが上がりやすくなります。アゴが出ている方がフェースにボールを乗せやすく、払って打てる分だけロフトを有効に使えるからです。出っ歯のウエッジ同様、FWもリーディングエッジが前に出ている方が打出し角が高くなります。加えて、アゴが出ているFWはスピンがかかりやすい分だけボールがフワッと浮いてくれます。

他方、フェースプログレッションが小さい(アゴが出ていない)タイプのFWは、FWが得意な人やパワーヒッター向け。こちらのタイプは払って打つイメージが出づらい反面、ダウンブローに打ったり、ヘッドの入射角を変えて打ちたい人には扱いやすいからです。また、フェースプログレッションが少ない方が低スピン弾道を打ちやすく、パワーヒッターが使うと吹き上がりを抑えて飛ばせます。

FWに何を求めるのか?今回のボールの上がりやすさに限らず、まず最初に「何が問題でどうしたいのか」を明確にしておくことが、クラブ選びの基本であり鉄則です。

フェアウェイウッドは、払うか打ち込むか?

フェアウェイウッドは打ち方と形状があったものを選ぼう!

フェアウェイウッドは打ち方と形状があったものを選ぼう!

フェアウェイウッドは打ち方と形状があったものを選ぼう!

幅広いソールを滑らせるようにして払い打った方がいいののか?それともアイアンと同じように打ち込んだ方がいいのか?

フェアウェイウッド(以下FW)の打ち方については、「払い打ち」を教えるプロがいるかと思えば、逆に、「打ち込め」と教えるプロもいます。そのせいもあって、アマチュアの中にはFWを手にした時、打ち方に悩んでしまう人が少なからずいます。

さて、このFW。クラブの構造から言えば、どちらの打ち方にも対応できますが、実は、FWの場合、払い打ちが適したクラブ(形状)と、打ち込むのに適したクラブ(形状)とに分けることができます。

では、自分に合う形状のFWはどう見分ければいいのでしょうか?

FWを女子プロのように「払い打ち」したい人は、フェースプログレッションが大きくて、フェースが薄いタイプがお勧めです。サンドウェッジがそうであるように、FWの場合も出っ歯になっている方が、払って打った時にボールを上手く捕らえることができます。加えて、出っ歯形状のFWはトップ気味に当たっても、トップしません。歯の部分がボールを上手く拾い上げてくれるからです。歯が出ていると見た目はトップしそうですが、実際は逆なんです。

ちなみに、FWを打ち込むような軌道で打ちたい人は、出っ歯に見えるFWは手を出してはいけません。打ち込もうとした時、出っ歯の刃先が邪魔になります。フェースプログレッションが小さめで、ややフェースが厚いタイプがお勧めです。フェースプログレッションが小さいFWはグースネックのサンドウェッジと同じ。フェース面がシャフトの延長線に近づく形状の方が、ダウンブローに打ち込んでいきやすい。そして、打ち込んでもボールを上手く捕らえることができます。フェースは薄めよりも厚めの方が、上手くミートできます。

FWはドライバーの次に飛距離を稼ぎたいクラブですが、性能を100%引き出すには、スイングと相性がいい形状の道具(クラブ)を使うことが重要で、それだけでも、FWが得意クラブになること間違いなしです。

ちなみにヘッドスピードが40m/s以下の人の場合、FWは女子プロのように払い打ちしをした方がいいでしょう。払い打ちしやすいクラブで払い打ちした方が、ボールが上がりやすいだけでなく、エネルギーロスも少ないからです。

フェアウェイウッドとユーティリティーを選ぶ二つのポイント

フェアウェイウッドとユーティリティを選ぶ二つのポイント

フェアウェイウッドとユーティリティを選ぶ二つのポイント

アイアンよりも遠くに飛ばすクラブと言えばフェアウェイウッド(FW)とユーティリティクラブ(UT)。どちらもソールが幅広なことからアイアンよりも「やさしい」「ボールが上がりやすい」と言われてますが、アマチュアの中にはFWやUTを苦手にしている人が少なくありません。そして、苦手にしている人の多くはダフりよりもトップやチョロ、引っかけに悩んでいます。

そこで今回はミスを減らすためのFW、UTのクラブ選びについて説明しましょう。

ひとつめのポイントはシャフト(クラブ)の重さです。今どきのFW、UTの多くは、飛距離を重視するあまり50グラム前後の軽いカーボンシャフトが装着されています。軽い方が振りきれるし、ヘッドスピードも上げやすいからです。

しかし、FWやUTが苦手な人の場合、この軽さが災いの元となることがあります。シャフトが軽くなるほど手打ちになったり、打ち急ぎのミスが出やすくなります。また、手首のコックがほどけづらくなる分だけ、トップやチョロが出やすくなるのです。

FWやUTが苦手な人は、少し重めのシャフトをチョイスして下さい。FWの場合はドライバーよりも10g前後重いシャフト、UTの場合はドライバーよりも20~30g重いシャフトが目安です。これぐらい重くするとスイングが安定しますし、手首のコックがタイミング良くほどけ、ボールの上っ面を叩くミスを確実に減らせます。

もうひとつ大事なポイントがライ角。ライ角とはシャフトとソールがつくる角度のことです。FW、UT、ともに地面から打つクラブですので、インパクトでソールの一部しか接地しない場合(ライ角が合っていない場合)、方向性が不安定になります。また、フェース中央で球を捉えづらくなってる分だけ、ミート率が悪くなってきます。

ライ角が合っているかどうかは、市販のソール用ショットマーカーを使うと簡単にチェックできます。これで、ソール全体(中央)が地面に接地しているライ角がゴルファーの適正ライ角。ショップで試打する時は飛距離チェックだけでなく、ライ角も必ずチェックして下さい。

最近は、シャフト脱着できるFW、UTが市販されていますが、このタイプはライ角も調整可能。市販クラブだとライ角が合わない人には、非常に使い勝手がいい道具(クラブ)です。弾道調整機能と言うとドライバーというイメージがありますが、この機能はFWやUTの方がそのメリットを生かせるのです。

冬場、ドライバーが苦手なら、ロフト13度の3Wがお勧め!

冬場、ドライバーが苦手なら、ロフト13度の3Wがお勧め!

冬場、ドライバーが苦手なら、ロフト13度の3Wがお勧め!

寒さが厳しい時期、気温が下がれば下がるほどドライバーの飛距離は落ちてきます。寒いほど厚着するし、体が動きづらくなってくるからです。プロでも10ヤードぐらいは飛距離が落ちると言われています。

では、冬場はどんなドライバーを使えば、飛距離のロスを最小限に抑えることができるのか?

体を動かしづらい状況下では、手打ちになりづらい道具(クラブ)を使うことです。具体的に言うと、軽いクラブよりも重いクラブの方が有利。例えば、普段295gのドライバーを使っているならば、305~310gぐらいのドライバーを使ってみてください。重いほどテークバックで体をしっかり使える分だけ手打ちを防止できるからです。さらに言うと、軽いクラブよりも重いクラブの方が風に強い球を打っていけます。

ただし重くする場合、普段45.5インチならば44.5~45インチという風にクラブを短くすることをお忘れなく。短くするのは重さに対応するためです。ただ重くすると振りきれなくなる弊害が出ることがあります。

そして、重いクラブの応用編として皆さんにお勧めしたいのが、ロフトが少なくて、クラブ重量が重い3Wです。通常、3Wのロフトは15度ですが、モデルによっては13度が市販されています。このタイプで320~330gのものはセカンドドライバーとしてお勧めです。

多くの3Wの長さは43インチに設定されています。ドライバーよりも2インチ以上短い、ということです。重くても振り遅れませんし、短い分だけミート率が良くなります。加えて、3Wはドライバーよりもヘッド重量が重いので、ヘッドの重さで飛距離を稼げます。

ちなみに、ロフト13度というのは地面から打つのは非常に難しいですが、その反面、ティアップして打っても吹け上がりません。ティアップを高くしないで打てるので、テンプラのミスも出ません。ドライバーが苦手な人や、アゲンストの風で飛距離を大幅にロスする人ならば、13度の3Wの方が飛距離を稼げるだけでなく、ミスも減らせます。

中古ゴルフショップに行けば、1万円以下でも13度の3Wを手に入れられます。お勧めはテーラーメイドの初代Vスチール、キャロウェイのスチールヘッド+、ロイヤルコレクションのBBD。これらのモデルはセカンドドライバーとして、大いに活躍してくれるでしょう。

大型ドライバーでドローを打つ人はフェースが開いたFWを使うべし!

大型ドライバーでドローを打つ人はフェースが開いたFWを使うべし!!

大型ドライバーでドローを打つ人はフェースが開いたFWを使うべし!!

ドライバーが調子がいい時に限って、フェアウェイウッド(以下FW)が上手く打てない。いい感じで捉えると、ボールにはフック回転が強くかかって左へ左へと引っかかってしまう‥‥。

 さて、このFWの方向性の乱れ。スイングに問題がある場合もありますが、クラブが少なからず影響している場合も少なくありません。

ご存じのように、ドライバーに比べるとFWはヘッドが小ぶりですから、つかまりに影響が出る重心距離が短めです。具体的に言うと、体積460CCのドライバーの多くは重心距離が38~44ミリ。対して、一般的なFWの多くは重心距離が32~34ミリ。FWの重心距離はドライバーよりも5ミリ以上短くなっています。このため、ドライバーとFWを同じスイングで打つと、FWの方が重心距離が短い分だけヘッドが返り過ぎてしまい、それが原因で引っかけが出やすくなるのです。特に、ドローが持ち球の人の場合、ドライバーが調子いい時ほど、FWでは左に曲がる度合いが強くなります。

 では、どんなFWを使えばつかまり過ぎを修整できるのか?

 ドライバーほど巨大なFWが市販されていないことを考えると、重心距離を揃えることは非常に難しいです。つかまり過ぎを軽減するためにこだわりたいのはフェースアングル。例えば、スクエアフェースのドライバーを使っているならば、FWはフェースが少し右を向いたもの(1~2度オープン)を選ぶ。ドライバーよりもFWの方がフェースが右を向いていれば、フェースの向きでつかまり過ぎを軽減でき、ドライバーと同じ球筋が打ちやすくなります。

 そして、FWの方向安定性を求めるならば、弾道調整機能が付いたFWがお勧めです。モデルによって調整幅が異なりますが、シャフトとヘッドを脱着できるタイプの場合、フェースアングルを簡単に±1~2度ぐらい変えられます。そしてこのタイプならば、ドライバーを買い換えたとしても、フェースアングルを自分で簡単に調整することが可能です。例えばドライバーがフックフェースならば、FWはスクエアフェースに調整するなど、フェースアングルを最適にフローできます。

 弾道調整機能というとドライバーというイメージがありますが、実はドライバーよりもFWの方がそのメリットをフルに活かせるのです。

一本目のFWを何にするかはドライバーのロフトで決まる

一本目のFWを何にするかはドライバーのロフトで決まる

一本目のFWを何にするかはドライバーのロフトで決まる

ドライバーの次に飛距離を稼げるウッドと言うと、大抵のアマチュアは「3W(スプーン)」を頭に思い浮かべがちです。また、それを実証するかのようにゴルフショップで一番売れているフェアウェイウッド(FW)は、ロフト15度前後の3Wだそうです。

さて、このFW選び。プロやハードヒッターの場合、確かにFWはロフトが少ない方が飛びに有利です。ヘッドスピードが速い人の場合、ロフトが多くなるほどボールが上がり過ぎたり、スピンが増えすぎて飛距離をロスしてしまいます。ところが、一般のアマチュアゴルファーはそうとは限りません。

ドライバーが「ティーアップされたボールを打つ」ことを想定したクラブであるとすれば、FWは「地面上のボールを打つ」のが主な目的のクラブ。地面に接した球はアッパー軌道では捕らえにくく、ダウンブロー気味の軌道で球を捕らえることになるため、インパクト時のロフトは立ち、15度の3Wだと12~14度ぐらいに減ってしまいます。
その結果、ヘッドスピードが42m/s未満の人の場合、15度以下のロフトのFWでは球が上がり切らずキャリー不足になります。キャリーよりもランで飛距離を稼ぎたい人、ティーアップ時に飛ぶFWが必要な人を除けば、15度の3Wではキャリーを出しづらくなるのです。

では、何度のロフトを使えば、地面から打っても距離(キャリー)をしっかり出せるのでしょうか?

スイングの仕方によっても変わりますが、目安となるのがドライバーのロフト。例えば、現在、10.5度のドライバーでちょうどいい高さの球が出る人の場合、ドライバーの次のFWは17~18度ぐらいが目安です。アマチュア向けドライバーの多くは表示よりもリアルロフト(実測ロフト)が大きめなので、10.5度だとリアルロフトは12度ぐらいです。ドライバーよりも+5度ぐらいロフトを増やしてやると、地面から打った時にキャリーを出しやすくなってきます。

それだけではありません。FWの場合、ロフトが少ないと難しく感じ、ロフトが多い方がやさしいイメージが出ます。心理面でも最初のFWはロフトが適度にあった方が、ミスが出づらく、2打目でしっかりと距離を稼げるのです。

アナライズのクラブ診断

http://www.analyze2005.com/2679-2

FWの重量チェックでトップ撲滅!

FWの重量チェックでトップ撲滅!

FWの重量チェックでトップ撲滅!

新しいフェアウェイウッド(以下、FW)を購入したら、途端にトップのミスが出始めた‥‥

ドライバーと違ってFWは地面から打つクラブ。ティアップして打てないので難易度が増しますが、もし、ダフりよりもトップが多いならば、ぜひともチェックしたいのがクラブの重さ。料理用の秤でかまいません。ドライバーと、苦手にしているFWの重量を比べてみて下さい。ドライバーよりもFWの方が軽かったり、どちらも同じぐらいの重量だったりしたならば、上手く打てない原因はスイングだけでなくクラブにもあると考えられます。

ご存じのように、今どきのドライバーは45インチ以上が当たり前。それに対して3Wは昔も今も43インチ前後がスタンダード。2インチ以上も長さが異なるのに、FWの方が重量が軽いと、振った時にはその重量差以上に軽さを感じます。結果、手打ちが助長されたり、インパクトゾーンで手首のコックがほどけるタイミングが遅れやすくなって、ヘッドがボールに届きづらくなるのです。

FWに限らず、必要以上に軽いクラブはダフりのミスが出づらく、トップやチョロが出やすくなってきます。
では、ドライバーとFWとでは、どれぐらいの重量差が必要なのか?
例えば、ドライバーの重さが300gの場合ならば、3Wの目安は310~320g。ドライバーよりも10~20g重くなっていれば重量フローが整います。長さと重さの関係が良くなって、手打ちになるのを防止できますし、手首のコックがほどけるタイミングが合ってきて、ボールの下にヘッドを入れやすくなってトップを防げます。

クラブの重量を調整するには2つの方法があり、ひとつはシャフト交換。10~20g重いシャフトを装着すれば軽いFWを重くすることができます。もうひとつは、シャフトの手元側(グリップとシャフトの境目近く)に重量調整用の鉛を張る方法。5~10gの鉛を張ると、スイングバランスを変えないでクラブ重量をアップさせられます。

FWでトップが多発するならば、まずはシャフトに鉛をペタッと貼ってクラブを重くして下さい。たかが5~10gと思うかも知れませんが、重さが変わるとクラブの振り心地は結構変わります。クラブを買い換えなくてもトップのミスを減らせるでしょう。

アナライズ開発のフェアウェイウッド用シャフト ANALYZE W65

http://tld.easy-magic.com/user/index.php?menu_id=95&main_content_type=NEWS

アナライズのシャフトスタビライザー

http://www.analyze2005.com/sstotal

 

3Wより5Wのほうが飛んでる?の真実

3Wより5Wのほうが飛んでる?の真実

3Wより5Wのほうが飛んでる?の真実

多くのアマチュアは何の迷いもなく3Wをキャディバッグに入れています。FWの中でロフトが一番少ない3Wが「飛ぶ」クラブだと思っているからでしょう。見本とするプロゴルファーのセッティングを見ても3Wは当然入っています。

しかしアマチュアゴルファーがFWで本当に飛距離を求めるならば、3Wではなく5Wを使うことをお勧めします。
プロやプロ並みにヘッドスピードがあるゴルファーならば(ヘッドスピード45m/s以上)、ロフトが12~14度の3Wでもボールが上がってキャリーが出ます。ところがアマチュアのヘッドスピードは40m/s前後。このヘッドスピードだと番手なりにボールが上がり切らず、キャリー不足に陥ります。また、上手く芯で捕えてもボールが上がりきらないと、無理に上げたくなってスイングにも悪影響が出ます。これはアッパー軌道で打つことが難しいFWならではの問題と言えます。

ヘッドスピード40m/s前後の場合、ボールを上げてキャリーを出すには17~18度ぐらいのロフトが必要です。これは5Wのロフトとほぼ同じ。そうです、平均的アマチュアの場合は3Wよりも5Wの方が球があがり、キャリーを出しやすく、飛距離を確実に稼げるわけです。加えて、5Wは3Wよりも少し短いので構えた時に安心感があり、ミート率も良くなる心理的効果も感じられるでしょう。

ドライバーは10度と表示されていても実際のロフト(リアルロフト)が12度ぐらいあったりしますが、FWの場合は表示とリアルに差がありません。15度表示だとリアルロフトも15度前後ぐらいです。3Wはティショット用として割り切って使い、2打目では5Wを迷わず手にする。これがクレバーなFWの使い方です。

フェアウェイウッドが引っかかる人は フェースの向きを、まずチェックすべし

フェアウェイウッドが引っかかる人は フェースの向きを、まずチェックすべし

フェアウェイウッドが引っかかる人は フェースの向きを、まずチェックすべし

フェアウェイウッドが引っかかる人は フェースの向きを、まずチェックすべし


 最近はドライバーとFWを別々に購入するのが当たり前になってきました。そして、それぞれが別々のブランドを使っている場合、ドライバーが調子良い時にFWで苦労するアマチュアが増えてきました。

 さて、このFWの方向性の乱れ。スイングだけでなはくて、クラブに問題があることも結構多いです。アイアンと違って、ウッド系(ドライバー、FW)の場合、フェースの向きが真っ直ぐだと限りません。クラブによってはアドレス時にフェースがフック(左を向いた状態)になっていたり、オープン(右を向いた状態)になっている場合があります。例えばフックフェースになっていると捕まりが良くなる反面、左に引っかかりやすくなる。オープンフェースだと左へのミスを軽減できる反面、捕まりづらくてスライスが出やすくなります。そして、FWはドライバーよりもヘッドが小ぶりな分だけ重心距離も短い。このため、フェースの向きがどちらもスクエアな場合、ドライバーよりもFWのほうが捕まりやすくなって、左へのミスが出やすくなります。

 そうです、クラブの構造上、FWは誰が打ってもドライバーよりも捕まるように出来ています。そしてドライバーよりもFWの方がフックフェースになっている場合は、さらに捕まってしまいます。ドライバーがスクエアフェースで、FWがフックフェースになっていたりすると、アマチュアだけでなく、上級者、プロが打ってもFWは捕まり過ぎて左へのミスが出やすくなるのです。

 フェースの向きは、ドライバーよりもFWの方がオープン(右向き)になっているのが、正しいセッティングです。例えば、ドライバーがフックフェースならば、FWはスクエアフェース。ドライバーがスクエアならば、FWは0.5~1.5度ぐらいオープン(右向き)になっている。FWはドライバーよりも重心距離が短いので、これぐらいフェースの向きに差を付けていた方が、同じスイングをした時に、ボールの方向性は揃ってくるのです。

 フェースの向きについては、シャフトを地面と垂直にした状態でチェックするのがポイント。もし、ドライバーよりもFWの方がフェースが被っているならば、スイング調整するよりもゴルフ工房などで、フェースの向きを調整してもらいましょう。ボクが主宰する神田の「アナライズ」でも、FWのフェースの向き調整はやっています。