カテゴリー別アーカイブ: ウェッジの真実

100ヤードが苦手ならばロフト48~50度のウェッジを追加すべし

100ヤードが苦手ならばロフト48~50度のウェッジを追加すべし

100ヤードが苦手ならばロフト48~50度のウェッジを追加すべし

飛ぶと評判のアイアンに買えたら、前よりも飛距離が伸びたけど、100ヤードを打つのが難しくなってしまった・・・。

飛距離にこだわった今どきのアイアンはロフトが立っています。物理的にアイアンはロフトを立てた(減らした)方が飛ぶからで、今では5番のロフトは24度が当たり前で、その流れからピッチングウェッジ(以下、PW)のロフトは44度前後。これは昔の9番のロフトと同じです。その結果、アマチュアのヘッドスピードでもPWだと110ヤード近く飛んでしまいます。

一方、アプローチウェッジ(以下、AW)はフルショットだけでなくボールを上げることも求められるので、昔も今もロフトは変わっていません。大体52度です。このためアマチュアのヘッドスピードだと、AWでフルショットしても90ヤードぐらいです。

PWのロフトが立って、AWのロフトはそのまま、ということは、PWとAWのロフト差は8度。これでは飛距離差が20ヤードぐらい開いてしまいます。100ヤードを打ちたい時に、ぴったりのクラブがありません。PWでフルショットしたらグリーンオーバー、AWだとグリーンに届かなくなってしまう‥‥これが100ヤードを難しくしている原因なのです。

そこで、やさしく100ヤードを打つために。スイングをあれこれ調整するよりも、ウェッジを1本追加することをお勧めします。5番のロフトが24度以下ならば、48~50度のウェッジを追加しましょう。このロフトを追加すれば100ヤードをフルショットで狙えます。また、PW以下のロフト差が4度刻みになれば、飛ぶアイアンを使っても飛距離の階段を作りやすくなりますし、ショートゲームのミスも減らせます。

実際、横峯さくらプロをはじめ、ストロングロフトのアイアンを使っている女子プロは、ロフト44度のPWの次に、48~50度ぐらいのウェッジをキャディバッグに入れていることが多いです。

ちなみに男子プロの場合、ロフトが立ったアイアンを使っている選手は滅多にいません。男子プロの場合、5番のロフトは26~28度。PWは47~48度と寝ています。だからPWの次にはロフト52度のAWでちょうどいいのです。

ソールの接地面積が小さいSWは上級者向き。見た目よりも難しいぞ!!

ソールの接地面積が小さいSWは上級者向き。見た目よりも難しいぞ!

ソールの接地面積が小さいSWは上級者向き。見た目よりも難しいぞ!


ドライバーやアイアンと違って、サンドウェッジ(以下、SW)は遠くに飛ばすクラブではありません。

飛距離は求められませんが、パター同様、スコアメイクに直結するのがSWです。グリーン周りのバンカー、アプローチでの使用頻度が高く、SWのショットが上手く決まれば、パーパットやバーディパットを打てる回数を増やせるからです。

では、どんな形状のSWが「アマチュアにやさしいSW」なのか?

最近はヒール側を削ったり、ソールを多面的に削っているウェッジが多いです。見た目はシャープで格好良いですが、このタイプは「アマチュアにやさしいSW」ではありません。

ソール部分が多面的に削られたSWは接地面積が小さいのが特徴。抜けが良いので練習場のマットから打つと、スパーンと気持ち良く抜けてくれます。その反面、ソールが跳ねづらい分だけ(砂を弾かない分だけ)、バンカーではザックリが出やすくなります。アプローチにおいても、ヒール側のバンスが削り取られたSWはミスの許容範囲が狭いです。ボールの下にヘッドをキッチリ入れる技術がないと、ダフります。また、ラフに浮いた時や花道からなどのいいライからでは、フェースがボールの下をくぐってダルマ落としのミスが出やすいです。

他方、ソールの接地面積が広いSWはミスの許容範囲が大きいです。バンカーでは接地面積が大きい方が、砂をオートマチックに弾くことができ、砂の爆発力でボールを飛ばせます。接地面積が小さいSWと比べると、クラブでザックリのミスを減らせます。

アプローチにおいても接地面積が大きいほどインパクトゾーンでソールが滑ってくれ、ダフりのミスを減らせます。ソールの接地面積が大きくなると、フェースを開きづらくなりますが、大きなミスを確実に減らせます。

バンカーショットでザックリが多かったり、アプローチでダフりやダルマ落としのミスが多いならば、まずはSWのソール形状をチェックしてみて下さい。もしソールの接地面積が小さいならば、難しいSWを使っていることが、ミスの数を増やしていると思って間違いないでしょう。

ハイバウンスのウエッジでボールをキュキュッと止めよう!

ハイバウンスのウエッジでボールをキュキュッと止めよう!

ハイバウンスのウエッジでボールをキュキュッと止めよう!

ハイバウンスのウエッジでボールをキュキュッと止めよう!

アマチュアゴルファーがサンドウェッジ(以下SW)を買い替える場合、一番こだわるのがスピン性能でしょう。その願いに応えるべく、クラブメーカーも「前作よりもスピンが利く」などと、スピン性能を強くアピールしているSWが目立ちます。

スピンの鍵を握っているのは摩擦です。インパクトでフェースとボールとの間に摩擦が強く生じるほど、ボールにスピン(バックスピン)がかかり、グリーンで止まる球が打てます。摩擦係数が上がる道具を使えば、アマチュアでもキュキュッと止まる球が打てます。

かつては摩擦係数を上げるためにフェースに刻まれた溝の角を尖らせたSWもありました。しかし現在は、ルールで尖った溝は規制されています。溝でスピン性を高めることはできません。

では、どんなSWを選べばグリーン上でキュキュッと止まる、スピンが利いた球が打ちやすくなるのでしょうか?

摩擦を増やす要素として、ロフトとバウンスがあります。例えば、ロフト56度と58度を比較すれば、58度の方がスピンが強くかかります。ロフトは球を高く上げるだけでなく、摩擦係数を高める役割も果たしているからです。

バウンスについては、ローバウンスよりもハイバウンスの方が、スピン性能が高くなります。ローバウンスの場合、ボールが高く上げやすい反面、摩擦係数を上げる要素が少ないからです。ハイバウンスの場合は、インパクトでヘッドはロフトが立つ方向に少し回転する(バウンスが利いているため)ので、ローバウンスに比べるとボールが低く出ますが、摩擦係数が高くなります。ロフトが立つ方向に回転することで、縦のギア効果が強く働くと言う事です。

例えばロフトが同じ56度のSW2本の、バウンスが8度のもの、バウンスが16度のものを打ち比べれば、後者の方がボールが低く飛び出し、スピンが強くかかります。

ちなみに、プロがローバウンスを使うのはフェースを大きく開いて使うことが多いから。58度のSWならば、ロフトを65度以上にして使っています。だから、ローバンスでもスピンが強くかかるのです。

そしてスピン性能を求めるならば、ボールにもこだわって下さい。カバーの軟らかい、いわゆるスピン系のボールを使った方が摩擦係数が上がり、スピンをキュキュッとかけやすくなるでしょう。

バンカーでザックリが多い人はソールの接地面積が大きなSWを選ぼう!

ソールの接地面積が小さいSWは上級者向き。見た目よりも難しいぞ!!

バンカーでザックリが多い人はソールの接地面積が大きなSWを選ぼう!!

バンカーでザックリが多い人はソールの接地面積が大きなSWを選ぼう!!

アイアンセットは5番からPWの6本セットが主流になったからでしょう。アイアンとお揃いのサンドウェッジ(以下SW)を使う人よりも、ウェッジ専用モデルのSWを購入して使う人が増えてきました。また、ウェッジは飛距離を求めるクラブではないこともあり、ツアープロが使っているSWは、どのショップでも売れ行きランキングの上位に入っています。

 さて、このSW。ドライバーやアイアン同様、ヘッドは大きい方が見た目に安心ですし、ミスにも強くなっています。アイアンで大型ヘッドを使っているならば、SWも大きめのヘッドの方がクラブのつながりがいいですし、アイアンと同じイメージで打っていけます。

 そしてSWを選ぶ場合、必ずチェックしたいのがソールの形状。やさしいSWを求めるならば、ソールが幅広で、なおかつトウやヒールのバウンスを落としていないタイプを選んで下さい。ソールの設置面積が大きいほど、ソールが滑ってくれます。結果、バンカーにおいてはザックリのミスが出づらく、アプローチにおいてはダフりのミスが出づらくなります。クルマに例えるならば、オートマチックミッションの大型セダン。小細工はできませんが、やさしく使いこなせます。

 他方、ソール幅が狭く、なおかつトウやヒール側のバンスを大胆に落としたSWはプロ、上級者向けです。このタイプはソールの接地面積が小さいので、抜けがいい反面、ダフり気味に打った時にソールが滑りづらい。操作性が高いのでフェースを開いて打ったり、砂を薄く取るようなバンカーショットを打つのには適していますが、その反面、ミスに対する許容範囲が小さいのです。クルマに例えるならば2シータ-のマニュアル車。正確な技術があれば、色んなテクニックを駆使できます。

 ツアープロも使っている最新のSWを購入したのに、バンカーから上手く脱出できない。ザックリを連発してしまう‥‥

 こういう場合、スイングを疑う前に、まずはソール形状、ソールの接地面積が大きいか小さいかをチェックして下さい。もし、ソールが立体的に面取りされていて、接地面積が小さくなっているようならば、自分の腕前とクラブ(ソール形状)が合っていません。オートマチックに打っていけるSW(ソールの接地面積が大きいSW)を使って下さい。

グリーン周りでミスを減らすには、力量に見合った道具を使うこと。バンカーも道具でミスを減らせるのです。

アプローチでザックリが怖い人は刃が地面から浮いたウェッジを使おう

アプローチでザックリが怖い人は刃が地面から浮いたウェッジを使おう

アプローチでザックリが怖い人は刃が地面から浮いたウェッジを使おう

アプローチでザックリが怖い人は刃が地面から浮いたウェッジを使おう

 緑から茶色へと芝の色が変わり始めるこの時期、厄介なのが花道からのアプローチ。芝が弱くなってくるとソールが滑りづらくなる分だけ、ダフりやザックリが出やすくなるからです。冬場は花道よりもラフの方がやさしかったりします。

 さて、この冬場のアプローチ。どんなウェッジを使えばダフりやザックリを減らせるのか?

 ポイントは2つあります。ひとつはバウンスが大きいウェッジを選んで下さい。バウンスが大きいほどソールが地面に跳ねやすく、枯れた芝でもソールが滑りやすくなります。加えて、バウンスが大きくなるほど構えた時、リーディングエッジ、いわゆるフェースの刃の部分が浮きます。刃が浮いていると、インパクトゾーンで刃が地面に刺さりにくくなる分だけザックリを防げます。本気でザックリを減らしたいならば、AWは8度以上、SWだと12度以上をお勧めします。バウンスが大きくなるとアドレス時に、フェースの刃の部分(リーディングエッジ)が浮いた感じになりますが、刃が浮くほどザックリに強いと覚えておいて下さい。アマチュアの中には「刃が地面にペッタリと着く」、いわゆるバウンスの少ないウェッジを好む人が少なくありませんが、このタイプはヘッドの入れ方が難しくなります。ヘッドを入れるポイントが少しでも手前にズレると、刃が地面に刺さってしまうからです。刃が浮いていないウェッジは構えやすく、そして練習場の人工マットでは抜けよく使いやすいのですが、枯れた芝ではミスに厳しいウェッジになるのです。

 もうひとつのポイントはソール幅。ソール幅は狭いよりも広い方が、ザックリのミスを減らせます。フェアウェイウッド同様、ウェッジもソール幅が広い方が、打ち込む感じではなく、払う打つ感じになるります。結果、入射角が浅くなり、そして幅広ソールは接地面積が広くて滑りやすい分だけ、ダフり、ザックリを確実に減らせます。

 練習場で打ちやすいウェッジとコースで打ちやすいウェッジは必ずしも一致しません。練習場の人工マットはソールが跳ねやすいので、バウンスが小さく、刃が浮いていないウェッジの方が打ちやすく感じますが、冬場の芝は人工マットと勝手が違います。冬場のアプローチでザックリが怖いならば、騙されたと思って刃が浮いたウェッジを使ってみて下さい。刃が浮いてる方がザックリしづらいことを体感できるでしょう。

サンドウェッジの適正重量は フォローの大きさで決まる

サンドウェッジの適正重量は フォローの大きさで決まる

サンドウェッジの適正重量は フォローの大きさで決まる

サンドウェッジの適正重量は フォローの大きさで決まる


 グリーン周りのバンカーショットやアプローチで欠かせないクラブと言えばサンドウェッジ(以下、SW)。最近はアイアンセットに組み込まれていないこともあり、アマチュアの多くは別売りのSWを購入して使っています。
 さて、このSW。ロフト角やバウンス角を色々選べますが、実は重さのバリエーションも豊富です。重いスチール、軽量スチール、そしてカーボンシャフトが装着されたモデルがありますし、ヘッドの重さやバランスもモデルによって異なります。市販のSWの重量を調べてみるとカーボンが装着されたSWは390g台、スチールが装着されたSWだと470g以上あります。重さの差は80gもあるのです。

 では、どんな重さのSWを使えば、バンカーショットやアプローチが打ちやすくなるのか?

 重さについては主観的な部分もありますが、SWを選ぶ基本はアイアンよりも10~30gぐらい重いシャフトが装着されたモデルを選ぶことです。SWは距離を求めるクラブではありません。SWのシャフトを少し重くすると、コントロールショットが打ちやすいし、スイングを安定させやすくなります。そして重さはスイングにも影響を少なからず及ぼします。バンカーショットやアプローチを打つ時、ゆっくり振りたい人や、フォローを小さめに取る人は、アイアンよりもシャフトを20g以上重くし、バランスも重めのSWをお勧めします。例えばアイアンのバランスがD0ならば、SWはD5とかD6という風に。このタイプの人はSWは重い方がタイミングを取りやすいし、距離感も安定してきます。

 対して、バンカーやアプローチでもシャープに振り切りたい人や、フォローを大きくとる人は、軽めのSWの方がタイミングが取りやすいし、距離感も出しやすくなります。このタイプの人は、重いSWだとシャープに振りづらく、フォローを出しづらくなるからです。ただし、軽いといってもアイアンよりも軽いのはNGです。アイアンと同重量、同種類のシャフトが装着されたSWを選んで下さい。バランスに関してはアイアンがD0でしたら、SWもD0前後をお勧めします。

 SWは重さと自分の打ち方がマッチしていないとタイミングが取りづらく、ミスも出やすくなります。バンカーやアプローチに悩んでいるならば、まずはSWの重さをチェックしてみてはいかがでしょうか。

アプローチの方向性が定まらない人はリーディングエッジが真っ直ぐなウェッジを使おう

アプローチの方向性が定まらない人はリーディングエッジが真っ直ぐなウェッジを使おう

アプローチの方向性が定まらない人はリーディングエッジが真っ直ぐなウェッジを使おう

アプローチの方向性が定まらない人はリーディングエッジが真っ直ぐなウェッジを使おう

 
ピンまで30ヤード。自分ではいい感じでアプローチショットを打ったつもりなのに、方向性が今ひとつ定まらない。左に引っかけたり、右に押し出してしまう‥‥。

 アプローチの方向性が定まらない原因はいくつかありますが、実はクラブ(フェース形状)に問題がある場合も少なからずあります。市販されているアプローチウェッジ(以下AW)、やサンドウェッジ(以下SW)には様々なフェース形状がありますが、一番下のリーディングエッジは丸いタイプとストレートに近いタイプがあります。そして、現在のSWは丸いタイプが主流です。

 丸いリーディングエッジとストレートなリーディングエッジ。たかが形状の違いかと思うかもしれませんが、この違いが方向性に少なからず影響を及ぼすのです。丸いタイプはフェースを開いて使うことを前提にデザインされ、フェースを開いた時に構えやすい。色んな球筋を打ちたいテクニシャンが構えやすいウェッジです。ただし、フェースを開かないで使う場合、丸い分だけフェースを目標に合せづらい。アプローチの方向性に問題を抱えるゴルファーとは、相性が良くありません。

 対して、リーディングエッジがストレートなウェッジはフェースを開かないで使う時、フェースを目標に合せやすく、方向性を出しやすいメリットがあります。アプローチで方向性に不安を抱えるならば、こちらの方が構えやすいし、いい結果も出せます。ただし、ストレートなタイプはフェースを開いて使うのには適してません。フェースを開くと、真っ直ぐなリーディングエッジが目障りになってくるからです。

 ショップに行ったら、ぜひともリーディングエッジが丸いウェッジと、ストレートなウェッジを見比べて下さい。見た目の印象が異なるだけでなく、フェースの開きやすさ、方向性の出しやすさに違いがあることを一目で確認できるはずです。プロや上級者にとって顔が良いウェッジと、アプローチが苦手なアマチュアにとって顔が良いウェッジはまったく違います。ゴルフは道具(クラブ)を自由に選べるスポーツです。ウェッジに限らず、クラブは自分の能力に適したモノを選んだ方がゴルフはやさしくなりますし、ナイスショットの確率もグンと上がってくるのです。

ノーメッキ仕上げのウェッジはスピン性能が高いと思うのは勘違い

ノーメッキ仕上げのウェッジはスピン性能が高いと思うのは勘違い

ノーメッキ仕上げのウェッジはスピン性能が高いと思うのは勘違い

ノーメッキ仕上げのウェッジはスピン性能が高いと思うのは勘違い


 グリーンに落下後、ファーストバウンドでボールに「ギュギュッ」とスピンがかかって、ボールがバックスピンで手前に戻る‥‥プロのようにピタッと止るアプローチを打つには、バックスピンを強くかけることが不可欠です。

 では、どんなクラブを使えばスピンを強くかけられるのか?

 スピンを求めるならば、ロフトは多い方が有利。56度と58度のSWならば、後者の方がスピンがかかります。ロフトが多いほど摩擦力が強く発生するからです。もうひとつのポイントはバウンス角。バウンス角が8度と14度を比較したら、14度の方が有利です。バウンス角が強いほど打点位置がフェースの下側になりやすく(スイートスポットよりも下で打てる)、縦のギア効果でスピンを強くかけられます。重心位置については、低重心よりも高重心。高重心の方が縦のギア効果で摩擦力が増すからです。

 アマチュアゴルファーがスピン性能で勘違いしやすいのがメッキの有無と溝の本数。メッキ仕上げは表面がツルッとしてるのに対して、ノーメッキは表面がザラついています。ザラッとしている方が摩擦が強く発生しそうな感じがしますが、メッキ有無でスピン量は変わりません。どちらで打っても摩擦力に差がないからです。視覚的にはノーメッキの方がスピン性能が高そうですが、物理的にはノーメッキはスピン量を増やす効果は期待できません。溝の本数もしかり。溝の本来の役割は車のタイヤと同じ。溝は水や芝を排水するためのものです。溝の本数が多いウェッジは視覚的にはスピンがかかりそうですが、物理的にはスピン量を増やす効果はあまり期待できないでしょう。

 スピンを求めるならばボール選びも重要です。アプローチで強いスピンを掛けたいならば、ディスタンス系と表示されたボールではなく、スピン系と表示されたボールやウレタンカバー採用のボールを使って下さい。

 スピン系のボールの方が、カバー(表面)が軟らかく、ボールとフェースの間に発生する摩擦力がアップするからです。スピン性能を求めるならば、軟らかいウレタンカバー採用のスピン系ボールが圧倒的に有利です。

ウェッジの方向性の悪さはシャフトの硬さにも問題がある

ウェッジの方向性の悪さはシャフトの硬さにも問題がある

ウェッジの方向性の悪さはシャフトの硬さにも問題がある

ウェッジの方向性の悪さはシャフトの硬さにも問題がある


 ピンまで残り100ヤード以内ともなれば、確実にグリーンを捕えたいもの。できればピタッとピンそばにつけて、バーディやパーを狙っていきたいものです。ところが現実はどうでしょう。100ヤード以内からでもグリーンを上手く捕えきらず、バンカーやラフに打ち込んでしまうことが少なからずあります。

では、どうすれば100ヤード以内から確実にグリーンを捕えることができるのか?

 クラブでもナイスショットの確率を上げたいと思うならば、ウェッジ選びはシャフトにもこだわった方がいいです。市販品のアプローチウェッジ(AW)やサンドウェッジ(SW)の多くはウェッジ専用シャフトが装着されていますが、その多くは硬さがS相当。硬いシャフトはコントロール性が良い反面、ゴルファーが硬さを感じてしまうと、ダウンスイングで力んで体の開きが早くなり、アウトサイド・イン軌道が助長されます。結果、引っかけのミスが出やすくなるのです。例えば、アイアンはRシャフトでウェッジがSだったりすると、ウェッジを使う時、切り返しで力んで引っかける可能性が高くなるのです。

 他方、ウェッジのシャフトが軟らかい場合は、切り返しで力みは発生しません。体が早く開きづらくなるので、引っかけのミスを減らせます。加えて、軟らかいシャフトの方がゆったり振れるので、フルショットだけでなくハーフショットも打ちやすくなります。それゆえ、ウェッジで引っかけが出やすいならば、クラブを取り換えるよりもシャフト交換(リシャフト)をお勧めします。アイアンがRならば、ウェッジもRにします。そして、もうひとつのポイントがシャフト重量。アイアンよりも少しだけ重い(5~15g)シャフトを選んで下さい。アイアンのシャフトが軽量スチールのNS950ならば、AWやSWには950よりも10g重いNS1050という風に。ウェッジのシャフトを少し重くすると、打ち急ぎを防止できますし、スイングの安定性も増してくるからです。

 シャフトの硬さ、重さが変われば、同じクラブでも振り心地、打ちやすさがガラッと変わってくるのです。AW、SWでミスが多いならば、ぜひともシャフトの硬さにこだわって下さい。

ウェッジの飛距離はロフトとバンス角で決まる

ウェッジの飛距離はロフトとバンス角で決まる

ウェッジの飛距離はロフトとバンス角で決まる

ウェッジの飛距離はロフトとバンス角で決まる


 自分ではいい感じで打ったつもりなのに、アプローチショットはグリーン手前に乗っただけ‥‥。
100ヤード以内のアプローチショットでは、ボールを遠くに飛ばす必要はありません。クラブに求められるのは距離感。自分が打ちたい距離と、実際にボールが飛んだ距離のギャップが大きいと‥‥いい感じで打っても10メートル以上のロングパットが残るからです。

 では、どんなクラブを使えばアプローチの距離感が良くなるのか?

 同じロフトで、同じ打ち方をしても、ボールが遠くに飛びやすいサンドウェッジ(以下、SW)と、ボールが遠くに飛びづらいSWとがあるんです。例えば56度のSWでも、バンス角が大きいほどショートのミスが出づらくなります。ハイバンスになるほどインパクトでソール跳ねてロフトが立ちます。結果、ボールが低く前に飛びやすい。アプローチが慢性的にショートしやすい人は、ハイバンス(12度以上)のSWを使った方が、自分が打ちたい距離と、実際にボールが飛ぶ距離が合ってきます。

 他方、バンスが小さいSWはオーバーのミスが出づらくなります。ローバンスになるほどインパクトでソールが跳ねづらくロフトが立ちません。結果、ボールが高く上がる分だけ前に飛びづらくなる。アプローチをしょっちゅうオーバーする人は、ローバンス(10度以下)のSWを使った方が、距離感を合せやすいでしょう。たかがバンスの違いと思うかも知れませんが、同じロフトでもバンスの大小でボールの飛び方は5~10ヤードは変わってきます。

 バンス角についてはクラブに表記されていることが多いですが、自分でも簡単にチェックできます。硬い床の上にシャフトを垂直に保ってヘッドをポンと置いてみて下さい。これで、フェースがゴロッと開く方向に動きやすいウェッジはバンスが小さい。逆にヘッドをポンと置いた時、フェースが閉じる方向に回転しやすいウェッジはバンスが大きいと思って間違いないでしょう。アプローチの距離感に悩んでいるならば、バンスにこだわってSWを選ぶことも重要なポイントです。