カテゴリー別アーカイブ: パターの真実

パットの方向性に悩む貴方は中尺パターをお試しあれ

パットの方向性に悩む貴方は中尺パターをお試しあれ

パットの方向性に悩む貴方は中尺パターをお試しあれ

パットの方向性に悩む貴方は中尺パターをお試しあれ

ドライバーやアイアンと違って、ゴルフクラブの中で最も選択肢が多いのがパター。色んなヘッド形状を選べますし、長さもバリエーションが豊富です。通常の長さ、中尺、そしてドライバーよりもシャフトが長い長尺パターも市販されています。

さて、このパター選び。ドライバー同様、ヘッドは小さいよりもが大きい方が、スイートエリアが広くミスに強くなります。パターは飛距離が求められるクラブではありませんが、フェースが大きく、そしてヘッドが奥行きが深い形状のパターを使った方が、道具(クラブ)でミスを減らせます。

では長さは、どれぐらいがいいのか?

通常のパターは33~35インチ。サンドウェッジよりも少し短めです。中尺は40~42インチ。これはフェアウェイウッドとほぼ同じ長さ。そして長尺は46~48インチ。ドライバーよりも長くなっています。いずれの長さも長所短所がありますが、手首を使い過ぎる癖を直したい人、方向性に不安を抱えるゴルファーにお勧めしたいのが中尺パターです。中尺は普通の長さと長尺の「いいところ取り」しているからです。

中尺パターの場合、グリップエンドをおへそ付近にくっつけて構えてストロークします。このためストローク中に手首が余計な動きをしません。また、長尺パターも同様ですが、グリップエンドを体に固定して振り子運動をするので、軌道、フェースの向きが安定します。そして通常のパターよりもヘッドも総重量も重いので、ゆったりストロークできることでインパクト時に余計な細工が入りづらく、誰でも方向性が良いパットを打つことができます。

中尺パターのもうひとつのメリットはグリップの仕方や打ち方が特殊にならないこと。グリップ、アドレス、ストロークとも通常のパターと同じ。今までと同じフィーリングで打てるので、買ってすぐに使いこなせます。

 米ツアーでは、パットの名手で知られるP・ミケルソンも一時期使っていた中尺パター。プロが使っているから「難しい」と思われがちですが、そんなことはありません。パターの方向性に悩んでいるならば、使わない手はありません。中尺パターはアマチュアにも大いにメリットがある道具です。

3パットを連発する人は、センターシャフトのパターを使おう

3パットを連発する人はセンターシャフトのパターを使おう

3パットを連発する人はセンターシャフトのパターを使おう

3パットを連発する人はセンターシャフトのパターを使おう

ショットはそこそこなんだけど、グリーン上に上がるとパットが決まらない。3パットを連発してしまって、スコアを崩してしまう・・・

3パットが出る要因はいくつかありますが、アマチュアに多いのが「距離感」の悪さでしょう。10メートルのパットを打つ場合、左右に3メートル外す人はそういません。ところが、3メートルショートしたり、3メートルオーバーする人は結構います。言い換えれば、3パットを減らすコツは距離感のミスを減らすこと。最初に打つパットの距離感が良くなれば、確実に3パットの回数を減らせるからです。

では、どんなパターを使えば「距離感」が良くなってくるのか?

ショートやオーバーを減らすには、芯で捕らえることが重要なポイントです。芯を外すと転がりが悪くなってショートしやすいし、ショートを嫌がると「強く打ち過ぎて」オーバーしやすくなるからです。具体的に言うと、慢性的に距離感が良くない人は、ヘッドが大きくてセンターシャフト構造のパターがお勧めです。通常のパターと違って、センターシャフトのパターは重心距離がゼロです。

センターシャフトのパターは、野球のバットとかテニスのラケットと同じ構造と考えると良いでしょう。シャフトの延長線上に芯(スイートスポット)があるので、重心をコントロールしやすくなっています。そして、シャフトの延長ということは通常のパターよりも手や腕の延長と同じような操作感が得られます。自分の感覚がダイレクトに伝わりやすい分だけ、芯で捕らえやすいのです。ゴルフの経験がまったくない人でも、センターシャフトのパターならば数分打つだけで上手く芯で捕らえることができます。

パターは遠くに飛ばすことが求められませんが、反面、どのクラブよりも正確な距離感、正確なミート率が要求されるクラブです。芯を外して打ってしまうと、ボールの転がりがガラッと変わってしまうのです。

センターシャフトのパターは「構えづらい」、「フェースの向きを合わせづらい」等の短所はありますが、パットの距離感に問題を抱えている人にとっては、確実に自分の欠点をカバーしてくれます。3パットを減らすには練習も大事ですが、自分の欠点をカバーしてくれる道具(パター)を選ぶことも大事です。

フェースが面長なパターは方向性に、奥行きがあるパターは距離感に効く!

奥行きがあるパターは距離感に、フェースが面長なパターは方向性に効く!

奥行きがあるパターは距離感に、フェースが面長なパターは方向性に効く!

距離感はそれなりに良いのに、入れ頃外し頃のパットが決まらない。右に押し出したり、左に引っかけてしまう‥‥。

 方向性に不安を抱えている人の場合、その多くはインパクトでフェースの向きが狂っています。ショットと違ってパットの場合、サイドスピンはかかりません。ボールの行方はフェースの向きで決まるからです。

 では、どんなパターを使えば方向性の乱れを減らせるのか?

様々な形状のパターが市販されてますが、こだわりたいのがフェースの長さ。ドライバー同様、パターも大型ヘッドが主流ですが、モデルによってフェース面が長く見えたり、短く見えたりします。方向性の悪い人は、できるだけフェースが面長に見えるモデルを選んで下さい。フェースが長く見える方が、視覚的、そして感覚的にもフェースの向きを目標(カップ)に合わせやすいメリットがあります。加えて、フェースが面長になるほど、左右の慣性モーメントも大きめなことも方向性に効くポイントです。ミスヒットした時でも、フェースが左右にブレにくくなる分だけ、ボールの直進性が良くなるからです。

 他方、方向性よりも距離感が悪い人や、ショートパットがしっかり打てない人の場合は、フェースが面長なタイプよりもヘッドの奥行きが非常に深い、大型マレット型パターがお薦めです。ヘッドが奥に深くてフェースが短く見える方が、構造的に重心が深めになっています。重心が深い方がスムーズにフォローを出しやすく、プレッシャーがかかってもインパクトが緩みません。ストロークが安定しやすい分だけ、距離感を出しやすくなります。

 そして、距離感が不安定な人の場合、シャフトの延長線上にスイートスポットがあるパターを選んで下さい。シャフトの延長線にスイートスポットがあるパターは、そうではないパターよりもヘッドの動きをコントロールしやすく、芯(スイートスポット)で捕えやすいからです。

 見分け方はこうです。ヘッドをフリーな状態にして人差し指でパターを支えてみて下さい。この時、フェースが真上を向くタイプ(フェースバランス)や、フェースが目標方向を向くタイプ(重心バランス)は、シャフトの延長戦上にスイートスポットがあることを意味しています。

グリーン上のスコアを減らすには、自分の欠点をカバーしてくれるパターを選ぶことも大切なポイントなのです。

インパクト音と転がりが一致するパターなら距離感が出る!

インパクト音と転がりが一致するパターなら距離感が出る!

インパクト音と転がりが一致するパターなら距離感が出る!

自分ではいい感じで打ったつもりなのに、カップを1メートルもショート。ショートを嫌がってしっかり打ったら、今度はカップを1メートル以上もオーバー・・・こんな風にパットの距離感が合わないと、3パットは増えても1パットを増やすことはできません。ショートやオーバーを繰り返すと、インパクトで余計な操作が入り、ストロークがますます不安定になるからです。

 距離感が悪い場合、パットの練習も不可欠ですが、道具(パター)を取り替えることでも、距離感のミスを減らせます。

例えば、いい感じで打った時にショートしがちな人は、フェースに樹脂素材が埋め込まれ、インパクト音がソフト(静か)なパターをお勧めします。ゴルファーの多くは、インパクト時に感じる感触や音でボールがどれくらい転がるか判断します。このため、インパクト音が静かだと、「ショートしたくない」という意識が働く分だけしっかり打ちたくなるからです。
 逆もしかり。いい感じでオーバーしがちな人は、金属フェースで弾きのいいパターがお勧め。インパクト音が「コツ~ン」と大きいと、「オーバーしたくない」という意識が働く分だけ、強く打っていけません。たかが音と侮ってはいけません。「どんな音だと、どのぐらいの速さでボールが転がるのか」というのが、ゴルファーの距離感を作っているのです。

 今どきのパターはフェースインサート(樹脂フェース)が主流ですが、打感やインパクト音はメーカー、モデルによって少しづつ違います。ですので、実際に色々試してみて音の違い、打感の違いを調べ、自分のフィーリングにぴたりと合うパターを探して下さい。

 そこでお勧めなのが、目隠ししてのパッティング。例えば、ショップで3メートルの距離が打てるならば、わざと目隠して3メートルを打ってみる。これで自分のイメージした距離(3メートル)がちょうど打てるパターならば、インパクトで余計な細工が入りません。自分が持っている距離感を生かしやすくなり、大きくショートしたり、大きくオーバーしづらくなってきます。

インパクト音はボールでも微妙に変化します。距離感にこだわってパターを試打する時は、普段、自分が使っているボールと同じボールを使うことをお忘れなく。

手首を使って打つ人はピン型、手首を固定して打つ人はマレット型が合う!

手首を使って打つ人はピン型、手首を固定して打つ人はマレット型が合う!

手首を使って打つ人はピン型、手首を固定して打つ人はマレット型が合う!

タバコやビールの銘柄ほどではありませんが、ゴルフクラブの中でもヘッド形状の種類が豊富なのがパター。ゴルフショップに行けば、それこそ数十種類のパターが所狭しと並べられています。

 さて、このパターの形状。色んなタイプが市販されていますが、最近バリエーションが増えてきたのがヘッドが巨大なマレット型です。ドライバー同様、パターもヘッドが大きいほうが慣性モーメントが大きく、ミスに強くなっています。

また、ヘッドの奥行きが深い方が重心が深くなって、フォローを出しやすいことで、高速グリーンでゆっくりボールを転がしてラインを乗せやすいというメリットがあります。ツアープロの間で大型マレット使用者が多いのは、昔よりもグリーンが速くなったことも、少なからず影響しているものと思われます。

 ただし、大型マレット型も万能選手ではありません。パター形状と打ち方との間には相性があるからです。具体的に言うと、大型マレット型は「手首を固定し、ヘッドを真っ直ぐ動かすタイプ」と相性がいいパター。大型マレット型はフェース面と重心位置が離れています。このため、手首を使って打ちにいくとヘッドの動きをコントロールしづらく、距離感、方向性が不安定になってしまいます。

 一方、L字型やピン型は「手首を使ってコツンと打ち、インサイド・インの円軌道で打タイプ」と相性がいいパター。こちらは、フェース面と重心位置に大きなズレがありません。大型マレットに比べるとフェース面で打つ感覚が出やすく、操作性も高い。手首を使ってコツンと打つのに適しています。

 10メートルのロングパットは正確な距離感が要求され、1メートルのショートパットでは正確な方向性が要求される。この2つの相反する要素を満足させるには、まずは自分の打ち方に適した形状のパターを選ぶこと。そして、形状が決まったら、その中から自分が構えやすい「顔」と「ネック形状」を選ぶのがポイントです。

ちなみに、ゴルフのキャリアが浅い初中級者はミスに強い大型マレットを選んで下さい。そして、パターに合った打ち方をした方が、道具(クラブ)でミスを減らせるでしょう。

パターで手首を使い過ぎる人は今すぐ、太いグリップに交換すべし

パターで手首を使い過ぎる人は今すぐ、太いグリップに交換すべし

パターで手首を使い過ぎる人は今すぐ、太いグリップに交換すべし

パターで手首を使い過ぎる人は今すぐ、太いグリップに交換すべし


 パターは飛ばすクラブではありませんが、ドライバー同様に、ヘッドが大型化してきています。今主流になりつつある大型マレット型は、460CCドライバーぐらいの投影面積があります。大型ヘッドは見た目の安心感があるのに加え、重心が深くて慣性モーメントが大きい。この2つの効果で芯を外して打った時でもヘッドがブレにくく、距離感、方向性を安定させられるからです。さて、このパターの大型化。大きなヘッドはミスに強いメリットがありますが、そのメリットを生かすには打ち方も重要です。慣性モーメントが大きくて重心が深いパターはその構造上、手首を使ってパチンと打つよりも、手首を固定してヘッドを真っ直ぐ動かした方がストローク軌道が安定し、狙った方向にボールを転がせます。

 では、どうすれば手首を使わないでストロークできるのか?

 ポイントはグリップです。パターに限りませんが握る部分(グリップ)が太くなるほど手の平側でクラブを握ることになって、手首が余計な動きをしません。対して、握る部分が細くなるほど指先側でクラブを握ることになって、手首がフリーな状態になります。缶ジュースなどで太さが違うのを握り比べてみると、その違いを実感できます。250ccの細長い缶と350CCの太い缶を握れば、ほとんど人は後者の方が手首を動かしづらくなるはずです。

 ネオマレット型のパターで手首が余計な動きをしやすい人は、今すぐグリップ交換をお勧めします。ゴルフショップに行けばパター専用の極太グリップが多数売られています。サンプルを握ってみて、太さを感じるグリップ、手の平でないと握れないグリップを選ぶと、道具(グリップ)で手首の使い過ぎを抑えることができます。また、右手を使い過ぎて失敗している人は、右手部分が太くなっているグリップをお勧めします。

 ちなみに、極太グリップは重さのバリエーションも豊富で、50gくらいから100g以上のモノも市販されています。ヘッドの利き具合(バランス)を変えたくない人は、最初に付いているグリップの重量を調べ、交換用のグリップもそれと同じぐらいの重量のモノを装着して下さい。グリップの重さが同じならば、太くなってもバランスは変わりません。交換前と同じフィーリングでストロークできます。

手首を使い過ぎて引っかける人はシャフトが左から入っているパターを選ぼう

 

 手首を使い過ぎて引っかける人はシャフトが左から入っているパターを選ぼう

手首を使い過ぎて引っかける人はシャフトが左から入っているパターを選ぼう

 パットの方向性が今ひとつ定まらない。インパクトで手首を使い過ぎてしまい、左に引っかけるミスを連発してしまう‥‥

 こういう場合、どんなパターを使えばミスを減らせるのか?

 手首を使い過ぎている自覚があるならば、ミスを減らすには2つの方法があります。ひとつはグリップ交換。今までよりも太いグリップに変えてみることです。太いグリップは指先側でクラブを握れません。手の平全体でクラブを握ることになって、手首を使いづらくなるからです。特に右手部分が太く作られたグリップは、インパクトでパンチが入りづらくなる分だけ、引っかけのミスを軽減できます。

 もうひとつはシャフトの装着方向。いろんなタイプのパターが市販されていますが、シャフトの装着方向は大別すると2つあります。ひとつは自分から見て右から。もうひとつは自分から見て左からです。プロや上級者に人気のパターの大半は、シャフトが右から入っていますが、手首をこねやすい人にはこのタイプはお勧めできません。シャフトが右から入っているパターの場合、構えた時はフェースが被らないメリットがありますが、ボールが捕まりづらい。結果、右に外すのを嫌がると、インパクトで手首を使い過ぎて引っかけやすくなります。対して、シャフトが左から入っているパターの場合、構えた時はフェースが被った感じに見えます(シャフトが右から入っているのに比べて)。このためボールを捕まえる動きが求められません。ハンドファーストに構え、ハンドファーストに打っても真っ直ぐ転がりやすい分だけ、手首を固定してストロークしやすくなります。

 たかがシャフトの装着方向と思うかも知れませんが、シャフトの挿し向きは構え方、打ち方に少なからず影響を与えます。ですのでパターを選ぶ時は、ヘッド形状だけで選んでしまうのは避けて下さい。シャフトの装着方向もしっかりチェックしてから購入を検討した方がいいでしょう。

冬場の凍ったグリーンはロフトが多いパターを使おう

冬場の凍ったグリーンはロフトが多いパターを使おう

冬場の凍ったグリーンはロフトが多いパターを使おう

冬場の凍ったグリーンはロフトが多いパターを使おう

 
寒さが本格的になってきたこの時期、ドライバーやアイアンはキャリーの距離が落ちてきますが、反面、地面が硬い分だけランで距離を稼げます。そして、グリーンも夏と冬ではガラッと状態が変わります。最低気温が0度を下回ってくると、グリーン表面は霜が降りて凍ってきます。そして、凍ってしまうと霜の影響で見た目よりも転がりが遅くなります。日が昇り、霜がとけてくれば今度は霜のどけの影響でグリーンは凸凹してきます。

 さて、この冬場グリーン。どんなパターを使えば、距離感、方向性が良くなるのか?

 ゴルフショップには様々なタイプのパターが売られてますが、冬場に一番こだわりたいのはロフト角。パターはボールを転がすクラブだからロフトは少ない方が良いと思われがちですが、それは大きな勘違いです。例えば、ロフト0度のパター。床の上や練習用パターマットならば0度でも問題ありませんが、ゴルフ場のグリーンで使う場合、0度のパターは方向性、距離感が安定しません。グリーン上のボールは芝の上に浮いているように見えますが、実際はボールの重みで少し沈んでいます。このためロフト0度だと、グリーン表面の凸凹の影響を受けて、打ち出し直後に跳ねやすくなります。グリーン上では、ロフトが少しあった方が打ち出しでボールが芝の上に浮き、その分だけ転がりが良くなるのです。

 そしてロフトについて説明を加えると、冬場の凍ったグリーンではロフトが多い方がスムーズに転がり、距離感、方向性も良くなります。夏場に比べると、凍った冬場は霜の影響でグリーン上の凸凹が大きい。ロフトが多ければ、アイアンでランニングアプローチを打った時のように少しキャリーが出ます。結果、打ち出し直後に凸凹の影響を減らせる分だけ、スムーズにボールが転がります。対して、冬場にロフトが少ないパターだと、打ち出し直後に凸凹の影響を強く受ける分だけ、転がりが不安定になってしまいます。

 確実に決めたいショートパットで、打った直後にボールが思わぬ方向にブレてしまう。凍ったグリーンでこの手の経験があるならば、パターのロフトを増やしましょう。ロフトが6度以上のパターを使えば、冬場でも転がりの良いパットが打ちやすくなります。

パターをショップで試打する時は距離感を入念にチェックすべし

パターをショップで試打する時は距離感を入念にチェックすべし

パターをショップで試打する時は距離感を入念にチェックすべし


 グリーン上のパッティング。ショートを繰り返したら、今度は強く打ちすぎてオーバーのミスをしでかす‥‥

 改めて説明するまでもありませんが、ドライバーと違ってパターは飛ばすクラブではありません。20メートル以上の距離を打ったりもしますが、パターで求められるのは飛びよりも距離感。5メートルのパットでも、10メートルのパットでも距離感が良ければ3パットを減らせるだけでなく、1パットの確率も上がってくるからです。

 では、どんなパターを使えば距離感が良くなるのか?

 パターメーカーの多くは、「転がりの良さ」をアピールしています。転がりが悪いとボールはカップまで届かない。転がりが良ければ、球足が伸びてカップインする確率が上がるという論理です。確かに、転がらないよりは転がってくれた方が、物理的にはショートのミスを減らせます。しかし、ゴルファーが使う場合、「転がりが良い=距離感が良くなる」とは限りません。自分がイメージしたよりも転がるパターを使うと、今度はオーバーのミスが怖くなる。結果、転がりが良すぎるパターだとインパクトが緩みやすくなって、距離感を合わせづらくなるのです。

 もし、距離感が悪くて3パットを連発しているのならば、「自分が打ちたい距離」を打ちやすいパターを選んで下さい。選ぶ方法は簡単です。ゴルフショップでパターを試打する時、ボールをカップインさせるのではなく、カップの手前ギリギリに止める。例えば、カップまで2メートルならば、1メートル99センチの所にボールを止めることをやってみて下さい。
 ボールをカップインさせてしまえば、どれだけ転がったを正確に把握できません。他方、カップの手前ギリギリに止めようとすれば、自分が打ちたい距離(自分のイメージ)と実際に転がった距離とのギャップを正確にチェックできます。入る、入らないにこだわるよりも、この方が距離感が良くなるパターを手に入れやすくなるのです。

 ゴルフクラブは試打して買うのが当たり前になりましたが、パターを試打する時は「入る、入らない」よりも転がる距離をチェックして下さい。打ちたい距離が打ちやすいパターを選べば、インパクトで余計な細工が入りづらくなり、距離感も確実に良くなってくるでしょう。

短いパットをショートしがちな人はヘッドが軽いパターを使おう

短いパットをショートしがちな人はヘッドが軽いパターを使おう

 ドライバーほどではありませんが、昔と今のパターを比べてみると、まず目につくのがヘッドの大きさでしょう

短いパットをショートしがちな人はヘッドが軽いパターを使おう

短いパットをショートしがちな人はヘッドが軽いパターを使おう

。ネオマレットに代表されるように、今どきのパターはヘッドが大ぶりです。ピン型にしても、昔に比べるとヘッドが一回り大きくなっています。もうひとつの変化量が大きいのがヘッド重量でしょう。市販パターの多くは20年前よりもヘッドが重くなり、バランスも重めです。かつては310~330gでしたが、最近はヘッド重量が340~360gが普通になってきました。

 さて、このヘッド重量。パターもヘッドが重い方が反発が上がって転がりが良くなります。そして、重さはストロークにも影響が出ます。ヘッドが重い方がパターを動かしづらくなる分だけ「ゆったり」としたテンポでストロークがしやすい。グリーンが速い場合、ゆったりストロークした方が距離感が合いやすいことから、パターのヘッドが重くなっているのです。

 ただし、重いヘッドはメリットばかりではありません。デメリットもあって、ゴルファーがその重さに慣れてくると、インパクトが緩む場合があります。ヘッドが重いとボールが転がり過ぎるのが分かるために、無意識の内にオーバーのミスが怖くなってくる。結果、1~2メートルのショートパットや、上りの短いパットでショートしやすい人の場合、インパクトが緩むのが原因でボールがカップ手前で止まってしまうのです。また、テークバックをちゃんと取っているのにショートしやすい人も、インパクトが緩んでいると思って間違いないでしょう。

 人によって重いヘッドがあう人、軽いヘッドがあう人がいますが、軽いヘッド、軽いバランスのパターを使った方がインパクトが緩むミスを軽減できます。重いヘッドとは逆に、軽いヘッドはボールが転がり過ぎません。自分でしっかり打たないとイメージ通りの距離が出ないのが分かるから、無意識にしっかり打とうとします。インパクトが緩むミスも出づらくなります。意外と思うかも知れませんが、パターは軽い方がショートのミスを減らせるのです。
パターに何を求めるのか? それによってパターヘッドの適正重量は変わってくるのです。