カテゴリー別アーカイブ: パターの真実

ショートパットでビビりやすい人はストロークバランスのパターを使ってみよう

ショートパットでビビりやすい人はストロークバランスのパターを使ってみよう

ショートパットでビビりやすい人はストロークバランスのパターを使ってみよう

ショートパットでビビりやすい人はストロークバランスのパターを使ってみよう


 ロングパットはそこそこ寄ってくれるのに、ショートパットが上手く決まらない。いい感じで打つとカップに届かないことも多々ある‥‥。ショートパットは距離よりも方向性が大事だと言われてますが、アマチュアの場合、ショートのミスも目立ちます。短い距離を左に引っかけやすい人の場合も、インパクトが緩んで打ち切れてない場合が多いです。

 では、どんなパターを使えばショートパットをしっかり打てるのか? 左に引っかけるミスを減らせるのか?

 ミスに強いパターという意味でお勧めしたいのは大型マレットです。ヘッドが大きい方がスイートエリアが広く、芯を外しても方向性が安定します。加えて、大型マレットは構造上、重心が深い。深重心になっているほどフォローを出しやすく、直進性のいいパットが打てます。プロの間でも大型マレットが人気あるのは、クラブがミスを減らしてくれるからです。

 そして、市販の大型マレットには2種類のタイプがあります。

 ひとつはシャフトをフリーにした時、フェースが真上を向くフェースバランス。こちらはシャフト延長線よりも後方に重心があります。重心が後ろにあるのでフォローを出しやすいメリットがありますが、反面、インパクトで手元が緩むとヘッドだけ動かすミスが出ます。フェースバランスはシャフトと重心がズレているため、プレッシャーがかかるとヘッドだけを動かしたくなるからです。こうなると、ショートパットが打ち切れなかったり、左に引っかかりやすくなります。

 もうひとつはシャフトをフリーにした時、フェースが目標を向くストロークバランス。こちらはシャフトの延長線上に重心があります。このため、
フェースバランスに比べると、シャフトとヘッドを平行移動させやすい。ヘッドだけ動かす感じになりにくいので、ショートパットの時でもインパクトが緩みづらく、しっかり打てるメリットがあります。また、ハンドファーストに打つことを求める形状なので、インパクトでフェースが被りづらい分だけ、引っかけのミスも減らせます。

 重心の深いパターが上手く使いこなせない人は、ぜひともストロークバランスのパターを試してみて下さい。シャフトの延長線に重心があると、シャフト(手元)がスムーズに動き、短いパットも緩まないでしっかり打てるようになるでしょう。

パットの距離感が悪い人は音にもこだわってパターを選ぼう

パットの距離感が悪い人は音にもこだわってパターを選ぼう

パットの距離感が悪い人は音にもこだわってパターを選ぼう

パットの距離感が悪い人は音にもこだわってパターを選ぼう


 パターを選ぶポイントはいくつかありますが、最近注目されているのが打ち方とヘッド形状のマッチングです。シャフトをフリーな状態で支えた時、フェースが空を向くパター(フェースバランス)はストレートな軌道で打つ人と相性が良く、フェースが空を向かない(非フェースバランス)パターはショット同様、パットでも円軌道で打つ人と相性が良いと言われています。確かにその通りで、自分の打ち方にマッチしたパターを選んだ方がストロークが安定し、方向性が良くなります。

 では、パターのどこにこだわれば距離感が良くなるのか?

 こだわりたいのはインパクト音です。ゴルファーは距離感を体に覚え込ませる時の手段として、音とボールが転がる距離の因果関係を築こうとします。「これぐらいの音ならば、3メートル転がる」という感じです。高音が出た方が音と距離が一致するならば、高い音が出るパターを選ぶ。低音の方が距離が一致するならば、低い音が出るパターを選びましょう。インパクト音と実際が転がる距離との間にギャップが出にくいパターを選べば距離感に迷いが生じません。インパクトでパンチが入ったり、グリップが緩む等のミスも減らせます。

 インパクト音の違いが分かりづらいならば、目を閉じてパットを打つのもいいでしょう。視覚を遮断すると聴覚の感度がアップします。これでインパクト音を聞き、音とボールが転がる距離が一致しているかどうかチェックすればいいのです。たかが音と思うかも知れませんが、パターを打ち比べれば分かります。音とボールが転がる距離が一致していないと距離感が合せづらいし、インパクトで余計な細工も入りやすくなるのです。

 ちなみに、ショート癖がある人はインパクト音が鈍かったり、低音のパターがお勧めです。低音系はボールが球足が伸びない感じになるので、しっかりヒットしたくなります。対して、オーバー癖がある人はインパクト音が高音のパターがお勧めです。高音系は弾く感じが強くなり、その結果としてインパクトで余計なパンチが入りるのを防止できます。

 インパクト音はパターのフェース面素材だけでなくボールによっても少し変わります。購入候補パターを試打する時は、普段使っているのと同じボールで打つことも大事なポイントです。

パットを右に外しやすいなら、パターはロフト多め!

パットを右に外しやすいなら、パターはロフト多め!

パットを右に外しやすいなら、パターはロフト多め!

パットを右に外しやすいなら、パターはロフト多め!


 パターはボールを転がすためのクラブ。ボールを上げる必要がないことを考えると、ロフト0度が理想‥‥
 そう考えるゴルファーが少なからずいます。確かに、エネルギー効率を考えるとロフト0度が理想です。

 しかしロフト0度のパターは、決して理想のパターではありません。パターマットや硬い床のならばロフト0度でも問題ありません。ボールが完全に浮いているからです。しかし、グリーン上でボールは芝に少し沈んでいます。このため、打ち出し直後にボールを少し浮かせる必要があり、それにはロフトが不可欠。パターもロフトが適度にあってキャリーを少し出した方が転がりがスムーズになるし、方向性も安定してくるのです。

 では、パターのロフトは何度ぐらいあればいいのか?
 グリーンの状態、打ち方によっても変わってきますが、ひとつの目安となるのがミスの傾向です。例えば、いい感じで打った時に右に外すミスが多いならば、ロフトが少し多めのパターをお勧めします。他のクラブ同様、パターでもロフトが多くなるとつかまりが良くなって右へ外すミスを軽減できます。具体的には5~6度ぐらいがいいです。
 他方、カップの左に外しやすい人はロフトが少なめのパターがお勧め。ロフトが少ない方が捕まりづらくなる分だけ、道具(クラブ)で引っかけのミスを軽減できます。具体的には3度前後がいいでしょう。

 ちなみにパターの場合、ロフトがあってもバックスピンはほとんどかかりません。ヘッドスピードが遅いのと、ロフト6度ぐらいまでならインパクト時の摩擦エネルギーが小さいからです。
 ドライバーを選ぶ時同様、パターもロフトにこだわって道具(クラブ)を選んで下さい。ロフトはパターに表記されていますが、自分の目でも簡単にチェックできます。シャフトを垂直にして構えた時、フェース面がしっかり見える場合はロフトが多め。反対にフェース面があまり見えず絶壁のような感じに見えるほど、ロフトが少なめです。
 
 たかがロフト、されどロフト。パットの方向性に悩んでいるならば、ロフトにこだわってパターを選んでみるのもクレバーな選択だと思います。

パッティングが、入る入らないはロフト角も重要

 パターはボールを転がすためのクラブ。ボールを上げる必要がないことを考えると、ロフト0度が理想‥‥
 そう考えるゴルファーが少なからずいます。確かに、エネルギー効率を考えるとロフト0度が理想です。

 しかし、ロフト0度のパターは、決して理想のパターではありません。パターマットや硬い床のならばロフト0度でも問題ありません。ボールが完全に浮いているからです。しかし、グリーン上でボールは芝に少し沈んでいます。このため、打ち出し直後にボールを少し浮かせる必要があり、それにはロフトが不可欠。パターもロフトが適度にあってキャリーを少し出した方が転がりがスムーズになるし、方向性も安定してくるのです。

 では、パターのロフトは何度ぐらいあればいいのか?
 グリーンの状態、打ち方によっても変わってきますが、ひとつの目安となるのがミスの傾向です。例えば、いい感じで打った時に右に外すミスが多いならば、ロフトが少し多めのパターをお勧めします。他のクラブ同様、パターでもロフトが多くなると捕まりが良くなって右へ外すミスを軽減できます。具体的には5〜6度ぐらいがいいです。

 他方、カップの左に外しやすい人はロフトが少なめのパターがお勧め。ロフトが少ない方が捕まりづらくなる分だけ、道具(クラブ)で引っかけのミスを軽減できます。具体的には3度前後がいいでしょう。
 ちなみにパターの場合、ロフトがあってもバックスピンはほとんどかかりません。ヘッドスピードが遅いのと、ロフト6度ぐらいまでならインパクト時の摩擦エネルギーが小さいからです。

 ドライバーを選ぶ時同様、パターもロフトにこだわって道具(クラブ)を選んで下さい。ロフトはパターに表記されていますが、自分の目でも簡単にチェックできます。シャフトを垂直にして構えた時、フェース面がしっかり見える場合はロフトが多め。反対にフェース面があまり見えず絶壁のような感じに見えるほど、ロフトが少なめです。
 たかがロフト、されどロフト。パットの方向性に悩んでいるならば、ロフトにこだわってパターを選んでみるべきです。

ショートパットが苦手なら、大型のネオマレット型パターを使おう

手首を使い過ぎて引っかける人はシャフトが左から入っているパターを選ぼう

 
 あの3パットが無ければ、あの1メートルを外さなければベストスコアを更新できたのに‥‥
 いくらショットが良くてもパットが決まらないとスコアは良くなりません。逆に、ショットが少々乱れてもパットが上手く決まれば、良いスコアを出せてしまうのがゴルフです。そして、パットの中でもスコアを左右するのは2メートル以内のショートパットです。

 では、どんなパターを使えばショートパットのミスを減らせるのか?
 ショートパットを外す場合、その多くは距離感よりも方向性の狂いです。そして、方向性が狂う最大の原因はミスヒット。芯を外すとインパクトの衝撃でヘッドが左右にブレます。結果、ヘッドが左右にブレた分だけ、ボールが飛び出す方向も左右にブレるのです。
K
 ドライバー同様、パターもヘッドが大きいほど方向性のミスを減らせます。ヘッドが大きいほど慣性モーメントが大きくなって、芯を外して打った時にヘッドがブレにくく、それが方向安定性につながるからです。パターメーカーもそのメリットを分かっているから、最近は常識外れな超大型パターを次々と市販化しているわけです。

 そして、方向性を安定させる上で注目したいのがグリップの太さ。最近は太さのバリエーションが増え、中には缶ジュースぐらいある極太グリップも市販されています。一般には、グリップが太くなるほ手首が余計な動きをしづらくなって、ストロークが安定します。
 グリップが太くなるほど繊細なフィーリングが出しづらくなりますが、反面、手首の余計な動きを減らせる分だけ、押し出しや引っかけのミスを減らせます。この極太グリップは、・J・チョイなど、ツアープロにも使用者が結構います。手首を使い過ぎてしまう人には、試してみる価値が大いにあるでしょう。

 ショートパットはメンタル面の影響も大きいですが、道具が助けてくれるのが分かっていれば、プレッシャーを確実に軽減できます。また、入る確率が上がってくれば、ストロークにも迷いがなくなって自信を持って打っていけます。ショートパットに苦労している人は、超大型パターを積極的に試してみることを強くお勧めします。

パットをショートしやすい人は、打感がソフトなパターを選ぼう

樹脂インサートなら打感はソフト

樹脂インサートなら打感はソフト

 自分ではいい感じで打ったつもりなのに、狙いすましたようにボールはカップ手前の淵に止まってしまう‥‥
 パットでショートすることが多い場合、打感が硬くて球足が伸びるパターと、打感がソフトで球足が伸びづらいパターとでは、どちらを選んだ方がいいのか? 物理的に考えれば、転がりが良いパターの方がカップインの確率を上げられます。同じ力加減で打った時、転がってくれた方が「あと一転がり」が期待できるからです。だからでしょう。クラブメーカーもパターの謳い文句に「転がりの良さ」をアピールしている場合が少なくありません。

 しかし、この常識はゴルファーには当てはまるとは限りません。ショート癖を減らしたいと思っているならば、打感がソフトなパター、球足が伸び過ぎないパターを選ぶことをお勧めします。
 理由を簡単に説明しましょう。打感がソフトで転がり過ぎないパターは、インパクト音が控えめです。そしてボールを打った時に手に伝わる振動も少なめ。このため、いつも感じでストロークすると「ボールがカップに届かない‥‥」という感じになり、しっかりヒットしたくなります。加えて、強めに打ってもオーバーの心配がありません。結果、ショートしたくない気持ちが強くなって、インパクトが緩まない分だけショートしづらくなるのです。

 他方、フェースの弾きがいいパター、球足が妙に伸びてくるパターの場合、最初の内は「球足が伸びて」カップに届く確率がアップします。しかしイメージよりもスーッと転がるパターの場合、「転がり過ぎてオーバーするのでは?」という感覚が芽生えてきます。そうなると‥‥オーバーするのが恐くなる分だけインパクトが緩み、かえってショートのミスが出やすくなってくるのです。
 大事なことなので繰り返しますが、ショートしやすい人はインパクトが緩んでいます(オーバーするのが恐くて)。なので、その恐怖心を克服するにはオーバーしづらい(打感がソフトで転がりづらい)パターを使った方が、インパクトが緩むミスを克服できるし、カップに届くパットを打っていけるのです。このゴルファー心理を上手く利用した方が、パットの距離感は確実に良くなってくるでしょう。