シャフトの真実」カテゴリーアーカイブ

スライサーは低トルク、フッカーは高トルクを選べば方向性が安定してくる

スライサーは低トルク、フッカーは高トルクを選べば方向性が安定してくる

スライサーは低トルク、フッカーは高トルクを選べば方向性が安定してくる

スライサーは低トルク、フッカーは高トルクを選べば方向性が安定してくる

「このシャフトはつかまりがいい」「あのシャフトは叩いても引っかからないんだよねぇ」

シャフト性能を評価する要素の一つにつかまり具合があります。スライサーにとっては「つかまるシャフト」を使った方が曲がりを軽減できますし、フッカーにとっては「つかまりづらいシャフト」を使った方が曲がりを軽減できるからです。そして、シャフトで曲がりを軽減できれば飛距離アップも狙えます。

では、シャフトのどのスペックがつかまり具合に影響が出るのでしょうか?

球筋に影響が強いのは、シャフト先端側の剛性です。先端が軟らかいほどインパクトゾーンでヘッドが返りやすく、先端が硬いほどヘッドが返りづらくなります。言い換えると、つかまりをアピールしているシャフトは、先端側が軟らかく作られています。

もうひとつのポイントはトルクです。トルクとはシャフトのねじれ具合を数値化したもので、車に例えるならば、ハンドルの遊び具合を表現したようなもの。トルクが少ないシャフトはスイング中、フェースが開く方向にシャフトがねじれづらい特性があります。アウトサイド・インの軌道でスライスを打つゴルファーの場合、トルクが少ないシャフトの方が、フェースの開きが抑えられ、つかまった球が打ちやすいでしょう。

他方、トルクが多いシャフトはねじれるために、ダウンからインパクトにかけてフェースが開きやすくなります。車に例えるとハンドルの遊びが大きい。結果、トルクが少ないシャフトに比べるとつかまりづらくなります。インサイド・アウト軌道でフックを打つゴルファーの場合、引っかけやチーピンを減らせるメリットの他に、切り返しでシャフトが軟らかく感じられるので、力みを防止できる利点もあります。

トルクについてはシャフトに表示されていることが多いですが、グリップとヘッドを持ってねじってみると、トルクの大小を確かめられます。ねじってみてグニャリとシャフトが動けば「トルク多め」、シャフトがねじれにくければ、「トルク少なめ」です。

最近はトルク値を自在に選べるシャフトも登場しました。球筋を改善させたい人には、リシャフト効果が期待できるシャフトです。

シャフトの調子は弾道の高さと密接な関係がある

シャフトの調子は弾道の高さと密接な関係がある

シャフトの調子は弾道の高さと密接な関係がある


高弾道を打ちたいならば先調子、抑えた球を打ちたいならば元調子のシャフトを選ぼう

長さ、重さ、そして硬さ。リシャフト(シャフト交換)する上でこの3つが決まったら、次にチェックしたいのが調子です。

調子(キックポイント)はシャフトが主にしなる部分を表したもので、先調子と元調子とではシャフトのしなり方が全然違います。一般に、先調子は手元側が硬めで先のしなりが大きい(軟らかい)シャフト。元調子は先端側が硬めで手元側がしなる(軟らかい)シャフトです。そして、中調子は中間部分のしなりを感じやすくなってます。

さて、このシャフトの調子。選ぶポイントはふたつあり、ひとつはダウンスイングのタイプ。トップからダウンの切り返しでコックがほどけやすい人は元調子、コックをキープしている人は先調子がお勧め。前者は元調子の方がコックがほどけてもシャフトがタメを作ってくれます。後者は手元がしっかりしている方がクラブの軌道をコントロールしやすく、タイミング良く振り切れるからです。

ヘッドスピードが思うように上がらない人は(40m/s未満)ならば、迷わず元調子を選んで下さい。ヘッドスピードが遅い人は、自覚がなくてもコックが早くほどけているからです。

2つめのポイントは弾道です。先調子は球が上がりやすく、捕まりも良くなってきます。先端側が軟らかいほど、インパクトでヘッドが上向きに動き、そしてヘッドが返りやすくなるからです。他方、元調子は抑えた球が打ちやすく、捕まり過ぎを軽減できます。先端側が硬くなるほどインパクトゾーンでヘッドが上向きに動きづらく、ヘッドが返りづらくなってくるからです。今よりも高弾道を打ちたいならば先調子、風に負けない抑えた球を打ちたいならば元調子のシャフトをお勧めします。

シャフトの中にはダブルキックポイントと呼ばれるシャフトもあって、これはしなりポイントが手元と先にあるシャフトです。このタイプは切り返しで手元側がしなり、インパクトゾーンでは先が大きくしなるシャフト。スイング中、シャフトの動きが大きいのが特徴で、切り返しでコックが早くほどけてしまうスライサーや、ヘッドスピードが遅めで高い球を打ちたいゴルファーと相性が良いシャフトです。

ドライバーをリシャフトする時は シャフト接着寸にも注意すべし

ドライバーをリシャフトする時は シャフト接着寸にも注意すべし

ドライバーをリシャフトする時は シャフト接着寸にも注意すべし

ドライバーをリシャフトする時は シャフト接着寸にも注意すべし

 メーカーの純正シャフトが装着されたドライバーというのは、洋服に例えるならば吊しのスーツと同じです。どんなゴルファーにも扱いやすいシャフトが装着されています。対して、メーカー純正ではなくてリシャフト用のシャフトを装着すると、吊しのスーツではなく、オーダーメイドされたスーツに変身します。モデルによって異なりますが、ドライバー用だとリシャフトに必要なコストは1本2万円から6万円ぐらいです。

 さて、このリシャフト。買ってから試すのではなく、試してから購入することをお勧めします。大型ゴルフショップや練習場での試打会に行けば、クラブ同様、リシャフト用シャフトを試打できます。インターネットで「ゴルフ、シャフト」検索すれば、どこで試打できるチェックできます。そして、試打の時にこだわりたいのが最初の1発目。アイアンでウォームアップしたら、試打シャフトに持ち替えます。そして、素振りをしてから実際に打つ。1球ににチョロ、2球目に引っかけが出るようなシャフトは相性が悪いので手を出さない方が良いでしょう。1発目でちゃんと芯に当たって、曲がりも少ない弾道で飛距離が出るシャフトこそが、自分にとって相性が良いシャフトです。

 気に入ったシャフトが決まったら、次に必ずスタッフの人にシャフトの接着寸を聞いて下さい。接着寸とはシャフトの先端をどれぐらいヘッドに入れているかの寸法で、これがヘッドによって異なるからです。具体的に言うと、接着寸は30~55ミリぐらいと幅があり、この接着寸が異なると、同じシャフトでもしなり感、振り心地が微妙に異なります。接着寸が短くなるほど先端のしなりが大きくなって、振った時にシャフトが軟らかく感じます。対して、接着寸が長くなるほど先端のしなりが小さくなって、振った時にシャフトが硬く感じるのです。ゴルファーによって感じ方は異なりますが、5ミリ以上接着寸が異なると同じシャフトでも硬さやしなりのフィーリングが違ってくるのです。シャフトというのは先端の細いところが一番しなるので、最も細い先端部分の影響が一番大きいのです。専門的に言うと、接着寸が変わってくるとシャフトの先端剛性値が変ってしまうのです。

 試打した時にいい感じだと思ったシャフトでも、接着寸が異なるとシャフトは同じ性能を引き出せません。試打したシャフトと同じフィーリングを求めるならば、シャフトの接着寸を合せる。これがリシャフトにおける極めて重要なポイントです。

ドライバーをリシャフトする時は純正よりもワンランク軟らかくすべし

ドライバーをリシャフトする時は純正よりもワンランク軟らかくすべし

ドライバーをリシャフトする時は純正よりもワンランク軟らかくすべし

ドライバーをリシャフトする時は純正よりもワンランク軟らかくすべし


 ツアープロやトップアマの影響もあるのでしょう。最近はアベレージゴルファーの間でもリシャフトする人が増えてきました。リシャフトとは、使っているクラブの純正シャフトを抜き、シャフトメーカーが独自に発売しているシャフトに差し替えることです。メーカー、モデルによって異なりますが、ドライバー用だとリシャフトに必要なコストは1本2万円から6万円ぐらいです。

 さて、このリシャフト。純正シャフトに比べると、シャフトメーカーのシャフトはバリエーションが豊富です。重さ、硬さを選べるのはもちろんのこと、素材にこだわったシャフトや調子(キックポイント)も色々選ぶことができます。純正シャフトが万人向けだとすれば、リシャフト用のシャフトは個性的なシャフトが多いです。

 では、どんなシャフトを選べば飛距離と方向性を安定させられるのか?

 例えば、ドライバー。軽くて手打ちになりやすいならば今よりも10gほど重くするといいでしょう。対して、46インチ以上の長尺で飛距離アップを狙うならば、今よりも5~10gほど軽くするといいでしょう。長くした時はシャフトを少し軽くしないと振りづらくなるからです。硬さについては注意が必要です。リシャフト用シャフトは、純正シャフトに比べると総じて硬めです。例えば、ドライバーで純正のSの硬さがちょうど良い人ならば、リシャフト用はSRかRをチョイスして下さい。今どきの純正シャフトはヘッドスピードが43m/s前後の人にちょうど良い硬さになっていますが、リシャフト用のSはそこまで軟弱ではありません。昔の今も45m/s以上の人が使いやすい用に作られているからです。

 シャフトの性能がどんなに良くても、重さと硬さが自分にマッチしていないと、シャフトの性能を引き出せないだけでなく、スイングに悪影響が出ます。特に、自分のパワーよりも硬いシャフトを使ってしまうと、打ち急いだり、切り返しで力んでアウトサイド・イン軌道になって、引っかけやコスリ球のミスが出やすくなります。シャフトの硬さ表記には基準がありません。特にメーカーの純正シャフトはゴルファーの高齢化に合せて、年々、軟弱化の傾向にあります。リシャフトを成功させるには、くれぐれも硬さを間違えないように注意してください。

弾道が不安定なゴルファーはシャフトのトルクは多めの方が良い

弾道が不安定なゴルファーはシャフトのトルクは多めの方が良い

弾道が不安定なゴルファーはシャフトのトルクは多めの方が良い

弾道が不安定なゴルファーはシャフトのトルクは多めの方が良い

 ドライバーを購入する場合、ヘッドと同じくらいこだわりたいのがシャフトです。クラブメーカーによって装着されるシャフトはそれぞれ異なり、重さ、硬さ、調子、そしてねじれ具合を数値化したトルクがシャフトに表記されています。

 では、どんなシャフトを選べば飛距離と方向性を手に入れることができるのか?

 いくつかポイントがありますが、アマチュアの間で勘違いしがちなのがトルク(ねじれ)です。アマチュアの中にはシャフトのトルクは少ない方が「性能が良くて曲がりが少ない」と思っている人がいますが、これは大きな勘違いです。例えば「9.5度と10.5度」という風にロフト違いのヘッドが選べるのが当たり前でした。それがここにきて新しいタイプのドライバーが出始めています。ヘッドは一種類だけ。ロフトは可変機能を利用することで、ゴルファー自身が自由に設定できるドライバーが登場しています。モデルによっても異なりますが、ロフトを3~4度ぐらい調整できます。さて、この可変ロフトのドライバー。このタイプはシャフト先端に装着されたカートリッジに角度が付いています。そして、そのカートリッジやシャフトの向きを回転させることでシャフトの装着角度を変え、ロフトを「増やしたり、減らしたり」しています。

 では、可変ロフトの能付ドライバーは、従来のドライバーよりも圧倒的なメリットがあるのか?

 今のところ、メリットばかりではありません。ロフト調整機能が付いていると言っても、ソールに対してロフト角が変わっていないからです。具体的に言うと、多くのモデルはロフトを減らす方向に調整するとフェースは右を向き、ロフトを増やす方向に調整するとフェースが左を向く。このため、ロフトを減らす方向に調整すると「捕まりが悪くなり」、ロフトを増やす方向に調整すると「捕まりる度合いが増して」くるのです。要するに、ロフトを変えると、それに連動して捕まり具合も変わってしまいます。その結果、ロフトを減らすとフェードが打ちやすくなる反面、ドローが打ちづらくなる。ロフトを増やすとドローが打ちやすくなる反面、フェードが打ちづらくなってしまう特性があるのです。

 可変ロフトのドライバーは非常に魅力的ですが、スライサーの場合はロフトを減らす方向に調整するとフェースが開いた状態になるためスライスが助長されるリスクが増します。対して、フッカーがロフトを増やす方向に調整するとフェースが閉じた状態になるため引っかけが助長されるリスクが増します。スライサーは標準ポジションよりもロフトを増やす方向に調整するのはOKですが、ロフトを減らす調整すると弾道をコントロールしづらくなるります。逆もしかり、フッカーはロフトを減らす方向に調整するのはOKですが、ロフトを増やす方向に調整するとイメージ通りの弾道が打ちづらくなるでしょう。

寒い時はヘッドとシャフトに鉛を5gずつ貼るといい

寒い時はヘッドとシャフトに鉛を5gずつ貼るといい

寒い時はヘッドとシャフトに鉛を5gずつ貼るといい


 機能下着や高機能なアウターが増えてきたとはいえ、夏場に比べると冬場は厚着でゴルフをすることになります。このためドライバーは右へのプッシュアウト、アイアンは左に引っかけやすくなります。寒さと厚着で体が動かしづらくなるとテークバックが浅くなり、打ち急いで軌道がアウトサイド・インになりやすいからです。加えて、寒くなるほどシャフトのしなりを感じづらくなるので、手打ちのミスも出やすくなります。

 では、どんなクラブを使えば冬場のミスを減らせるのか?

 体が動きづらい状況下では、夏場よりも少し重いクラブ、そして軟らかめのシャフトをお勧めします。重い方がクラブの重さを利用できます。クラブの重さに引っ張れる分だけテークバックを大きく取れるからです。体が硬い人はクラブが重くなるだけで、打ち急ぎのミスを減らせます。普段使っているクラブも、ちょっとしたチューニングを施すと冬仕様になります。例えば、冬場にアイアンを打ち急いで引っかけやすい場合は、フェースの裏側に鉛を5g前後、シャフトの付け根部分にも鉛を5~10gぐらい張って下さい。これでクラブが少し重くなって、バランスも3ポイント前後増してきます。その結果、従来よりもテークバックがしっかり取れます。鉛でヘッドが効いた分だけシャフトがしなりやすくなって、タイミング良く切り返せるようになります。たかが10gと思うかも知れませんが、10g重くするだけで振り心地はガラッと変わるのです。対して、冬場にクラブを軽くするのは逆効果。軽くなるほどテークバックが浅くなり、打ち急ぎのミスが出やすくなります。

 ゴルフショップは年中エアコンが効いてますから、試打する時は全然寒くありません。もし、冬用のクラブを購入するつもりならば、まずは試打する時に、実際にゴルフする時と同じぐらい厚着して下さい。そして厚着しててもトップが浅くならない重さのクラブ、シャフトのしなりを感じ取りやすいクラブを選ぶ。衣類同様、ゴルフクラブも季節に応じて適したモノが変わるのです。

シャフトの硬さはヘッドスピードだけで決めるのは禁物

シャフトの硬さはヘッドスピードだけで決めるのは禁物

シャフトの硬さはヘッドスピードだけで決めるのは禁物


 軟らかいシャフトよりも硬いシャフトの方が、ヘッドスピードも上がって方向性も安定する‥‥ アマチュアの多くは、シャフトは「硬い方が飛ぶ」「硬い方が曲がらない」と思っている人が少なくありません。ゴルフショップのスタッフに話を伺っても、RかSで迷った時はSを購入する人が多いそうです。

 さて、このシャフトの硬さ。パワーがあってヘッドスピードが速い人は「重くて、硬い」シャフトが向き、非力でヘッドスピードが遅めの人には「軽くて、軟らかい」シャフトが向きます。前者はシャフトをしならせるには大きな力が必要で、後者は小さい力でもシャフトがしなってくれるからです。ただし、硬さについては例外もあります。ヘッドスピードが速くても、トップからダウンの切り返しで手首のコックがほどけたり、力んでアウトサイド・インのカット打ちなっている人は、硬いシャフトを使わないで下さい。パワーがある人ならば、ドライバーのシャフト重量は60~70グラムで、硬さはRをお勧めします。コックがほどけやすい人の場合、軟らかい方がシャフトがタメを作ってくれます。そして、「力み」が抜けます。軟らかいシャフトの方が切り返しでシャフトがしなります。その結果、しなりを感じて「間」が作れ、ヘッドをインサイドから振り下ろせるようになるのです。

 もちろん、軟らかいシャフトにもデメリットはあります。必要以上に軟らかいシャフトを使うと、軽く振る癖がついてしまい、ヘッドスピードを上げづらくなります。トップからダウンの切り返しでコックをキープできていて、軽く振り過ぎる癖を解消したい人は「R」よりも「S」をお勧めします。硬い方が、切り返しでシャフトをしならせたくなって、いい意味で「力める」ようになるからです。

 シャフトの硬さというのは、振った時のフィーリングが異なるだけではなく、ダウンスイングの軌道にも少なからず影響を及ぼします。ヘッドスピードが速くても、タメがちゃんとできているとは限りません。タメがほどけている人は、自分がちょうど良いと感じる硬さよりも、1ランク軟らかいシャフトを使った方が、シャフトでスイングを改善できます。飛距離、方向性も安定してくるでしょう。

シャフトの硬さはヘッドスピードよりもスイングテンポで決めるべし

シャフトの硬さはヘッドスピードよりもスイングテンポで決めるべし

シャフトの硬さはヘッドスピードよりもスイングテンポで決めるべし

シャフトの硬さはヘッドスピードよりもスイングテンポで決めるべし


 ドライバーであれアイアンであれ、クラブ選びでゴルファーが悩むのがシャフトのフレックス選び(硬さ)でしょう。市販クラブの多くは軟らかい順からR、SR、S、Xという風に硬さを選べるからです。自分にちょうどいい硬さのシャフトを使えば、ヘッドスピードが効率良く上がり、なおかつ打球の方向性も安定させられます。硬さがマッチしているとタイミングが取りやすいからです。

 では、何を基準にしてシャフトの硬さを決めればいいのか?

 硬さを選ぶ場合、ヘッドスピードが基準になります。ヘッドスピードが40m/s前後ならばRシャフト、43m/s前後ならばSR、46m/s前後ならばSシャフトを基準にするといいでしょう。そして、実際に試打してみて硬さが合わないと感じたならば、ワンランク硬くしたり、ワンランク軟らかいシャフトを打ってみて下さい。打ち比べると、自分にちょうどいい硬さが分かってきます。

 そしてここからが応用編。ヘッドスピードが速くてもスイングテンポがゆっくりしている人や、切り返しがゆっくりな人は、ヘッドスピードよりもワンランク軟らかいシャフトが合います。このタイプは軟らかい方が、シャフトの挙動とダウンスイングのタイミングを合せやすいからです。逆に、ヘッドスピードがそれほど速くなくてもスイングテンポが速い人や、切り返しのタイミングがクイックな人は、ヘッドスピードよりもワンランク硬めのシャフトをお勧めします。テンポが速い人の場合は、シャフトのしなりが少ない方がタイミングが取りやすいからです。

 シャフトは硬い方が飛ぶと思っている人がいますが、必要以上に硬いシャフトを使うと、切り返しで力みが発生したり、ダウンスイングで体の開きが早くなってスイングが悪くなります。アマチュアの場合、軟らかめのシャフトを使った方が、しなりを感じやすくなる分だけ力みを防止できます。コースに出ると力み過ぎて失敗する人も、ワンランク軟らかめのシャフトをお勧めします。
 ちなみに同じ硬さのシャフトでも、メーカーやモデルが違うと硬さが異なってきます。自分に合った硬さを選ぶには、購入候補のドライバーを試打して確かめるのが一番確実な方法です。

軌道が不安定な人や ミート率が悪いゴルファーに向いているシャフトとは?

軌道が不安定な人や ミート率が悪いゴルファーに向いているシャフトとは?

軌道が不安定な人や ミート率が悪いゴルファーに向いているシャフトとは?

軌道が不安定な人や ミート率が悪いゴルファーに向いているシャフトとは?


 先調子、元調子、そして中調子。シャフトの特性を表す要素のひとつに調子(キックポイント)があります。先調子はシャフトの先端側がしなりやすく、元調子はシャフトの手元側がしなりやすくなっています。そして、先調子でも元調子にも属さないタイプは中調子と表記されています。

 さて、このシャフトの調子。最近は万人受けする中調子のシャフトが増えてきましたが、実は中調子のシャフトは2つの種類があります。ひとつは中間部分がムチのようにしなる軟らかいタイプ。もうひとつは中間部分が硬いタイプです。振った時のフィーリングは正反対。ワッグルすれば違いがすぐに分かりますが、何故かどちらも中調子と表記されます。

 では、どちらの中調子がアマチュアに向いているのか?

 シャフト中間部分の硬さはタイミングの取りやすさに影響が出ます。ダウンスイングでコックがほどけやすい人や、軌道が不安定でミート率が悪い人は、中間部分が軟らかいタイプがお勧めです。中間部分が軟らかい方がシャフトがタメを作ってくれます。この方が、ダウンスイングでシャフトのしなりを感じやすい分だけタイミングが取りやすく、軌道を安定させやすいメリットもあるのでミート率も良くなります。デメリットとしては、シャフトのしなり戻るテンポが遅いので、中間部分が硬いシャフトに比べると飛距離性能がやや劣ります。スピン量も少し多くなってきます。

 他方、中間部分が硬いシャフトのメリットは、シャフトが力強くしなり戻るので弾き感があり、飛距離性能がアップします。そして低スピン弾道が打ちやすく、風に強い弾道が打てます。デメリットとしてはシャフトがタメを作ってくれません。ダウンでしっかりタメをキープできる中上級者でないと扱いづらいし、軌道が不安定なゴルファーが使うと、インパクトのタイミングが合せづらくなります。

 シャフト選びというと硬さに目を奪われがちですが、シャフトのフィーリングは中間部分の硬さの影響が大きいです。シャフトにこだわってドライバーを選ぶならば、調子だけでなく、中間部分の硬さをチェックして下さい。ドライバーが苦手な人は、中間部分が軟らかいシャフトを選んだ方が、苦手意識を解消できるでしょう。

フレックス表記が同じでも、硬さは大きく変わる。

フレックス表記が同じでも、硬さは大きく変わる。

フレックス表記が同じでも、硬さは大きく変わる。

フレックス表記が同じでも、硬さは大きく変わる。


 昔と今のドライバーを比べた場合、まず違いを感じるのがヘッドの大きさです。10年前は体積350CCでも「デカヘッド」と言われてましたが、最近では400CCが「小ぶりなヘッド」。460CCが当たり前です。この10年で30%以上ヘッドが大きくなりました。

 次に、スペックが変わったのがシャフトの重さと硬さです。メーカーの多くはモデルチェンジごとにシャフトを軽く、軟らかく作る傾向があります。ドライバーの場合、かつては300gが軽量でしたが、今では285g以下も増えてきました。硬さについても、アベレージ向けドライバーの場合、今どきのSは10年前のRとほぼ同じ硬さです。メインユーザーである団塊世代の高齢化に対応すべく、シャフトを軽く、そして軟らかくしているのです。

 誤解されがちなのですが、シャフトの硬さについては基準はないのです。例えば、同じメーカーのドライバーでも、アベレージ向けのSの設定は軟らかく、アスリート向けのSは設定が硬めです。10年のSの振動数は260cpm前後が平均でしたが、2012年のアベレージ向けのSは235cpm前後。アスリート向けのSで250cpm前後です。このため、アベレージ向けのSはアスリート向けのRと同じか、Rよりも軟らかい場合があります。SとかRという表記を見ても「シャフトの硬さは何も分からない」というのが現状です。

 ですので、シャフトの硬さについては「自分はSでちょうど良い」と決めつけたり、「パワーが落ちたからRにする」と考えるのは、あまり好ましくありません。RとかSというのは、メーカーの中で統一基準を定めているのではなく、それぞれのモデルの中で、「硬い方がS、軟らかい方がR」ということです。

 例えば、大ヒットしているダンロップのゼクシオ。ダンロップにはアスリート向けでスリクソンがあります。ゼクシオのSとスリクソンSを比較すると、同じSとは思えないほどスリクソンのSは硬く作られています。
 今どきのドライバーはヘッドスピードが40メートルでも使いこなせるSもあれば、45メートル以上でないと使いこなせないSもあります。購入候補のドライバーが決まったら、まずはSとRを打ち比べ、自分が扱いやすい方の硬さを選んで下さい。手間がかかりますが、現状ではそれが硬さ選ぶ一番確実な方法です。