カテゴリー別アーカイブ: コースマネージメントの真実

飛ばないドライバーを使った方が、フェアウェイ生存率がUPする!

100を切り、90切りのためには現実的な設計図を描く必要があると書きました。大事なことなので繰り返します。フェアウェイキープ率とかパーオン率というのはパープレーで回る時に必要な設計図。100、90以内で回るならば、まったく無用の長物です。このレベルのゴルファーはパーオン率よりもボギーオン率を考え、ボギーオン率が8割以上を目指しましょう。

そしてボギーオン率を上げるためにを増やすためには、フェアウェイキープ率よりも大事なことがあります。ティショットで一番大事なことは最低飛距離を出すこと(ボギーオンするための)。150~170ヤードで十分です。そしてティショットで死なないこと‥‥OBや池ポチャ、林、木の根元、フェアウェイバンカーのアゴのそば等に打ち込まないことです。

死なないこと、すなはち「ティショット生存率」を80%以上を目指す。

ではどんな道具(ドライバー)を使えば、「ティショット生存率」を上げられるのか?

ポイントは2つ。

ひとつはナイスショットのミスショットの飛距離落差ができるだけ小さい道具(ドライバー)を選ぶこと。分かりやすく言えば、飛ばないドライバーがベストです。スコアメイクを考えると、10発打って1発「ぶっ飛び」するドライバーよりも、10発打って平均的に飛ぶ方が「ティショット生存率」を上げられます。

飛ばないドライバーを使えば、ゴルフの醍醐味を味わえない‥‥ティショットが人よりも飛ばないなんて面白くない‥‥

はい、面白くありません。面白いゴルフを堪能したいならばスコアアップは潔く諦めて下さい(キッパリ)。というか面白いゴルフをしようとするから、ザルで水を救うようなプレーをしてしまいスコアメイクから遠ざかるのです。ゴルフはミスのゲーム。飛ばすことが優先順位の上にくるほどスコアメイクは難しくなります(特に、100、90が切れない人は)。

もうひとつのポイントはミスをとことこカバーしてくれるドライバーを選ぶこと。例えば、スライサー。右に曲がる人は、とにかく捕まりがいいドライバーを選ぶ。具体的に言うと、「何だこりゃ」って唸るぐらいのフックフェース。そしてロフトが多め、クラブは短め、重心距離も短いタイプをお勧めします。スライスする度合いを減らせると曲がりを軽減できるだけでなく、ミスを怖がらないでスイングできる分だけ曲がりを減らせるからです。クラブ設計家の竹林隆光氏は、この手のお助け要素が強いクラブを「補助輪付きクラブ」とおっしゃってますが、まさに100、90を切るには「補助輪」が不可欠です。

「分かる=できる」と考えるのは、残念な人のゴルフ思考……。

理想のゴルフスイングは頭の中にバッチリ入っているのに、練習してもそれが全然身につかない‥‥

このハードルをクリアするための方法論を2回にわたって説明しました。ひとつはミスを怖がらないこと。わざとミスするぐらいのつもりで新しい動きを取り入れることです。

そして2つめのポイントは自分のイメージよりも「10倍」極端にやってみること。「こんなのスイングじゃない」ってぐらい極端なことをやって、ようやくビデオチェックした時、スイングの変化を少し感じ取れるようになるのです。

ではこの2つにじっくり取り組めば、予定通りスイング改造できるのでしょうか?
結論から先に言うと出来る人と、出来ない人とに分かれます。

ではその分岐点はどこにあるのか?

才能とかやる気、モチべージョンの高さも大事ですが、実はもっと大事なことがあります。それは「分かる=できる」と混同しないこと。

多くのゴルファーは頭で理解したことは、すぐに体で出来ると思いがち。正しい動き、正しい形を理解すれば、短時間でスイング修整ができるという前提で練習します。そして、そう考える人ほど‥‥頭で理解したことができないとイライラしたり、自分に腹を立ててしまう。そして、だんだん練習のモチベーションも下がってきて、挙げ句に「自分にはゴルフの才能が無い」「こんな改造は無理」なんてことも言いはじめます。この負のスパイラルに入ってしまうと、まずスイング改造は無理。残念な人になってしまいます。

他方、「分かる」と「できる」はイコールではないことをちゃんと理解している人は、スイングを直すことができます。「分かる」というのはスイング改造のゴールではなく、スタート地点。「分かった」ことを体で表現するためには、分かることと同じくらい、いやそれ以上の努力と時間を要します。これをちゃんと理解し、前述した2つのことを意識しながら練習に取り組めば、スイング改造は必ずできます。

あまり面白くない芝居を観ていると‥‥「嘘臭くて、下手くそだなぁ」「あんなの俺だって出来るよ」なんていう批評めいたことをいう観客がいます。たしかにその指摘は的を得てますが、実際に舞台に上がったら‥‥下手くそと揶揄した役者よりも絶対に上手い演技はできません。と言うよりは、素人が舞台に上がったら頭が真っ白になって、何も出来ないのがオチです。それぐらい「分かる」と「出来る」は天と地ほど離れているのです。

ゴルフもしかり。「分かる」だけでは何も手に入りません。上達のプロセスは「分からない」から「分かる」。これがスタート。そして「分かる」から「できる」ようになるための地味な努力を繰り返す。「分かる」と「できる」ことは違うこと理解した人だけが、スイングを直すことができるのです。

役者もゴルファーも未熟な人ほど、壮大な設計図を描いて失敗している……。

ゴルフは週に1~2回だけで体力を使い果たしますが、芝居鑑賞は週4回でも大丈夫。これだけ芝居を観ていると、当然のことながら「当たり、外れ」もありますが、外れ芝居には共通項があります。

それは、残念な芝居(外れた芝居)ほどストーリー(物語)の展開が壮大。壮大すぎて何が何だか分かりません。よく言えばプラス思考。なんでもかんでも詰め込んだ感があります。役者の方も、すごく高いところを目指そうとしている意図は窺えますが、肝心の技量がついていけず‥‥残念な演技が目立ちます。

これはゴルフに同じことが言えます。週刊パーゴルフで「残念な人のゴルフ思考法」という連載ページがありますが、スコアメイクに苦労している‥‥いわゆる残念な人ほど、「外れた芝居」と同じような思考法になっています。

例えば、パーオン率とかフェアウェイキープ率。残念な人ほど「パーオン率は5割以上」とか「フェアウェイキープ率は50%以上」、なんてことを平気で言ってきます。確かに、これが達成できれば、楽に90が切れますが‥‥この設計図は100を切るには壮大すぎます。パーオン率50%以上、フェアウェイキープ率50%以上を達成すれば‥‥プロならば楽にパープレーで回ってくるでしょう。

そうです、残念な人というのは設計図が壮大過ぎる。目指すところが高すぎるために悪いスパイラルから抜け出せず、余計にスコアメイクに苦労しているのです。

では、100を切るためにはどんな設計図を描けばいいのか?

100、そして90を切るというのが目標ならば、まずパーオン率は必要ありません。
100、90以内で回るならば、パーオン率よりもボギーオン率を考えましょう。そして、ボギーオン率が8割以上になるように心がける。そして残りの2割はダボオン率を目指す。

目標が低過ぎる?

もしそう思うならば、残念な人になる危険性大です。ボギーオン率というのはパーオンしたホールも含まれます。ボギーオン率8割ならば、いくつかのホールでパーが取れるじゃないですか。いや、取れなくても8割以上のホールがボギーならば‥‥100以上叩くことはまずありません。ボギーオンを逃したホールがダボならば、94~95で上がれます。

そして、ボギーオンを増やすためにティショットで求められるのは、フェアウェイキープではありません。ティショットで大事なことは最低飛距離を出すこと(ボギーオンするための)、そしてティショットで死なないこと‥‥OBや池ポチャ、林に打ち込んでしまわないことです。

ホールによっても異なりますが、ボギーオンするための最低距離は150~170ヤードぐらいでしょう。これだけの距離がちゃんと打てれば、大抵のホールは3打目はショートアイアンやウエッジでグリーンを狙えます。そして、ティショットで死なないことを「ティショット生存率」として数値化する。ボギーペースぐらいまでが目標ならば、「ティショット生存率」を80%に目標にしてプレーするのです。

70台でプレーするにはパーオン率やフェアウェイキープ率の高さが求められますが、ボギーペースぐらいまでが目標ならばこの2つは必要ありません。それよりも確実にボギーオン率80%以上達成すること、ティショット生存率80%以上を目標に掲げ、そして100%達成にチャレンジする。これだけで残念なゴルフ思考法から抜け出せますし、スコアメイクも格段にやさしくなってきます。