ピン」カテゴリーアーカイブ

ピン G クロスオーバー (2016)

このインプレッションは、マーク金井の有料メルマガ、「マーク金井の書かずにいられない」で2016年1月26日に配信されたものです

 

新製品は出そろった感があるが、今年に入っても新製品発表会は続いている。僕はと言えば、今年まだゴルフは一回も行っていないが、スノボは週2回のペースで通っていて、すっかりスノーボーダー。しかしクラブの試打は、ドライバーを20本以上こなし、いつもと変わらないペースだ。

 

 

先日もピンの新製品発表会があった。ピンのGシリーズがモデルチェンジ。前モデルはG30だったが、今度はただの ”G”となった。僕は、最近一番乗ってるメーカーはピンと思っているけど、このGシリーズは流石に出しすぎと思うぐらいラインナップが多い。アイアンはGアイアンのみだが、ドライバー3種類、フェアウェイウッド3種類、そしてユーティリティ2種類と言う具合だ。

 

 

というのも今までiシリーズとGシリーズがあったのだが、iシリーズはアイアンだけとなり、他は全てGシリーズに統合されたようで、ターゲット層も広くなる分モデルも増えるということだろう。今日発表されたテーラーメイドのM2、テーラーメイドもMで統一するようで、アメリカのメーカーはよりシンプルな商品構成にしようという意図を感じる。

 

 

ピンの新製品の中で、とりわけ気になったのが、Gクロスオーバーというアイアン型ユーティリティ。なんとこのユーティリティの18度でババ・ワトソンは280y飛ばしたということで話題となっている。日本ではユーティリティと呼ばれるが、海外ではハイブリッドクラブというのが一般的。意味はクロスオーバーというのとほぼ同じ意味だと思うが、ユーティリティとアイアンのクロスオーバーと言う位置づけのクラブが、Gハイブリッドだ。3番が18度、4番が21度、5番が24度と言う構成となっている。

images (4)
僕が打っても216y飛んだGクロスオーバーだが、見覚えがある形状だ。芸術やファッションの世界では、「歴史は繰り返す」と言われているが、ゴルフクラブも同じ、中空で、大型のヘッドは、プロギアのZOOMiに似ている。ZOOMiが弁証法的発展しているのが、G クロスオーバーと僕はそう見えた。ゴルフの歴史は古い、新しいクラブには、かならずベースとなるクラブがあるものだ。

 

 

クロスオーバーの特性を、表現しているのが、ババ・ワトソンがこのクラブを打っている動画だ。ターフを全くとっていないし、ソールが地面に触れてもいない。それで芯に当たるというのは、超低重心ということだろう。アイアンヘッドだと芯の上で当たると、極端に飛距離が落ちるものだが、中空構造で芯の上で売っても飛ぶのが特徴だろう。フェースの弾きもいいし、僕の予想だが、今は5番までだがもっとロフトが多い番手も発売されるのではないかと見ている

 

 
アイアンのウッド化が進んできている。僕は常々アイアンセットは7番からと予想していたが、今は少し違う。アイアンセットというのは無くなってしまって、ユーティリティセットとウエッジセットに分かれてしまうのではないかと最近思うようになってきた。このクロスオーバーが7番か8番まで作られ、それ以降はロフトの立ったウエッジで繋がる。もうアイアンはウエッジしか残らない時代がくるかもしれない。

 

 

もう一つ関心したのは、このクロスオーバーはピンらしく、カラーコードがしっかりとあり、ライ角が選べること。地面から打つクラブは、ユーティリティだろうと。ライ角は大切なのだ。残念ながら従来のハイブリッドにはカラーコードが選べないが、ピンならきっとやってくれるとこのクロスオーバーを見て思った

 

PING G15 フェアウェイウッド

このインプレッションは、2012年1月に書かれたものです
G20FWが発売されて、3月になればi20FWも発売される。一応G20FWも買った。ヘッドの色で大きく見えるのと、少しスピンが多く入るのでエースにはならなかったが、なかなかのレベルだった。フラっとつるやゴルフ神田駅前店に行くと、G15FWが信じられない価格で売っていた。14,800円表示だったが、更に値切って格安で購入

g15fw

まず気に入ったのはヘッドの色が黒いのでシャープに見える。そしてロフトが15.5度と微妙にいい。僕はクラブの本数をいかに少なくするかを考えてラウンドする。昔は、ハーフセットというのが、かなり発売されていた。メーカーもハーフセットというカテゴリーで、バッグとセットで販売していたりしていたのだけど、その時のセットは、1W、3W、3I、5I、7I、9I,SWの7本。当時14本のセッティングでもFWは一本というのが一般的だった。そうしたときに使い勝手がイイのは実は3Wよりも4W。しかし現在4Wというと、作っているのがテーラーメイドぐらいで、殆ど消えてしまっている。僕ら的には、リアルロフトが何度か?という点のが重要で、番手というのは気にしないが、リアルロフトで言うと、16~17度ぐらいのFWを入れると、3Wと5Wの代わりになり本数が減らせる。特に千葉市民ゴルフ場などの担ぎの場合重宝する。少ない本数で距離を打ち分けたりすると、イマジネーションや対応力が変わってくる。

皆さんも一度ハーフセットラウンドなど試してもらいたいところだ。G15だがロフトもいい感じだけど、ライ角もアップライト、何度も言うけど、地面から打つFWはライ角がとても重要。ネックを曲げたりできないので、FWを買う時に、こだわって欲しい。

そしてシャフトは今の時点でFWにベストだと思っている、USTMamiyaのATTAS参上。これを入れて打ってみたが、ボールも上がりやすく打感も音もいいので。気持ちよく打てる。ロフトがあるので、距離というより操作性と使い勝手重視のFW。

僕らは新製品だけじゃなくて、マークダウン品もよく購入する。モデルチェンジもどういうベクトルで変わるかは未知数。マークダウン品のがじつは良かったなんてことも少なくない。僕が利用するつるやゴルフは、外ブラのマークダウン品を豊富に仕入れているので、尚更衝動買いの機会も増える。アナライズの紹介と言うと、更に安くなるかもしれない(笑)

PING G15 15.5度+USTMamiya ATTAS 6S
———————————DATA——————————
長さ43inch/重さ332.0g/バランスD3/振動数268cpm/センター
フレックス値4.65/表示ロフト15.5度/リアルロフト15.5度/フェイス角-1.0度
——————————————————————-

ピン G15ユーティリティ(2010)

このインプレッションは、2011年11月に書かれたものです。

僕はアイアン型のUTはあまり好きではない、どちからといえばウッド型とアイアン型のUTの中間型が好きだ。アイアン型はやはりヘッドが小さいので難しく見えるから。しかしT島がPINGのG20UTがあまりに絶賛するので、興味が湧いてきた。おなじみのゴルフパラダイス新橋銀座口店で、G15UTを発見。ボクはアイアンがG15だから、同じG15。G20は新品でも安いのだが、G20はG15をライ角を2度フラットにしているのと、中古で買った方が、買取保証があるというのがその理由。同じ価格だったら中古の保証があるだけリスクヘッジがある。そう半分試打気分での購入。

g15h

いまのエースUT、白いレスキューには ATTAS HY 85のSを入れているが、このUTはALDILAのSERRANO HYBRID85のSが入っている。重さも85g台と同じぐらいな点もいい。UTのカーボンシャフトで重量がしっかりあるモデルは少ないがPINGが例外的に70~80gをラインナップしているメーカだ。

PING G15UT 20度+ALDILA SERRANO HYBRID85
———–DATA——————————–
長さ40inch/重さ365.5g/バランスD2/振動数294cpm/表示ロフト20度、リアルロフト21度/フェイス角±0度
——————————————————————-
そして今までのエース
RESCUE(11)#4 21度+UST Mamiya ATTAS HY85
——————————–DATA——————————-
長さ40inch/重さ377.0g/バランスD4/振動数294cpm/センターフレックス値5.72/表示ロフト21度、リアルロフト20.25度/フエイス角-1.5度
——————————————————————-
くらべてみると、同じ長さなのにG15のがシャフトが長く感じる。やはりアイアン型のヘッド形状は小さく見えるから、ヘッドが遠くに見える感じがする。さて試打してみると、低スピンで飛ぶ弾道。ティショットでは構えやすく安心感がある感じがするし、意外にいいかもしれない。

しかし残念ながらATTASに比べると、セラーノはグワーンとしなって、アイアンのヘッドにウッドのシャフトが入ってる感じで非常に振りにくい。そして残念ながらライ角がまだ2度ぐらいフラット、この低スピン感は捨てがたいので、17度のロフトを少しアップライトにしてティショットに特化したクラブとして使ってみたい。この20度はライが合わないので買取保証で返品したいと思う。

ピン G20フェアウェイウッド

このインプレッションは、2011年9月に書かれたものです。

1Wがイイ!なので買ったというよりも、実は新製品発表会で試打したときに、G20で一番いいのは FWだと思っていたから。値段的に定価25200円、実売は2万円切る価格だし、ヘッドの大きさに注目した。1Wが460cc時代を迎えて暫く経つというのに、FWは昔のままで、ラフからの抜けがどうのこうの?!とか気になるのかユーザー心理はよくわからないけど残念ながら変化がない。1Wに近い投影面積のFWが非常に少なくいのだ。PRGRのeggなど数えるほどしかない。

g20fw

このG20FWは、G20ドライバーとのマッチングを図っているので、投影面積でのつながりが非常にいい。そして重心距離も長め(33mm)、重心距離はどうしても構造上1Wのように長く出来無い。しかし重心距離の長めの1Wを使っているなら、FWも長めを使う方が相性がいい。僕のようなシャットフェイスだとなおさらだ。

ロフト設定だけど14度ぐらいのFWが欲しいとこだが、残念ながら3Wは15度(表示ロフト)だけしかし計測してみると、リアルロフト14.75度と扱いやすい感じ。重心高も低めで低スピンな球が打ちやすい。

シャフトだけど、実はまだリシャフトしていない。それというのも純正シャフトのSが入ったスペックが、今の僕の1Wと非常にマッチングが良いから。そもそもヘッド買いで購入、シャフトよりもヘッドのロフト、フェイス角重視だったのだけど、重さ334gと純正としては重量がしっかりあるし、硬さも振動数270cpm、センターフレックス値4.89とまさに僕のFWの黄金値。 僕にはいいけどヘッドス
ピード最低でも46m/sは欲しいスペック。なのでシャフト選びには要注意。これの純正のTOURとかは、手を出さないほうが無難だと思う。

打ってみると音が、キャロウェイのFWっぽい高めの音で非常に心地よい。とりあえずこれでラウンドしてみて、それからリシャフトすることにしようと思う。
——————————————————————-
PING G20 15度+TFC330F (S)
———————————DATA——————————
長さ42.5inch/重さ334.6g/バランスD1.5/振動数270cpm/センターフレックス値4.80/表示ロフト15度、リアルロフト14.75度/フエイス角±0度