PRGR」カテゴリーアーカイブ

PRGR インテスト (1988)

このインプレッションは2014年7月に書かれたものです

 

皆さんご存知だと思うが、僕は中古ショップ大好き人間。しょっちゅう中古ショップをチェックしている。しかし基本的に使わないクラブは買わない、使わないクラブを部屋に飾っておくクラブコレクターではない。ただ古くてもエポックメイキングなクラブが発売当時のまま売られていると、どうも欲しくなってしまう。以前ゴルフパートナー.comに一緒に登場していたゴルフパートナー日本橋室町店のカリスマ店長、F川君は、面白いクラブを仕入れてきて店頭に並べて、Facebookにアップするので、ついつい足を運んでしまう。今回買ったプロギアのインテストもそう。このクラブはユーティリティ(UT)の元祖とも言えるクラブで、ビックリするほど程度がよかった。そして完全ノーマル状態で値段が980円となれば買うしか無いだろう。インテストはLX032と言うアイアン形状と、FX042という今で言うUT形状のモデルがあるが、042は032ほど売れなかったのでかなりのレア、迷わず両方購入した。

P1070890

やはりこういう歴史的名器は、ノーマル状態がベスト。こういう資料的クラブはアナライズにしっかり保存している。SEIKO エスヤードT301や、ミズノ300Sなどどれも完全オリジナル状態だ。歴史的モデルがオリジナルを保つのに、一番問題となるのがグリップ。クルマのタイヤと同じく、通常ゴムで作られるグリップは使用していなくても、硬化したりひび割れたりするが、全くオリジナル状態を保っている。

 

1988年発売されたインテストは、竹林隆光氏が設計したクラブ。1988年と言えば、まだまだパーシモン全盛時代。若いメルマガ読者は知らないだろうが、メタルドライバーブームとちょうど同じ時期に、カーボンドライバーブーム、カーボン素材が注目されて時期があった。当時カーボンブームを引っ張っていたのがプロギアとヨネックス。1983年に設立されたプロギアは新興メーカーらしく、ゴルフ界の常識にとらわれない革新的なクラブを市場に投入していた。

 

その中でもこのインテストは異端と言える、今のUTのようなヘッド形状、素材はステンレスのソールとフレーム+カーボン、そして色はタラコのような赤茶色、グリップの色はグレーで天然ゴムを使っていない。今でこそカラーグリップは一般的にだが、素材も色も革新的だ。

P1070892

何一つ既存のものを使っていないインテストは、当初全く売れなかったが、ショートウッドもUTもなかった時代に、優しく打てるロングアイアンとして、口コミで認知度を高めていき、ツアープロも使うようになった。当時はまだ弾道計測器は無く。コンピューターで分析ができなかった時代。カーボンフェースは、カーボンだから飛ぶわけでなく、フェースをスリップさせることで、スピンを極端に減らすことが出来る。更にソールとネックを一体化したステンレスのフレームに、比重の軽いカーボンを使うことで、超低重心にして、これでもか!というぐらい低スピンを狙っている。

 

ヘッドが大きく重心距離も長めだが、グースが付いているのでボールも捕まるようになっている。当時はジャンボのMTNアイアンなど、適度なグースが付いているクラブが多く、今よりもグースネックに市民権があった。僕はヘッドが大型化した、今こそグースネックが必要だと思う。

 

今アイアンも飛距離重視の傾向が強くなっている。ヤマハのRMX UD+2やスーパーeggアイアンなど、超ストロングロフトとなっている。メルマガだから書くけど、僕も使っているP社の新しいアイアンもついにストロングロフトになった。僕がよく使う弁証法的「螺旋状の進化」ではないが、ステンレスボディにカーボンフェースのアイアンを上手くリバイバルさせたいと考えている。26年前といえば四半世紀以上前のテクノロジーだが、今でも通用するアプローチだと思う。最新のテクノロジーを加えた画期的なUTができるのではないかとワクワクしている。

 

さてインテストだが、シャフトがビックリするぐらい硬い 振動数が299cpmもう少し柔らかければ打ちやすいのが残念

 

しかし飛距離性能は現役そのもの、032は211yを軽々と達成。042に至っては249.6yも飛んでしまった。042はロフトが17度と立っているのもあるが、ボールもしっかりと上がり。このまま使えそうな出来となっている

 

既存の固定概念を超えているのに、ゴルファーに支持されて歴史的名器となったインテスト、それはあらためて亡くなった竹林隆光さんの偉業を痛いほど感じたクラブだった

PRGR egg スプーン(2013)

この試打インプレッションは2013年8月に書かれたものです

PRGRは昔からプロダクトアウトな製品を作っているメーカー。20年以上前に発売された竹林隆光さんプロデュースのカーボンヘッドのドライバーやアイアンなどは、色と形状が話題となった。カーボンアイアンのインテストは、それこそ今で言うユーティリティの元祖。ユーティリティをタラコと呼ぶ人がいるが、それはインテストが赤茶色をしていたせいで、タラコと呼ばれた。そのあとZOOMシリーズ、ウエッジのR35など、これでもか!というぐらいの製品を次々と発売してきた。

P1040624

ここ最近は何と言ってもeggシリーズだろう。eggの人気を決定づけたのは、eggスプーンの存在が大きい。僕は2009年武蔵カントリークラブで行われた日本オープンで、片山晋呉がティーショットをeggスプーンで打ち続ける姿を見て、速攻購入した。片山は翌年の古賀での日本オープンでも多用していたのも印象的だった。独特な打球音が印象的なeggスプーン。僕の不動のエースだったNikeのT40ツアーから、そのままエースに昇格して、5Wもeggに変更した。つい最近まで持っていたぐらい気に入っていた。もちろんその後発売された二代目eggスプーンも買った。

 

今回は三代目となるeggスプーンだが、過去の2作との大きな違いがある。それはフェースの厚み(高さ)だ。40mmを超えるフェースの厚み(高さ)はかなりのディープフェース。今までシャローフェースでボールが上がりやすい。というメリットがあったeggだが、今回は大きく変更してきた。これは僕の推測だが、フェースの反発を上げることが目的。フェースの形状が丸くなると反発が上げやすいが、フェアウェイウッドのフェースを円に近くしようとすると、どうしてもディープフェースになってしまう。今回のeggのテーマは「非常識」このフェースの厚みは、なるほど非常識だろう。

P1040627

そして今回の2つ目の「非常識」は長さだ。今深読みをした人は「えっ?じゃあ44インチ」とか思うだろうが、これが逆の42.5インチ。長さを短くしている。しかし総重量は315gと増えている。これはどういうことか?!察しのよい方はお気づきだろう。長さが短くなってるということは、ヘッド重量が増えている。それはバランスを保つ必要があるから。カタログでは5g増やしたと書いてあるが、今まではヘッドは軽めで、長さは長めだったので、全く逆の手法を取り入れたことになる。ヘッド重量がしっかりあるのは、飛ばしにとって重要な要素なこと。これはしつこいぐらい書いているので、皆さんもご理解いただいていると思う。ヘッドの重さもしっかりあるが、あえて43インチぐらいで組んで、僕のエースシャフトのAnalyzeW65+で組めば、ミケルソンが愛用している、フランケンウッドに非常に近い存在となるだろう。

 

三代目eggスプーンのコンセプトとは逆に、非常識から普通になった部分もある。それは打球音。初代は木こりの音と言われるポコーンと独特な音がしていた。性能は申し分ないけど、音がダメという人がとても多かったぐらい非常識な音。二代目はかなり改善されたが、三代目は独特だけど常識の枠の中に入ってきたと思う。レジンを採用した初代ナイキのボール20XIを初めて打った時に感じた硬質な音がした。高反発ドラーバーによく採用されていたDAT55というチタン素材のフェースの音に似ている。硬質だが残響音がない感じ。今までのeggスプーンの最大の弱点だった音の気持ち悪さ無くなった。

 

アンバランスなのが、グリップの太さ。かなり太いグリップで結構違和感がある。残念ながらこれがグリップのせいなのか、シャフトの手元側が太いのか、メーカーの試打クラブなので探求できないこと。ちょっともったいないと思う反面、フェースとソールの境目が少し傾斜がついていて、アイアンで言えばバンスのようになっているのが面白い。僕は地面から打つクラブは、アイアンはもちろんフェアウェイウッドも、ハンドファーストにインパクトしたい。この傾きがハンドファーストに打ちやすくなっている。カタログにもブレード感で打ち込めるとあるので、きっと意図したものだろう。

 

せっかくヘッド重量が増えたeggスプーンだが、同時発売されるeggドライバーのヘッド重量は超軽量。PRGRはイロイロチャレンジしているのはすごく感じるが、残念ながら一貫性がないようにも見える。このeggスプーンは試打クラブなので返却しないといけないので、中古が並ぶ頃購入して、フランケンウッドを作ってみたいとおもう。

 

…………………………………………………………………………………
PRGR eggスプーン表示ロフト15度+純正シャフトM43
———————————DATA——————————–
長さ42.5inch/重さ314.6g/バランスD2/振動数237cpm/センター
フレックス値3.67/表示ロフト15度/リアルロフト13.75度/フェース角-1度
——————————————————————-

プロギアegg+ユーティリティ

このインプレッションは、2012年1月に書かれたものです

去年の暮れにやった、パーゴルフの新製品一斉試打で印象的だったのがこのプロギアegg+。低スピンでぶっ飛びだったのを鮮明に覚えている。秋の新製品だったこのモデルもすでに中古で、ゴルフパラダイス新橋銀座口店に並んでいたので早速購入。新品同様の輝きなのに18800円。

5000199348_p01_01

さてプロギアらしさが出ているのがこのeggシリーズ、マーケットインな営業からのフィードバックの製品が主流な昨今に、プロダクトアウトな意気込みが伝わる製品が多いのがこのシリーズの特徴。そのせいでeggシリーズの製品を僕は買うことが非常に多い。

UTといえばアイアン型、ウッド型に分けられるが、これはアイアン形状にみえるが、上にフタをすれば、ウッド型、そもそもeggのアイアンは非常にUTっぽいのにわざわざUTと名乗るのは、何が違うのだろうと思うのだが、フェイス部分が中空になっている。かなり凝った構造であることがわかる。そしてeggアイアンよりソールの幅が広いので、”上にフタ”をするだけで、ますますウッド型っぽい形状になりそうである。だがこの”上のフタ”がないと、トップラインがあるだけで、アイアンっぽくなり、非常に構えやすく方向性が出しやすくなるから不思議だ。UTとしてこのウッド系でもアイアン系でもないベクトルが未来のUTにつながってくれれば、楽しみだなと思う。

5000199348_p01_02

さてこの非常に低スピンでぶっ飛んだegg+だが当然軽いシャフトしかなく、リシャフト前提で購入、総重量は326.7g、振動数247cpmと軽くて軟らかいシャフトが入っている。そもそもも他のメーカーとは違うヘッドスピード別のフレックス表示をしているにもかかわらず。モデルによって同じM43表示でも硬さにかなり差があるのは、違和感を感じる。特に今のiDシリーズなどのM43は非常に硬いので尚更だ、これも大人の事情なのか、メーカーでもプロダクトアウトが得意のプロギアと思っている僕は寂しい限りだ。

このUTはチップ径は9.4mmとカーボンのアイアン用シャフトが普通にはいる太さ。リシャフトの際の選択肢は多いモデルといえる。低スピンの秘密はフェイスの高さが35mmしかないこと、ボールをティアップしていなくても、アドレスの時にティアップして見える安心感がある。おまけに低重心構造で、低スピンのほっといても球が打てるようになっている。こういうヘッドに重くてしっかりしたシャフトを入れて是非発売して欲しいもの。ヘッドは非常によく出来ているし、ヘッドスピードの遅めの人には非常によいクラブだけど、重いシャフトをバリエーションに入れてくれると、ヘッドの性能の高さが、アピール出来るだけに残念に思う
………………………………………………………………………………
PRGR egg+(18度)+メーカー純正M43
………………………………………………………………………………
———————————DATA——————————
長さ40.5inch/重さ326.7g/バランスD1/振動数247cpm/センター
フレックス値3.78/表示ロフト19度/リアルロフト19度/フェイス角-1.0度
——————————————————————-

NEW eggスプーン

中古ショップで何気なく、フェアウェイウッド売り場を見ていると、2代目eggスプーンが15000円であるではないか!今まで中古でも3万弱と高値の花だったeggスプーンだが、この商品はシャフトを差し戻しといって、一度抜いた純正シャフトを戻してるいるいわゆるワケアリ品で、長さも1インチカットしてあって程度が悪い商品扱いとなっている。リシャフト前提でいわゆるヘッド買い目的の僕には願ってもない商品であったので衝動買い。

P1010707

最近さわがれているRBZのフェアウェイだけど、重心位置を考えると究極に飛ぶフェアウェイウッドはeggスプーン。前作は音がバカーンとハッキリいってイマイチ。飛べばあまりこだわらない僕にとっても、かなりのマイナスイメージだった。

今回素材が変わって、音がかなり良くなった。RBZも飛ぶし僕も使っているが、重心位置的には、eggスプーンほど飛ぶ要素がないが、音がいい音なのでかなり飛距離が出るイメージがする。ここが最大のポイントだと思う。ゴルファーは音に拘りを持つもの。打感の正体も、ゴルフ雑誌の分析によれば音に影響が一番出るという。素材の持つ音が必ずあり、どうもチタンのフェアウエイウッドは音がイマイチ、今回eggスプーンはステンレスにして音を改善してきた。

さて僕が買ったこのeggスプーン早速データを採ってみると、ロフトが14.5度、フェース角が+0.5度なので、少し開いて13.5度ぐらいにすると、フェース角-0.5度と僕にとってちょうどいい感じになりそう。ティショットでもつかえるように、少し立ち気味にしたかったから、まさに奇跡の一本だ。ロフトが立っていてもフェースがシャロー29mmなので、ボールが上がりそうに見える。ちなみにRBZは36mmと結構ディープ。やさしさを売りにしているeggスプーンだが、ロフトは立ち気味が多いので、実は手強い。打ってみると低スピンで球の高さも僕にはちょうどいいが、これぐらいのロフトになるとある程度のヘッドスピードが必要となってくる。

さてシャフトだが今開発中のアナライズのウッド用シャフトを入れるか、ATTASの4Uか参上を入れるか悩むとこ。しかしこのeggスプーン、前作はチタン素材だったから5万超の高価格でも仕方ない感じがしたが、こんかいはステンレス。特に高い素材でもないし、シャフトにお金がかかっている感じでもない。ブランドとして上乗せしている感じはいなめない点が残念。まあLEGACYもゼクシオも同じ客層向けだから高価格。残念ながら少し勉強すればわかること、いつまでもユーザーが黙って払ってくれるとは思わないと言っておこう。

PRGR NEW eggスプーン+純正シャフトM40
———————————DATA——————————
長さ42.75inch/重さ307.3g/バランスC9.5/振動数240cpm/センターフレックス値3.56/表示ロフト15/リアルロフト14.5度/フェイス角+0.5度
——————————————————————-

2012年11月インプレッション