カテゴリー別アーカイブ: オデッセイ

オデッセイ EXOパター(2018)

このインプレッションは、2018年7月のマーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

 

先週月曜日はMMT9が北海道の小樽ゴルフ倶楽部旧コースで開催された。表彰式が終わると空港へ向かい、最終便で東京へ戻り、
そして翌日は千葉カントリークラブ梅郷コースで、プロギアが主催しているRSカップに出場した。MMT9では、パターが全く入らなくて苦労したが、翌日は僕が作ったアナライズのRENGAパターを持っていったら、2〜3メートルの厳しいパットが面白いぐらい決まって、3位で予選通過することが出来た。いつもと違う人たちとラウンドすると、僕がどんなクラブでラウンドしているか、皆さん興味があるようで良く聞かれる。その時よく言われるのが・・

「どうして自分で作ったクラブを使わないのですか?」

という質問だ。これは実にシンプル、クラブを開発するには、まず図面を引き、モックと言われる原型を作り上げる。これは素材が樹脂だったり、真鍮だったりするのだが、そこから同じ素材で試作し、OKなら製品化する。これが、なかなか1発OKとならない。この秋ぐらいに発売できるだろうと思われるmmアイアンは、昨年試作が上がってきたが、芯が若干ヒール側にあったのでやり直した。やり直しと言うのは簡単だが、金型を作り直し、発売時期は大幅に遅れることになる。

僕は、クラブが試作から発売されるまでは、試作を繰り返し僕のクラブを使い続ける。実際に使用して不具合を徹底的にチェックするためだ。しかし発売されてしまうと、次のクラブの開発を始めるので、他社のクラブを使うことが多くなる。自社のクラブが悪いわけではない、最新であったり人気であったりするクラブには、大切なことがあるはず。だから日々様々なメーカーのクラブを購入する。

自分の作ったクラブばかり使っていても、見識は広がらない。話題のクラブ、新しい切り口のクラブなどを、購入しコースで打つことで、次回のクラブのヒントを得ることが出来る。もちろん今回のように、発売後に自分のクラブをつかうこともある。新しいクラブ、人気のクラブ、歴史的名器、イロイロと使い分けアイデアを練るのが楽しい。という事で、以前メルマガにも書いたが新しいパターを発売日である7月13日に購入した。

それは、中日クラウンズの練習日に、チェックしたオデッセイの新しいパターEXO(エクソー)だ。フェースは、ホワイト・ホット マイクロヒンジ・インサートを採用、これは、人気の、マイクロヒンジの幅をO-WORKSの3倍に広げ、ヒンジの間をフラットにして接触面積を増やし、結果名器ホワイト・ホットの打感と音を再現したインサートという話。この説明を読むだけで、何か良さそう!と感じるというもの。

売れているパターは、オデッセイ、テーラーメイド、ピン、スコッティ・キャメロンと、外ブラばかりで、日本のメーカーはほぼ死滅状態。スコッティ・キャメロンは例外として、この3社のパターは、プロダクトアウト感がすごい。ユーザーの想像の上を行っている感がする、その効果はともかくとして何か「入りそう」と思わせる何かがある。何かやってくれそうと、直感的に期待させるのが非常に上手い。

2ボール以降のオデッセイは、入るかも知れないというイメージ、演出が素晴らしいと言えるだろう。一方、スコッティ・キャメロンは造形美と言う言葉がピッタリ、所有感にあまり興味がない僕は、メルマガだから書くけど「ピンの色違い」に感じて、悪いけどあまり興味がない。オデッセイは、手を変え品を変えゴルファーに刺さるテクノロジーを開発し、発表してきた。とても気になるので、発売日に、つるやゴルフ神田駅前店で購入。

早速試してみると、まず印象は直進性が良いこと。オデッセイの高級パターらしく、フェースだけでなく、ボディにもこだわり、ステンレススチールを外周に配置し、中央部はアルミを使って慣性モーメントをアップしている。見た目も高級感がある。パターは高いから入るわけではないが、いかにも入りそうに感じる形状、このイメージが大切。マイクロヒンジは、打点の接地面積が減る分、打感はソフトに感じる。

いかにも入りそうなイメージに、高級感をプラスしたEXO、コースで試してみるのが楽しみにパターだ

オデッセイ トゥアップi2ボールブレードパター

このインプレッションは、2018年5月のマーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

 

ゴルフをするのに最高の時期になってきた、流石に僕ももうスノボモードからゴルフモードへ。背中を痛めたりと、なかなかゴルフモード全開にならないとは言え、徐々にゴルフの回数が増えてきた。それに比例して、ゴルフショップへ行く機会も増えてくる。皆さんはドライバー売り場で長い時間を過ごすだろうが、僕が一番長くいるのがパター売り場だ。

今回は、つるやゴルフ神田駅前店で、ボールを転がしたり、構えてみたりと、色々チェックし2つ気になるパターが残った。それはテーラーメイドのスパイダーTOUR REDのセンターネックと、オデッセイのトゥアップi2ボールブレードだ。散々試してトゥアップの2ボールブレードを購入した。

どうしてこのパターを選んだか?というと、僕は2ボールパターが好きだから、オリジナルの2ボールから、2ボールブレード、2ボールブレードのセンターネックというレアなもの、2ボールミッドと正確には覚えていないが5本ぐらい持っている。そして、オデッセイがバックストライクと言うパターから推奨しているストロークバランスという、パターのシャフトを手に乗せるとストロークする方向にフェースが向いてバランスが取れるパターが好きというのもある。

ドライバーは先入観を持って試打したくないので、練習場で打たずにコースでいきなり打つが、パターも買った後でスタジオのパターマットで打ったりしないのが僕の流儀。しかしパターはしっかりとチェックすればと少し後悔した。コースでいきなり使ってびっくりしたのが、パターのヘッドが軽く感じることだ。

僕が今、エースで使ってるのはアナライズのRS1.5パター、通称RENGAパター、このパターはヘッド重量が370グラムと少し重め、それにしても、トゥアップ2ボールブレード、シャフトを抜いてヘッド重量を測ったわけでは無いが、ヘッドが軽く感じる。もう一つ気になったのが、ヘッドの挙動だ。

具体的に言うと操作性が良すぎること、ヘッドが軽いことと相まって、フェース面がグラグラするように感じる。どうも勘が狂ってしまい久々に18ホールラウンドしたこともあって、最後までモヤモヤが修正できなかった。ヘッドの重さもあるが、グリップもスーパーストロークグリップなので、重量が軽く全体の慣性モーメントも少ないと感じた。

今使っているRENGAパターは、ヘッドもシャフトもグリップも重い設計になっているので、どうしても軽く感じてしまうのかも知れないが、オデッセイが歴代発売したストロークバランスのパターは、バックストライクとトゥアップパターがあるが、トゥアップ構造のパターは、センターネックのパターと同じように、芯でヒットしやすいが、ミスヒットには弱いと感じる。

あとマイクロヒンジインサートの打感もコースで使ってみると、僕の距離感とイマイチ合っていない気がする。中日クラウンズでみたプロトタイプのフェースインサートのパターが気になって来た。誤解のないように書いておくが、トゥアップi2ボールブレードパターは決して悪いパターではない。僕が今、使っているパターをかなり違うことが影響していると思う。

パターは、構え易さやヘッド重量、ロフトなど今までの要素に加えて、シャフト重量やグリップ重量もかなり違うものが増えてきた。自分が使っているパターのスペックを把握して、パター選びをするといいだろう。このパターは断舎離して、スパイダーTOUR REDのセンターネックを購入することにする。

オデッセイ オーワークスパター(2017)

WEBを観ていると、アドワーズ広告というのが目に入る。最近検索した項目からその人の志向を判断して、必要であろう広告をドーンとページに載せてくる。
最近発売されたナイキのゴルフシューズを検索したのが原因だろう。アディダスの面白い靴が表示されて衝動買い。ドクター中松のジャンピングシューズのようにソールがスプリングのような、ヒンジのような構造になっている。その名もアディダス スプリングブレード。調べてみると2014年からこのシリーズは発売されているようだが、靴紐も進化していて、スノボの靴のようになっていて履きやすく脱ぎやすくなっている。

http://shop.adidas.jp/products/B49640/?utm_source=facebook_ads&utm_medium=display&utm_content=dpa_notCV&utm_campaign=retargeting

おっと今回紹介しようと思ったのは、この靴ではなくこの靴のソールのようになっているパター。ソール形状が、バネというかヒンジのようになっているマイクロヒンジインサートというフェース構造のパター

オデッセイのO WORKS(オーワークス)だ。

今回僕が購入したのは、オーワークスの#7タンク。タンクは、通常の#7よりもヘッドが大きく、重く、グリップはスーパーストロークが装着されていて、カウンターウエイトが埋め込んである。通常のショットは遠心力が強く働く分、軌道は意外と安定するが、パターは小さくゆっくりとヘッドを動かす必要があるので、意外とミスヒットしてしまうものだ。プレッシャーがかかって、ミスヒットしてしまっても、慣性モーメントが大きいとヘッドはブレにくいので、僕はネオマレット形状のパターが好みだ。

つるやゴルフ神田駅前店のパターマットで試打してみると、スコスコカップに入る新車効果で思わず購入した。と言うのは冗談で、実は以前よりこのインサートの効果を
試してみたかった。早速、赤羽ゴルフ倶楽部に持ち込んでテスト、このインサートは、フェースがバネのような構造になっているので、インパクト後に順回転になるのが
早いというのが売り。早速、に練習もせずラウンドでテストする。まず構えた感じだが、メーカーの公称値の3度よりも、意外とロフトが多く見える。そして打ってみると、打感がかなり柔らかく感じる。僕が設計したリンクスナチュラルパターは、フェースに深いミーリング加工して、ボールとの接地面積を減らして、柔らかい打感を実現したが、オーワークスも、フェースの構造上接地面積が小さいので、打感が柔らかい。

僕のエースボールであるPRGRのRSスピンは、ウレタンカバーにしてはしっかり目の打感なのだが、このパターで打つとかなり打感がやわらかく感じる。
特徴的なのは打球音が小さめということ、音が小さいのでショートしそうで、ヒットしすぎてしまった。音から「転がらないぞ」という情報が入りショートするのが嫌でパンチが入ってしまった。パターの打球音というのは、距離感に影響を深く及ぼす。残念ながらこのパターの機能を活かす前に、僕のイメージと転がりが合わない事実が判明してしまった。もちろん僕のイメージと合わないだけで、音と距離のイメージが合う人は大勢いるはず。決してこのパターがダメなわけではないので、そこを誤解しないで欲しい。

たしかに打ってみると順回転に転がるのが早い。T島が恵比寿にあるgpc恵比寿のパットラボにある、「クゥインテック」というパター用超高速カメラ解析機でオーワークスとスコッティ・キャメロンの転がりの差をチェックしたそうだが、オーワークスの方がスキッド(無回転)時間が短かったようだ。

オーワークスのインサートに配置されたスプリングの効果は確かに確認できた。この#7の形状はピンやスコッティ・キャメロンが真似るだけあって方向性は出しやすい。昔はマレットと言えば#5だったのだが、今はこの#7がマレットの代名詞と言えるようになった。音さえ僕のイメージと合えば使うのだが・・・残念だが早々に処分することにする

オデッセイ バックストライク マークスマン(2011)

このインプレッションは、2012年2月に書かれたものです

最近ショットの調子はすこぶるいいのに、 パターの調子がかなりよくない。先日同伴した片手シングル君が、バックストライクで入れまくっていたので、思わず中古を衝動買い。

P1040197

もう見た目は新品同様でお値段は11500円と超お買い得価格。バックストライクだが、メルマガを初期から購読いただいている読者なら知っていると思うけど、かなりの期間エースパターだった。なんでもう一度買い直したかというと、パターの調子がわるい時、ほとんどの人は手の(グリップ)のスピードとパターのスピードがずれる。このズレがストロークの悪さにつながり方向性と距離感がおか
しくなる。悪いストロークはグリップの動きとヘッドの動きのズレ、手がインパクトの直前に止まってしまうのだ。バックストライクは構造上手の動きが止まると打てないパター。手を先行して動かす感覚でストロークする。車に例えるとFFな状態を作りやすい。手とヘッドのスピードがずれない。パターの上手い人の動きが、自然と出来てしまうパターなのだ。

P1040198

バックストライクはパターしていると、ストロークがうまくなるパター。だから不調になるとこのパターを使って、手とヘッドの動きをうまくシンクロできるよう に矯正していきたい。パターの長さは非常に重要。僕は35インチが好きだけど、今回は0.5インチカットして、34.5インチにしてみた。

ゴルファーはパターを何本も持っている人が多いが、こういう練習器具的なパターを一本持っているといいだろう。

オデッセイ DART 中尺(41インチ)

このインプレッションは、2011年11月に書かれたものです。

もうすぐ発売となるパーゴルフの企画で、新製品を一気にテストした。そのテストの中で気になったパターがあり中古で出たころ買おうかなあと思っていた。つるやゴルフ神田駅前店に行った時にそのパターがあったので、迷わず購入。

5000182421_p01_01

僕はショップを定期的に訪れることにしている。定点観測として、量販店、中古ショップ、ディスカウンターなど、このコーナーにも店名が出てくると思うが、足で稼いだ生きた情報は大切だ。つるやゴルフ神田駅前店は、店長が頑張っていてダートも中尺、長尺とも仕入れていた。今からベリーパターは流行る兆しがあるし、アメリカはすでにブームだが、ようやく日本も品数が増えてきた。中古で買おうと思ったが、つるやゴルフは、内緒だが新品を非常に安くしてくれる。安く買える分中古に売ったとしてもリスクが少ない。

まず長さが41インチと僕にはちょうどいい。ダートは2ボールよりもオートマチック感があって、ヘッドの挙動が安定している。そしてヘッド上部の矢印でボールをセンターでヒットしやすい。オートマチックなのに、シャープに構えられるのが魅力。ホワイトアイスのインサートは、音と転がりが一致するので、距離感も出やすく、僕はかなり気に入っている。

買って早速コースで使ってみた。練習グリーンでは問題なく、良い感じだったがコースで打つとヘッドの軽さが気になってきた。まあヘッドの重さは鉛でも貼って重くすればいいだけだが、エースでつかっているPINGのシドニーと比べると、オートマチック感が乏しい。ヘッドがインパクトで良くも悪くも動いてしまい。細工をしたくなってしまうのだ。ヘッドもシドニーより小さいし、長い分だけ尚更小さく感じる。中尺だとシドニーぐらいのヘッドの大きさが欲しいところだ、ヘッドの重さは調整できるが、ヘッドの大きさは出来無いのだ。シドニーやスコッティキャメロンのコンビなどに慣れると、ダートのヘッドは小さく感じる。中尺、長尺はヘッドの大きさが非常に大切。特にフェイス長がシドニーは104mm、ダートは87mmと2割ぐらい短い。これもコースでプレッシャーを感じて打つと、ヘッドが小さいと集中力は増すのだが、やはりオートマチック感が希薄になっていく。

できればシドニーの中尺が欲しいと思ってしまった。残念ながら処分することに、新製品を買ってもし、合わないと思ったら、1分でも早く売りに行くこと。殆どの場合発売直後が一番買取が高く、どんどん価格が落ちて行く。そしてその店にとっての初物。今まで在庫がなく初めての買取商品、最初の1本は、どうしても欲しい商品の場合、買取価格もアップすることが多い。1000円、2000円は差が出てくる。賢く利用すれば、衝動買いもリスクが少なくなるものだ。

オデッセイ ホワイトホット2ボールBLADEセンターネック

このインプレッションは、2011年9月に書かれたものです

僕の今のエースパターは、スパイダーゴーストのセンターネック。気に入っているがいつも35インチを使ってる僕はゴーストが34インチと短いのが気になってきた。

人気のパターなので買取査定もそれなりにいい。35インチを買いなおそうと、新橋のゴルフパラダイスへ。いつものように査定してもらっている待ち時間に、パターコーナーを物色。

僕のパター選びの基本は、iPINGでもハッキリしたがフェイスバランスのパター、ストロークはストレートタイプ、そしてセンターネックが好き。色々手に取っていると見たこと無いパターを発見。おもわず”なんじゃこりゃ”と声が出たほどのパターは、ホワイトアイスの2ボールブレードでセンターネック。

P1040196

オデッセイのパターは新製品発表会などでこまめにチェックしているから、ほとんど知っている。しかしはじめてみるセンターネック。もしやニセモノ?と思い、マジマジとチェックした。偽物は時計なども同じだけど、見るポイントがある。よく見るとどこか質感の劣る部分がある。真っ先にロゴを見る、ニセモノはロゴがにじんでいたりするもの、しかしクッキリとしている。フェイスインサートの仕上げも完璧だ。転がしてみると”ニセモノでもいいや”と思えるぐらい。

こういう場合ツアー支給品と言う可能性が出てくる。しかし売価は18500円と微妙。もしツアー支給品であれば、値段は倍近くするはず。取り敢えず購入して帰り。HPを調べるが載っていない。つるやゴルフ神田駅前店のY店長に、見せるとかなり驚いてくれて、調べてみたがわからない。最後の手段でFacebookで、キャロウェイの昔からの知り合いH氏に聞いてみるが、返事がない。忘れた頃にメールがあった。やはりツアー支給品だが、ごく一部のキャロウェイの販売店で極めて少量売られた製品であることがわかった。

P1040195

さてこのパターだが、ゴーストのセンターネックのスティングレーにも似て、深重心で易しいほうに分類されるがが繊細なフィーリングが出るパター。どちからといえば車に例えると、マニュアル感覚。僕は車でもFFとFR、マニュアルとオートマと、両極端の2台を所有。両極端があることで、スタンダードが見えてくる。というのが持論。

パターもマニュアル感覚の、スティングレーや2ボールブレードセンター、オートマ感覚のゴーストスパイダーセンターネック、両端を常に持っていることで、フィーリングがイイ時は、マニュアルを使い、フィーリングが無くなるとオートマなパター。いつも同じ感覚で打てればいいが、人間の感覚は日替わりメニュー。プロでも日替わりだから、アマチュアは更にその傾向が強くなる。両方用意し
ておくことで、その時の感覚を上手く行かせる事ができる。僕はもともと初代のホワイトホット2ボールブレードを長く愛用した経緯がある、多分このセンターネックは手放さずに、長く使う予感がする。

 

オデッセイ WHITE ICE D.A.R.T(2011)

このインプレッションは2011年3月に書かれたものです

2011年の新製品記者発表の時に見た、オデッセイの新しいパター D.A.R.T。矢が付いているデザインが、斬新という記憶を持っていたのだけど、 ついに3月に発売になり、いつもの”つるやゴルフ神田駅前店”で衝動買いしてしまった。

5000202713_p01_02

僕の場合、1番パターに求めることはズバリ構えやすさ、とやさしさ。と簡単に言ってしまうのだけど、実はもっと基本的なこと、音と打感が、ボールの弾きとあっているかどうか?という点にこだわっている。今回のWHITE ICEのインサートは、大ヒットした、初代WHITE HOTのインサートに、一番近い気がする。音と打感と弾きというか、ボールの転がりのバランスが非常に良い。

同じく良く衝動買いするテーラーメイドのパターだけど、何度買ってもAGSIフェイスがなじめなくて、手放してしまう。しっかり音がして、打感も硬質なのだけど、音のイメージほど転がらなくてショートしてしまうのだ。構えやすいデザインが気に入ったりして、何本も衝動買いしたけど、エースにならないのは、この音と打感と転がり感とのギャップを感じていたから。

僕はどうしても、2ボールとかでもヒール側に構える癖がある。同じくベントネックもヒール気味に構えてしまいがち。僕がセンターシャフトのパターが好きなのは、シャフトの延長線上で構えやすいから。このD.A.R.Tも矢印のようなラインで、徐々に先が細くなり、ヒールよりでなく打ちたい打点で構えやすくなっている。センターシャフトでなくても、ヒール寄りに構えることなく、スイートスポットにアドレスできる。色もモノクロっぽくてカッコイイ。

つるやゴルフのパターマットで、さんざん悩んだのはD.A.R.Tのバックストライク。この形状でセンターネックなら迷う事もなかったと思う。やはりバックストライクは、ストロークし易い。でも。バックストライクは何故かフラットに見える。カタログ値はベントネックのD.A.R.Tライ角70度とバックストライクのD.A.R.Tカタログ値は69度で、少しバックストライクのが1度フラットなのだけど、視覚的には、もう少しフラットに見えてしまう。物理的なライ角と心理的なら見た目のライ角の違いだろう。

パターは派手な形状、奇抜な色と、目先ばかり新製品が多いと感じることもあるが、インパクトの時の音、振動、などの情報と、ボールの転がりとスピードが、いかにプレイヤーにフィードバックされていくのか、相当のテストをオデッセイは重ねていると感じる。転がりが良い=高性能ではない。

今回WHITE ICEのインサートが前提で、形状に工夫を重ねているD.A.R.T。そしてヘッドカバーが『重いな』と感じてヘッドカバーのポケットを探ると、バックフェイス側にあるるウエイトが2つ出てきた。それを取り替えて重量が調整出来るようになっている。ヘッド重量350g(純正値)、360g、370gと重さをコントロールして、転がりも調整出来る。最初から付いている点も良心的だ。

またまたパターが増えすぎてしまったので、ゴーストを売りに行くことにする。オデッセイは、毎年沢山のモデルを出すけど、心理的な不安を形状でカバーして たくさんモデルがあるけど、それぞれ差別化していく。そして僕の衝動買いは、毎年続いていくのだ。

オデッセイ WHITE ICE D.A.R.T
———————————DATA——————————–

長さ35inch/重さ323.3g/ライ角70度/ロフト3度/ヘッド重量350g
——————————————————————-