カテゴリー別アーカイブ: グリップの真実

寒くなると力みやすい人はソフトなグリップを装着しよう

寒くなると力みやすい人はソフトなグリップを装着しよう
寒くなると力みやすい人はソフトなグリップを装着しよう

寒くなると力みやすい人はソフトなグリップを装着しよう

グリップの滑りについて、意識を向けたことはありますか?グリップは体とクラブをつなぐ唯一の接点。素振りした時、グリップの滑りを感じるようでは、思うようなスイングができません。また滑りを感じると、反射的にしっかり握ろうとして余計な力みも発生するからです。

グリップは素材によって差はあれど、時間が経つほどに表面が硬くなって滑りやすくなります。使用頻度にかかわらずグリップの寿命は約1年。使わなくても硬化するため、見た目に変化がないようでも、1年以上同じグリップを使っているならば、すぐに交換すべきです。

では、冬場はどんなグリップを装着すればいいのでしょうか?

まず、今までのフィーリングを大事にしたいならば、交換時に古いグリップの重さを量り、同じ重さのグリップを選んで下さい。グリップ重量は35~50gと幅があり、重さが5g以上異なると、クラブのバランス、ヘッドの効き具合が変わってしまうからです。太さに関しても、できるだけ同じ太さにした方がいいでしょう。

そして、冬場に力みやすい人にお勧めなのが、握り心地がソフトなグリップ。同じシャフトでも装着するグリップを軟らかくすると、シャフトのしなりを邪魔しない分だけ、少し軟らかく感じます。結果、シャフトのしなりを感じやすくなって力みを防げます。好みの問題もありますが、握った時に硬く感じるよりも、フワッと軟らかく感じるグリップの方が、手に余計な力が入るのを防止できます。

グリップの硬さについては、実際に手に取れば簡単に確認できます。一般的にはコード(麻糸)入りが硬いですが、指で押したり、ねじったりすると硬さの違いが分かります。サンプルがあれば、実際に握り比べてみるのもいいでしょう。

グリップはパターを除くクラブはすべて同じタイプに揃えるのが基本ですが、ウッド(ドライバー、FW、UT)とアイアンはわざと変えても大丈夫です。ボクの場合、ウッドはフェースの向きを真っ直ぐ合わせやすいバックライン有り、球筋をコントロールしたいアイアンにはバックライン無しを装着しています。

たかがグリップ、されどグリップ。すり減ったタイヤが危険なのと同様、すり減ったグリップでゴルフするのも百害あって一利無しです。

グリップは積極的に交換、グリップ選びにもこだわるべし!!

グリップは年1回のペースで積極的に交換すべし!!
グリップは年1回のペースで積極的に交換すべし!!

グリップは年1回のペースで積極的に交換すべし!!

クラブの手入れと言うと、ついついヘッドやシャフトに目を奪われがちですが、忘れずにチェックしたいのがグリップです。

クルマのタイヤ同様、グリップは使っている内に摩耗してきます。加えて、グリップは使わなくても劣化するパーツ。時間が経つほどに表面が硬くなって滑りやすくなります。使用頻度に関わらず、グリップの寿命は約1年。新品から1年経ったら、新しいグリップに交換した方がいいです。

そこで今回は賢いグリップ交換について。ショップにいくと様々なグリップが売られていますが、まずチェックしたいのが重さと太さ。グリップは種類によって重さが30~55gとかなり幅がありますし、太さもバリエーションが豊富です。今までのフィーリングを大事にしたいならば、必ず、交換時に古いグリップの重さを量って下さい。そして、その重さにできるだけ近いグリップを、太さに関しても同じ太さを選択することが重要です。グリップの重さ、太さが違ってくると、クラブのバランス、ヘッドの効き具合が大きく変わってしまうからです。

そしてここからは応用編ですが、グリップ交換でクラブの重量チューニングも可能です。例えば、今使っているドライバーが少し軽く感じて物足りないならば、従来よりも5~10g重いグリップを装着するのもアリです。そして、素振りしてみてヘッドが軽く感じるならば、ヘッドにバランス調整用の鉛を1~2枚(3~5グラム)貼ってやる。これでクラブ重量を10~15g重くでき、頼りなさを解消できます。

次に太さについてですが、目安となるのは左手薬指付近。クラブを握った時、薬指の指先が手の平に軽く触れるぐらいが、その人にとってちょうどいい太さです。好みの問題もありますが、薬指が左手の平にまったく届かないグリップは太過ぎます。反対に、薬指の指先が手の平に食い込む場合は細過ぎます。

右手の太さについてもグリップの種類によって感じが結構異なり、テーパー(先細りの度合い)が強いモノもあれば、テーパーが弱いモノもあります。この差は手首の動きに影響があって、テーパーが強いほど手首を使いやすい分だけヘッドを返しやすく、テーパーが弱いほど手首が使いづらくなってヘッドの返り過ぎを防止できます。スライスを軽減したい人はテーパーが強め、引っかけやフックを軽減したい人はテーパーが弱めのグリップを装着すれば、クラブでミスを軽減できるでしょう。

スライス、フックのミスは グリップ交換でも軽減できる!!

スライス、フックのミスはグリップ交換でも軽減できる!!
スライス、フックのミスはグリップ交換でも軽減できる!!

スライス、フックのミスはグリップ交換でも軽減できる!!

クルマのタイヤ同様、ゴルフのグリップも消耗品。使用頻度によっても変わってきますが、グリップは使っても使わなくても経年変化で劣化します。グリップは体とクラブをつなぐ唯一の接点。それを考えると‥‥半年に1度ぐらいグリップ交換した方が、いつも心地良い感触でクラブを握れます。

ではグリップ交換する場合、どこに注意すればいいのでしょうか?

今使っているグリップが気に入っているならば、重さ、太さ、そしてテーパー(先細り)の具合が同じものを選びましょう。これでグリップ交換しても握り心地が変わりません。しっくりきます。素材、デザインに関しては好みの問題もありますが、できれば実際にサンプルを手にして「握り心地」をチェックしてから購入を決めた方がいいでしょう。

次にグリップ交換でこだわりたいのが装着方向。グリップには真円タイプ(バックラインなし)と、バックラインが入ったタイプがあります。バックライン入りの場合、グリップの一部が出っ張っているため、この出っ張り(バックライン)の向きをわざと変えることで、球筋を調整することもできます。

通常、バックラインはグリップの真後ろに入れるのが基本です。普通に握りたい時は、バックラインが左右にずれないように、真後ろに入れます。そして、応用編としてバックラインを自分から見て少し左方向にズラして装着すると(フックに入れると)、スライスを軽減できます。バックラインが左にズレるほど左手のグリップが被ってきます。結果、インパクトでフェースが返しやすくなって、捕まりが良くなってきます。

逆もしかり。バックラインを自分から見て右方向にズラして装着すると(スライスに入れると)、フック、引っかけを軽減できます。バックラインが右にズレるほど左手のグリップが浅くなり、インパクトでフェースが被りづらくなって、捕まり過ぎを軽減できます。実際、プロ、上級者の中には、この方法で引っかけを矯正しようとする人も少なくありません。

バックラインの調整は自分でもできますが、向きを揃えるのは結構神経を使う作業。自分でやるよりもショップ、工房でオーダーした方が狙い通りに仕上げてくれます。クラブで球筋を軽減したい人は、一度相談されてみてはいかがでしょうか。

アナライズのクラブ相談はこちら
http://www.analyze2005.com/clubsoudan

パターで手首を使い過ぎる人は今すぐ、太いグリップに交換すべし

パターで手首を使い過ぎる人は今すぐ、太いグリップに交換すべし

パターで手首を使い過ぎる人は今すぐ、太いグリップに交換すべし

パターで手首を使い過ぎる人は今すぐ、太いグリップに交換すべし


 パターは飛ばすクラブではありませんが、ドライバー同様に、ヘッドが大型化してきています。今主流になりつつある大型マレット型は、460CCドライバーぐらいの投影面積があります。大型ヘッドは見た目の安心感があるのに加え、重心が深くて慣性モーメントが大きい。この2つの効果で芯を外して打った時でもヘッドがブレにくく、距離感、方向性を安定させられるからです。さて、このパターの大型化。大きなヘッドはミスに強いメリットがありますが、そのメリットを生かすには打ち方も重要です。慣性モーメントが大きくて重心が深いパターはその構造上、手首を使ってパチンと打つよりも、手首を固定してヘッドを真っ直ぐ動かした方がストローク軌道が安定し、狙った方向にボールを転がせます。

 では、どうすれば手首を使わないでストロークできるのか?

 ポイントはグリップです。パターに限りませんが握る部分(グリップ)が太くなるほど手の平側でクラブを握ることになって、手首が余計な動きをしません。対して、握る部分が細くなるほど指先側でクラブを握ることになって、手首がフリーな状態になります。缶ジュースなどで太さが違うのを握り比べてみると、その違いを実感できます。250ccの細長い缶と350CCの太い缶を握れば、ほとんど人は後者の方が手首を動かしづらくなるはずです。

 ネオマレット型のパターで手首が余計な動きをしやすい人は、今すぐグリップ交換をお勧めします。ゴルフショップに行けばパター専用の極太グリップが多数売られています。サンプルを握ってみて、太さを感じるグリップ、手の平でないと握れないグリップを選ぶと、道具(グリップ)で手首の使い過ぎを抑えることができます。また、右手を使い過ぎて失敗している人は、右手部分が太くなっているグリップをお勧めします。

 ちなみに、極太グリップは重さのバリエーションも豊富で、50gくらいから100g以上のモノも市販されています。ヘッドの利き具合(バランス)を変えたくない人は、最初に付いているグリップの重量を調べ、交換用のグリップもそれと同じぐらいの重量のモノを装着して下さい。グリップの重さが同じならば、太くなってもバランスは変わりません。交換前と同じフィーリングでストロークできます。

アイアンが引っかかる人は ドライバーよりも 少し太めのグリップを

アイアンが引っかかる人は ドライバーよりも 少し太めのグリップを

アイアンが引っかかる人は ドライバーよりも 少し太めのグリップを

アイアンが引っかかる人は ドライバーよりも 少し太めのグリップを


 寒さが本格的になってくると、ゴルファーならチェックしたいのがグリップです。クルマのタイヤ同様、グリップも消耗品です。すり減っていてもいなくても経年変化したグリップは握り心地が悪くなるだけでなく、硬化してグリップ力が低下します。使用頻度にかかわらず、グリップは1年に1度ぐらいのサイクルで交換したいものです。

 ではグリップ交換する場合、どこに注意すればいいのか?

 現在使っているクラブが気に入っているならば、抜いたグリップの重さを量り、同じ重量のグリップを選んで下さい。クラブによってグリップ重量は10g以上異なります。フィーリングを変えたくない時は、重さにこだわって下さい。そして、太さとテーパー(先細り)の具合が同じものを選ぶ。素材やデザインに関しては、実際に握ってみて心地良いモノを選ぶといいでしょう。

 そしてここからは応用編ですが、グリップを取り換えることでボールの「捕まり具合」を少し調整できます。例えば、アイアンは捕まるけれど、ドライバーが捕まらない。こういう場合、ドライバーに装着するグリップはアイアンよりも少し細めのタイプ、そしてテーパーが強めのグリップをお勧めします。グリップは細く、そしてテーパーが強いほど手首を返しやすくなって球を捕まえやすくなるからです。

 他方、ドライバーに比べると、アイアンは捕まり過ぎて引っかかりやすい。こういう場合、アイアンに装着するグリップはドライバーよりも少し太めのタイプ、そしてテーパーが弱めのグリップをお勧めします。グリップは太く、そしてテーパーが弱くなるほど手首が使いづらくなる分だけ、球の捕まり過ぎを軽減できます。

 プロ、上級者の中には、この方法でドライバーとアイアンの球筋を調整している人が結構います。実際、ボクもアイアンにはドライバーよりも少し太いグリップを装着することで、アイアンの弾道を調整しています。グリップはクラブと体をつなぐ唯一の接点。冬場にゴルフを楽しみたい人は、プレー前にぜひともグリップを新品に取り換えましょう。

グリップ交換時には抜いたグリップの重量を必ずチェック!!

グリップ交換時には抜いたグリップの重量を必ずチェック!!

グリップ交換時には抜いたグリップの重量を必ずチェック!!

グリップ交換時には抜いたグリップの重量を必ずチェック!!


 梅雨のこの時期のゴルフ。雨に濡れることによるプレーへの影響を最小限にするためにはレインウェア、防水性の高いグローブやシューズを用意しておくことが大切ですが、実は、もうひとつこだわってほしいポイントがあります。

 それはクラブに装着されているグリップです。

 クルマのタイヤ同様、グリップは使っている内に摩耗してきます。雨の日、ツルツルにすり減ったグリップでは、新しいグローブを使っていても意味がありまえん。手元が滑りやすくなります。加えて、グリップは使わなくても劣化します。時間が経つほどに表面が硬くなって、濡れると非常に滑りやすくなるのです。プレー頻度にかかわらず、グリップの寿命は約1年。新品から1年以上経っていれば、新しいグリップに交換した方が快適にプレーできます。

 ではグリップ交換する時、どこにこだわればいいのか?

 ゴルフショップには様々なグリップが売られてますが、こだわりたいのが太さと重さ。グリップは品種によって重さが30~50グラムと幅があります。太さもバリエーションが豊富です。クラブの振り心地を変えたくなければ、必ず交換時に古いグリップの重さを量って下さい。例えば古いグリップが40gあったならば、新しいグリップも40g前後にしましょう。

 そして、同じ重さの中から同じ太さのグリップを選んで下さい。グリップの太さと重さにこだわってほしいのは、この2つが変わるとクラブのバランス、ヘッドの利き具合が変わってしまい、振り心地に少なからず影響が出てしまうからです。グリップを新品に取り換えたら「フィーリングが変わって振りづらい」と感じる場合、大抵はグリップ重量が10グラム以上異なっています。

 グリップには表面が軟らかいタイプと硬めのタイプがありますが、これは好みで選ぶといいでしょう。ソフトフィーリングを求めるならば軟らかいタイプ、しっかり感を求めるならば手触りが硬めのモノやコードが入った(麻糸入り)タイプをお勧めします。グリップは体とクラブをつなぐ唯一の接点。新しいグリップは雨の日のプレーを快適にするだけでなく、グリップの滑りによるミスショットを確実に減らせるでしょう。

ミート率が悪いなら、グリップ重量をチェック!

ミート率が悪いなら、グリップ重量をチェック!

 アイアンやフェアウェイウッド(以下、FW)はそれなりに芯で捉えられるのに、ドラ

ミート率が悪いなら、グリップ重量をチェック!

ミート率が悪いなら、グリップ重量をチェック!

イバーを手にすると芯を外すことが多く、ミスを連発してしまう。芯を喰えば飛距離は出るけれど、芯を外すと飛距離がガクンと落ちてしまう‥‥

 こういう場合、クラブでまずチェックしたいのがグリップの重量です。「グリップなんて何でも同じ」と思っている人が少なくありませんが、最近はクラブを軽くするために、軽量グリップを装着するドライバーが増えています。一般的なグリップは50g前後なのに対して、軽量グリップは40g以下。30g前後の超軽量グリップが装着されている場合もあったりします。グリップも軽くした方が、クラブ重量を軽くできるからです。

 しかし、グリップの軽量化はメリットばかりではありません。グリップを軽くすれば振りやすさが増してきますが、反面、手元側の重量が軽くなる分だけ、手の軌道が不安定になるリスクが生まれます。ヘッド側に対してグリップ側が軽過ぎると、ゴルファーによっては力んでコックが早くほどけたり、ダウンスイングで手が浮いてしまい、打点がバラつきやすくなるのです。
 たかが10〜20gの違いと侮らないで下さい。他のクラブに比べて、ドライバーだけグリップが10g以上軽くなっていると、振った感じはずいぶん違います。FWやアイアンに比べて、ドライバーだけミート率が悪いならば、まずはグリップが軽いかどうか調べて下さい(グリップ重量はカタログやメーカーのHPで調べられます)。
 そして、ドライバーだけグリップ重量が40g以下ならば、50g前後のグリップに交換してみることをお勧めします。
 グリップを重くすると、クラブ全体の重量バランスが変わるのでバランスがが軽くなります。もし、ヘッドが利いていないと感じるならば、ヘッド側に重量調整用の鉛を1〜2枚張って下さい。これでグリップ交換前と同じバランスに戻り、ヘッドの効き具合も元通りになります。

 ちなみにダウンスイングで手が浮いてシャフトが寝やすい人の場合、グリップ内部に重量調整用の鉛を20〜40g程度入れるチューニングもお勧めです。クラブ重量はかなり重くなりますが、こうすることで手元の軌道が安定し、シャフトが寝るのを防止できます。

手元の軌道を安定させるアナライズ「シャフトスタビライザー」はこちら
http://www.analyze2005.com/sstotal