カテゴリー別アーカイブ: マグレガー

マグレガーMACTEC NV3アイアン(2004)

このインプレッションは2013年10月に書かれたものです

まだまだ暑いが、気がついたら例年のごとくゴルフクラブの新製品発表会の季節。はやくもゼクシオ8やNEWグローレが口火を切って発表された。このモデルに限らず発表会では前モデルとどれくらい性能が上がったかを、様々な要素でアピールする。それはしかたのないことだと理解するが、本当に細かいところまで、こちらからすると微細過ぎて、思わず製造誤差の範囲ではないかというぐらい細かい数値の変化をアピールする。

それはゴルフクラブに限ったことではなく、ビジネスにおいても前年比が問われるのと同じ。しかし本来クラブが持つ基本的なことが、どれぐらい変化した伝わりにくくなっている。やさしい、打ちやすい、という言葉が並ぶのだが、何か本質的なことが見えてこない。

しかし買わずにいられない性格は、まるでモデルチェンジにおけるメーカーの説明のように、僕の脳から発せられる「これはもしかして、かなり違うのではないか?」「もしかして、凄くよかったらどうしよう」という本質的でない、煩悩の声に反応して、とりあえず買ってしまうから、新製品シーズン前に断捨離する必要がある。

さて今回もいろいろ持って中古ショップに行き、買い取り査定してもらう時間にあれこれ探していると、2004年のマグレガーのアイアン、マックテックNV3が1万円で売っていた。当時のマックテックは2000年から続くゼクシオ全盛時代に、アンチゼクシオの一番手だったブランド。マックテックはナビシリーズNV、NV2、NV3とここでピークを迎える。ウッドも人気だったが、アイアンも低重心、深重心にとことん挑戦していた。

P1050471

アイアンで重心高を下げるため一番効果的な方法は、ネックの重量を少なくすること。キャロウェイのS2H2は、ショートホーゼルにして、スルーボアにすることで、ネックの重量を最小限に抑えたが、マックテックはホーゼルにチタンを採用することで、ネック重量の低減を図った。簡単にチタンを採用と書いたが、チタンは高価で、加工するのも高価、構造も複雑とかなり大胆な手法をとった。非常にコストを投入したのに、価格には今までどおりと、戦略的モデルでもあった。さらにマレージングフェース+ソールにタングステンと、今ではどこも出来ないであろう贅沢な素材を使って、NV3は作られている。

P1050470

しかし残念ながら、マックテックシリーズで一番低重心なのはNV2の16.6mm。(NV3は19.2mmとゼクシオシリーズとほぼ同じ)16mm台は今まで発売された全てのアイアンの中でもかなりの低重心だといえる。こちらは構造はほぼ同じでも、チタンフェースの分さらなる低重心になっていた。しかしマックテックNV3は、高反発規制にアイアンで唯一ひっかかったモデル。ボール初速にも挑戦していたモデルだった。実際に打ってみると、呆れるぐらい飛ぶ。

NV2もNV3も、低重心や、ボール初速というテーマに対して、目先だけでなく本質的に挑戦していたモデル。残念ながらブランドイメージやデザインで、この本質の素晴らしさを伝えきれなかった。僕のモノづくりは、オリジナルであることにこだわっていない。こんな素晴らしいもの、いいものを、更に良くすることが原点。「パクリジナル」という言葉をご存知だろうか?!木下晃伸さんのという方が書かれた本から生まれた言葉。良い物を徹底的に学習することで、その本質を見極め更に進化させることだと僕は解釈している。

音楽ほどではないが、ゴルフクラブには歴史がある。いいモノ、いい発想、とことん追求すれば、もっと評価されたのに・・というクラブが山のようにある。埋もれていった隠れた名作を、見つけてその本質を追求して、しっかり形にする。そしてその本質を、一生懸命コンテンツにして訴えることで、クラブを作り、ゴルファーに使ってもらおうと思っている。

ナチュラルパターは、オデッセイのバックストライク。MS、SSウエッジは、クリーブランドのニブリック、SSアイアンはプロギアのegg。非常にリスペクトした製品を更に良くしようというのが原点。そしてマックテックNV3アイアンも、リファインして作りたい。

世の中に残らないけど、素晴らしいコンセプト、本質を持っているクラブはたくさんある。世の中に残らない理由はなんだったのだろうかと考える。それはビジュアルや、ビジュアルから受ける印象ではないだろうか?! 僕が作るクラブは、プロからのトップダウンではなくて、アマチュアが使ってスコアがアップする、スイングが良くなるという要素が必ず入る。しかしアマチュアゴルファーが
欲しくなる「夢」の部分は、何十球に一発の奇跡の一発であるとか、松山英樹のように打てると思えるかっこ良さであるとか、「夢」の要素が残っていないと、買ってくれない。

そして大手量販店は、黙っていても売れるクラブを売りたがる。メルマガやブログでしつこく毎日書いていることは、アマチュアゴルファーにとって必要なこと。しかしお店では効率を重視するために、あれこれ説明しなくてもいいクラブを売りたがっている。本質を伝えるよりも、イメージを伝えるほうが簡単だからだ。スコアアップよりも販売を考えると当然の結果だろう。

今後も僕は、自分でパクリジナルを繰り返し、ささやかな抵抗を続けていくだろう。

マグレガー マックテックIH101アイアン

このインプレッションは、2011年1月に書かれたものです

実は・・またまたアイアンセットを買ってしまった。12月に3セット!さす

がの僕も月に3セット買うの初めて!今回はマグレガーのマックテックIH101(赤)アイアンだ。理由は非常に単純。今使っているエース1W。マックテックDH101通称赤マックが、最高にイイ~からだ。なのでアイアンも赤マックを衝動買い。実際製品も非常に格好良くなっている。

MACGREGOR IH101 BACK-thumb

まずサイズ!前回のナイキの時も書いたけど、アイアンでとても大切なのはヘッドのサイズだ。ヒール部分からトウの一番長い所まで79mm、僕エースのis501が80mmとほぼ同じ。スコアリングラインは54mmとまたまた同じ。ヒールの一番低いところは29mm(30mm)、トゥの一番高いところで55mm(54mm)とほぼ同じサイズトゥとヒールの差が26mm(24mm)と2mm差がある分、じゃっかんトウが高く見えるがフェイスのサイズはほぼ同じ。 ソールの幅も一番広いとこが22mmと全く同じ。ヘッドサイズはうり二つ。

アイアンサイズは、今までどういうアイアンでゴルフをしてきたか?ということに大きく影響を受ける。僕はハンデ6→3と急に減らした時期があるのだが、この時使っていたアイアンがキャロウェイのX-12。このモデルはヘッドがかなり大きい(ヒール部分からトゥの一番長い所まで85mm、スコアリングラインも60mm、ヒールの一番低いところは30mm、トゥの一番高いところで60mm)二回
り大きい、重心距離は44mmとかなり長い。キャロウェイのビッグバーサアイアンが発売されるまで、アイアンの重心距離は34mm前後が標準だった。ビッグバーサアイアンは、重心距離が49mmと飛び抜けて長かった。このモデルは当時飛ぶと話題になったのだが、特殊な形状と右に飛びやすいという弱点もあり大ヒットとまでは行かなかった。その後モデルチェンジX-12となり、重心距離も44mmに若干抑えめ、伝統的なアイアンらしい形状に少し近づき大ヒットした。

飛ぶアイアンと言うと、ロフトを立てたストロングロフトというイメージがあるが、実は重心距離が長い方が飛ぶ。 実際当時X-12は飛ぶと話題となった。アイアンで飛距離を求めると・・と云々あるけど、飛距離があるのは絶対有利。X-12はやさしさも充分あり、キャロウェイのアイアンは易しくて飛ぶと話題になり後のX-14などの名器を生んでいった。その流れで、アイアンも重心距離の長いモデルが増え始めた。

僕のこだわりはライ角だから、軟鉄鍛造の調整出来るモデルに限られる。これは譲れない。軟鉄鍛造でヘッドが大きくて、重心距離が長いということだと、37mm~38mm前後となる。赤マックもis501も38mm。実際この重心距離が打ちやすく、操作性も残っていて、僕のよく言うセミオートマチック感覚で扱いやすい。初心者からはお勧めできないけど、100を切ったらこういうアイアンを使って欲しい。もちろん上級者やプロにとっても、充分満足して貰える性能があると思う。

この赤マックで言えるのはis501とちがう、貼り合わせでない鍛造の音と打感、そしてやさしさが犠牲になっていない性能。ホーゼルは少し長いのだが、深いキャビティで、ボールも良く上がり程よくスピンも入る。

気になる点はロフトが立ちすぎている。5番で24度PWで44度となっている。PWとAの間に何か入れたくなる。6番を27度にして、5番アイアンを抜いて6番アイアンからPWまでのセットで使おうと思う

あとはシャフト問題。NS950は好きなシャフト。でも僕には軽い。DGとNSの間の重さをを純正で採用してくれるメーカーは無いものか? 僕には少し軽いので、リシャフトしようと思う

マグレガーマックテックIH101+NS950(5番)

———————————DATA——————————

長さ37.75inch/重さ400g/バランスD0/振動数316cpm

ロフト24°/ライ角61(5番アイアンのデータ)

——————————————————————-