パットの方向性に悩む貴方は中尺パターをお試しあれ

パットの方向性に悩む貴方は中尺パターをお試しあれ

パットの方向性に悩む貴方は中尺パターをお試しあれ

ドライバーやアイアンと違って、ゴルフクラブの中で最も選択肢が多いのがパター。色んなヘッド形状を選べますし、長さもバリエーションが豊富です。通常の長さ、中尺、そしてドライバーよりもシャフトが長い長尺パターも市販されています。

さて、このパター選び。ドライバー同様、ヘッドは小さいよりもが大きい方が、スイートエリアが広くミスに強くなります。パターは飛距離が求められるクラブではありませんが、フェースが大きく、そしてヘッドが奥行きが深い形状のパターを使った方が、道具(クラブ)でミスを減らせます。

では長さは、どれぐらいがいいのか?

通常のパターは33~35インチ。サンドウェッジよりも少し短めです。中尺は40~42インチ。これはフェアウェイウッドとほぼ同じ長さ。そして長尺は46~48インチ。ドライバーよりも長くなっています。いずれの長さも長所短所がありますが、手首を使い過ぎる癖を直したい人、方向性に不安を抱えるゴルファーにお勧めしたいのが中尺パターです。中尺は普通の長さと長尺の「いいところ取り」しているからです。

中尺パターの場合、グリップエンドをおへそ付近にくっつけて構えてストロークします。このためストローク中に手首が余計な動きをしません。また、長尺パターも同様ですが、グリップエンドを体に固定して振り子運動をするので、軌道、フェースの向きが安定します。そして通常のパターよりもヘッドも総重量も重いので、ゆったりストロークできることでインパクト時に余計な細工が入りづらく、誰でも方向性が良いパットを打つことができます。

中尺パターのもうひとつのメリットはグリップの仕方や打ち方が特殊にならないこと。グリップ、アドレス、ストロークとも通常のパターと同じ。今までと同じフィーリングで打てるので、買ってすぐに使いこなせます。

 米ツアーでは、パットの名手で知られるP・ミケルソンも一時期使っていた中尺パター。プロが使っているから「難しい」と思われがちですが、そんなことはありません。パターの方向性に悩んでいるならば、使わない手はありません。中尺パターはアマチュアにも大いにメリットがある道具です。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。