アイアンの打点位置が悪い人はライ角をチェックすべし

アイアンの打点位置が悪い人はライ角度をチェックすべし

アイアンの打点位置が悪い人はライ角度をチェックすべし

ドライバー同様、メーカー主力モデルのアイアンは1~2年サイクルでモデルチェンジするのが当たり前になってきました。最近の傾向は複合素材を使っての低重心化、薄肉フェースによる反発力のアップ。そして新設計のシャフトを投入することで、やさしさと、さらなる飛びをアピールしています。実際に試打してみても、数年前のアイアンに比べるとフェースの弾き感が強く、飛びの性能がアップしています。

その一方で、アイアンを試打して気になるのがライ角です。

クラブにはロフトが付いているので、インパクトでソール全体が地面に付いた時(ライ角が適正な時)、フェースが目標を向きます。インパクトでヒール側が浮けばフェースは右を向き、ボールが右に飛びやすくなります。逆に、インパクトでトウ側が浮けばフェースは左を向き、ボールも左に飛びやすくなってしまうのです。高機能なアイアンでも、ライ角が自分に合っていないと打ちづらいし、球筋も安定しません。

ライ角が合っていないと打点位置にも影響が出ます。ライ角がフラット過ぎると(インパクト時にヒールが浮くと)、打点位置はトウ側にズレやすいですし、逆にライ角がアップライト過ぎると(インパクト時にトウが浮くと)、打点位置はヒール側にずれて芯で捕えづらくなるのです。要するに、どんな高性能なアイアンも、ライ角がゴルファーに合っていなければ、そのクラブが持つ性能を100%引き出せないのです。

クラブのライ角が合っているかどうかは、簡単にチェックできます。市販のソール用ショットマーカーをソールに張ってボールを打ち、擦れ跡を見れば分かります。これでソール中央に跡が残っているならば、ライ角は適正。擦った跡がヒールやトウ側にしか残らないならば、ライ角は不適正。また、長年同じアイアンを使っているならば、ソールの傷でも分かります。傷跡がトウ側やヒール側だけに偏っている場合は、ライ角が合っていないと思って、まず間違いないでしょう。

クラブの性能を引き出せるかどうかは、ライ角で決まります。そしてゴルファーの適正ライ角は十人十色。自分に合ったアイアン、やさしいアイアンを買おうと思っているならば、購入時に試打して、ライ角が自分に合っているかどうかチェックすることを、強くお勧めします。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。