寒くて厚着になる冬は、 ドライバーを10g重くして使おう

寒くて厚着になる冬は、 ドライバーを10g重くして使おう

寒くて厚着になる冬は、 ドライバーを10g重くして使おう

寒い寒い日本の冬。ゴルフは寒さと風との闘いになってきます。加えて、防寒ウエアを着用によって体や腕の動きが制限され、イメージ通りのスイングがしづらくなります。 さて、この厳寒時季のゴルフ。ドライバーを上手く打つにはしっかり体を使ってテークバックすることですが、その鍵を握っているのがクラブ重量です。

夏場に比べると冬場は寒さの影響でシャフトのしなりを感じづらくなる分だけ、クラブが軽く感じる傾向があります。そして、厚着している分だけ体が思うように動きません。ですので、冬場は夏場よりも10gぐらい重いドライバーをお薦めします。例えば300gのドライバーを使っているならば310gにするという風にするのです。 クラブを重くするとヘッドスピードを上げづらくなりますが、反面、重さを感じ取りやすいので軌道が安定してきます。

また、テークバックではクラブが重い分、クラブに体が引っ張られるため体をしっかり使えます。 冬にゴルフする機会が多い人は、重めのドライバーを1本用意した方がいいと思いますが、クラブの重さは鉛を使っても調整可能です。ゴルフショップに行けばチューニング用の鉛が数百円で売られています。これをシャフトとヘッドに分けてペタッと張ることで、簡単にドライバーを少し重くできます。

具体的に言うと、シャフトは手元側(グリップの先端側)に5~10g貼ります。ヘッドの方はソールのヒールやトウ部分に5g前後貼るようにして下さい。重くしたいからといって20g以上張るのはやり過ぎです。トータルで10~15gぐらいを目安に貼るといいでしょう。そして、ボールを打ちながら重さ調整し、自分にちょうどいい重さに仕上げます。 クラブは軽い方がヘッドスピードが上がって飛距離が伸びると言われてますが、厚着して体が動きづらい冬場にはこの常識は当てはまりません。クラブは少し重い方が、クラブの重さを利用できる分だけ手打ちを防止できますし、打ち急ぎのミスも防止できます。冬のゴルフでドライバーが苦手な人は、ぜひとも試してみて下さい。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。