ピン G20フェアウェイウッド

このインプレッションは、2011年9月に書かれたものです。

1Wがイイ!なので買ったというよりも、実は新製品発表会で試打したときに、G20で一番いいのは FWだと思っていたから。値段的に定価25200円、実売は2万円切る価格だし、ヘッドの大きさに注目した。1Wが460cc時代を迎えて暫く経つというのに、FWは昔のままで、ラフからの抜けがどうのこうの?!とか気になるのかユーザー心理はよくわからないけど残念ながら変化がない。1Wに近い投影面積のFWが非常に少なくいのだ。PRGRのeggなど数えるほどしかない。

g20fw

このG20FWは、G20ドライバーとのマッチングを図っているので、投影面積でのつながりが非常にいい。そして重心距離も長め(33mm)、重心距離はどうしても構造上1Wのように長く出来無い。しかし重心距離の長めの1Wを使っているなら、FWも長めを使う方が相性がいい。僕のようなシャットフェイスだとなおさらだ。

ロフト設定だけど14度ぐらいのFWが欲しいとこだが、残念ながら3Wは15度(表示ロフト)だけしかし計測してみると、リアルロフト14.75度と扱いやすい感じ。重心高も低めで低スピンな球が打ちやすい。

シャフトだけど、実はまだリシャフトしていない。それというのも純正シャフトのSが入ったスペックが、今の僕の1Wと非常にマッチングが良いから。そもそもヘッド買いで購入、シャフトよりもヘッドのロフト、フェイス角重視だったのだけど、重さ334gと純正としては重量がしっかりあるし、硬さも振動数270cpm、センターフレックス値4.89とまさに僕のFWの黄金値。 僕にはいいけどヘッドス
ピード最低でも46m/sは欲しいスペック。なのでシャフト選びには要注意。これの純正のTOURとかは、手を出さないほうが無難だと思う。

打ってみると音が、キャロウェイのFWっぽい高めの音で非常に心地よい。とりあえずこれでラウンドしてみて、それからリシャフトすることにしようと思う。
——————————————————————-
PING G20 15度+TFC330F (S)
———————————DATA——————————
長さ42.5inch/重さ334.6g/バランスD1.5/振動数270cpm/センターフレックス値4.80/表示ロフト15度、リアルロフト14.75度/フエイス角±0度

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。