オデッセイ DART 中尺(41インチ)

このインプレッションは、2011年11月に書かれたものです。

もうすぐ発売となるパーゴルフの企画で、新製品を一気にテストした。そのテストの中で気になったパターがあり中古で出たころ買おうかなあと思っていた。つるやゴルフ神田駅前店に行った時にそのパターがあったので、迷わず購入。

5000182421_p01_01

僕はショップを定期的に訪れることにしている。定点観測として、量販店、中古ショップ、ディスカウンターなど、このコーナーにも店名が出てくると思うが、足で稼いだ生きた情報は大切だ。つるやゴルフ神田駅前店は、店長が頑張っていてダートも中尺、長尺とも仕入れていた。今からベリーパターは流行る兆しがあるし、アメリカはすでにブームだが、ようやく日本も品数が増えてきた。中古で買おうと思ったが、つるやゴルフは、内緒だが新品を非常に安くしてくれる。安く買える分中古に売ったとしてもリスクが少ない。

まず長さが41インチと僕にはちょうどいい。ダートは2ボールよりもオートマチック感があって、ヘッドの挙動が安定している。そしてヘッド上部の矢印でボールをセンターでヒットしやすい。オートマチックなのに、シャープに構えられるのが魅力。ホワイトアイスのインサートは、音と転がりが一致するので、距離感も出やすく、僕はかなり気に入っている。

買って早速コースで使ってみた。練習グリーンでは問題なく、良い感じだったがコースで打つとヘッドの軽さが気になってきた。まあヘッドの重さは鉛でも貼って重くすればいいだけだが、エースでつかっているPINGのシドニーと比べると、オートマチック感が乏しい。ヘッドがインパクトで良くも悪くも動いてしまい。細工をしたくなってしまうのだ。ヘッドもシドニーより小さいし、長い分だけ尚更小さく感じる。中尺だとシドニーぐらいのヘッドの大きさが欲しいところだ、ヘッドの重さは調整できるが、ヘッドの大きさは出来無いのだ。シドニーやスコッティキャメロンのコンビなどに慣れると、ダートのヘッドは小さく感じる。中尺、長尺はヘッドの大きさが非常に大切。特にフェイス長がシドニーは104mm、ダートは87mmと2割ぐらい短い。これもコースでプレッシャーを感じて打つと、ヘッドが小さいと集中力は増すのだが、やはりオートマチック感が希薄になっていく。

できればシドニーの中尺が欲しいと思ってしまった。残念ながら処分することに、新製品を買ってもし、合わないと思ったら、1分でも早く売りに行くこと。殆どの場合発売直後が一番買取が高く、どんどん価格が落ちて行く。そしてその店にとっての初物。今まで在庫がなく初めての買取商品、最初の1本は、どうしても欲しい商品の場合、買取価格もアップすることが多い。1000円、2000円は差が出てくる。賢く利用すれば、衝動買いもリスクが少なくなるものだ。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。