ナイキ メソッドコンセプトパター中尺(2012)

このインプレッションは、2012年4月に書かれたものです

劇的なババワトソンの優勝で今年のマスターズも終了。PING好きの僕としてはとても嬉しい。今まで常識とされていた、重心距離の長い、慣性モーメントの大きいヘッドは、ハードヒッターには向かないというのが、完全に覆されたと言えると思う。これは流行でなく、今後のゴルフクラブの流れになると思う。

慣性モーメントといえば、マスターズでも目立っていた中尺パター。中尺パターはベリーパターと呼ばれ、おへその当たりにグリップエンドを固定して振り子のように打てるからミスしにくいと言われているが、もう一つの重要な要素としては、重量が重くなるので、クラブとしての慣性モーメントが大きくなるというメリットがある。グリップエンドをおへその固定しなくても、パターとしての慣性モーメントがあるので軌道が安定する。慣性モーメントが大きい=動かしにくいということになり、動かしにくいが余計な動きをしにくく、結果ミスヒットしにくい。この動かしにくさは、オーガスタのデリケートなグリーンに対応するため。そしてミスヒットしにくく、慣性モーメントがある分ミスヒットにも強くなる。

僕のエースパターは、前々回に取り上げたナイキのメソッドコンセプト。これにアナライズの人気商品でもある「プロバランスパターキット」というグリップエンドに重量を加えて、慣性モーメントがアップする。シャフトスタビライザーのパター版を入れてチューニングをしている。3種類のウエイトがセットになっているから、イロイロ変えれて、ヘッドとウエイトのバランスをチェックしながら試せるのだけど、マスターズ中継を見ていたら、ナイキのメソッドコンセプトの中尺パターがどうしても欲しくなり。日曜日につるやゴルフ神田駅前店で衝動買いしてしまった。

中尺は総重量がぐんとアップする。通常の34インチのメソッドコンセプトは、重さが543g、それを0.5インチ伸ばして、プロバランスパターキットの50gのウエイトを入れているので600gになっている。衝動買いした中尺は長さ41インチで725gと、しっかり重量がある。そして通常より長めの54センチもある中尺用グリップが入っていて、これだけで多分100g近くあるはず。やはりエースパターよりも100g以上重い分ストロークしても安定感がある。

中尺のメリットは、重量があり手先で振れない分、ショルダーストロークの練習にもなり、使えば使うほど、パターの練習にもなる点も、オススメポイント。僕はおへそに付けずにストロークしているが、ヘッドを腹筋で押し出す感じが出ていい感じだ。中尺で慣性もーメンドが大きいわりには、ヘッドが巨大でない点も気に入っている。まだコースでは試していないが、次のラウンドで試してみた
いと思う

 

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。