テーラーメイド ロケットボールズ(RBZ)-TOUR フェアウェイウッド(2012)

このインプレッションは、2012年5月に書かれたものです。

さて話題のRBZのフェアウェイウッド。満を持して僕も買った。JYPESにもやっと並行が入ってきてる。噂ではアメリカからの並行の出荷をメーカーが抑えていたようで、なかなか並行モノがはいってこなかったようが、発売して3ヶ月弱ようやく入荷してきた。

僕はホームコースで240yのティショットが必要なホールが何ホールかあるので、14度ぐらいのロフトの3Wを選ぶことにしている。RBZ、RBZ-TOURともすでにアナライズには、リシャフトが何本も来ているので、リアルロフトの傾向がつかめている。どちらも表示ロフトの割にリアルロフトは多めだが、TOURにしかない13度のものをチョイスした。

P1040269

形状は初代Vスチールっぽく、シャフトからフェースのつながりが、テーラーメイドならではで構えやすい、そしてFP値があまりないのもテーラーのいいところ。実測すると僕の見立て通りの14度のリアルロフトでピッタリ。シャフトが70g台と重めのシャフトがついているのも並行の良いところ、しかしライはアップライト命の僕にはフラットで、シャフトは並行ならではで振動数276cpmと、ドライバーに入れると260cpm後半になるぐらいしっかりしている。日本のRBZは50g台のシャフトで、以前のバーナーシリーズと同じく軽すぎなので、それを買おうと思う方は要注意。

僕は最近早朝千葉市民ゴルフ場からの、仕事というパターンがマイブーム。さっそくRBZ-TOURもテストに行った。打ってみると評判通りのフェースの弾きで、初速も出る感じ。しかしティショットで打っても初速は出るが吹けて、評判通りとは言いがたい。地面から打っても、やはり吹け気味でスピン量が多い。

T島が先週書いていたけど、やはり少し重心位置が高め。少し重心高が低いRBZの方が飛距離が期待できるようだ。これでは、今エースのテーラーメイドR11FWのが、RBZほど弾かないし初速は出ないけど、スピン量が少ない分飛んでい

る。良ければリシャフトとおもったが、これはリシャフトしないで処分することにした。その売ったお金でR11SのFWを買おうと思う

……………………………………………………………………………
テーラーメイド RBZ-TOUR 3w(13度)+純正シャフト
……………………………………………………………………………
——————————–DATA——————————-
長さ43nch/重さ335.3g/バランスD4.5/振動数276cpm/センターフレックス値5.22/表示ロフト13度/リアルロフト14.0度/フェイス角-0.5度/ライ角56.75度
———————————————————————

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。