クラブ長さの法則

クラブ長さの法則

クラブ重量と同じく、ドライバーからサンドウエッジまで、 “ 徐々に短く” なることが大切です。意外に思われるかもしれないですが、メーカーによって、クラブ長さの測定方法が違います。同じ45インチの表示でも、長さが違うということが結構あるのです。

日本のメーカーはヒールエンド法という計測方法が多く、アメリカのメーカーは60度計測法という測り方が一般的。テーラーメイドやナイキなど、あれなんか短くないか?と思ったことはありませんか? 1Wなんかでは約四分の一インチぐらい短くなります。ということで “ 同じ測定法 ” で、測定 し 比較することが重要 です。特にフェアウェイウッドなど番手ごとで別のメーカーを使っている場合、番手での長さの差がほとんど無い!もしくは長さが逆転する!と言うことが起こってしまう場合があります。

P1040311

グリップから、ヘッドのヒール側の距離までの長さを測るのが ヒールエンド法

P1040309

この斜度を60度にしたときにソールと斜面があたるまでの長さを測るのが、60度計測法

ウエッジも番手ごとで別のメーカーだと同じようなことが起こってしまう可能性がありますので、“ 同一基準での測定 ”が必須なのです。ちなみにアナライズではヒールエンド法という測定方法で測定しています。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。