テーラーメイド ロケットボールズ 3HL(17度)

このインプレッションは2013年6月に書かれたものです

僕の有料メルマガの連載から生まれた電子書籍、ロケットボールズ完全使いこなし術。おかげさまで好調に売れている。初代ロケットボールズのほうが優れているわけではないが、この連載でとりあげた3HLを試してみたくなった。

僕のヘッドスピードだったら、3Wでも充分ボールも上がるが、重宝するのはこの17度というロフト。地面から打ってもボールも上がり、ロングの2打目でグリーンを狙いやすい。これならフェアウェイウッドが1本でよくなるので、セッティングの幅が広げることも出来る。

P1040549

ダイヤモンド・オンラインの名器自慢という連載で、森下千里ちゃんとの対談でも、初代ロケットボールズを取り上げた。彼女もロケットボールズを使っているようだが、3Wが打てないと悩んでいた。残念ながら僕は常々言ってるが、ヘッドスピード45m/sは無いと、よほどミート率が高くないとロフト15度のスプーンを使いこなせるのは難しい。千里ちゃんは、プロ・アマで一緒に回った片山晋呉プロにそのクラブは打ちこなせないと、ハッキリいあわれたと、軽く怒っていたけど残念ながら全くの同意見。ヘッドスピードがあっても、シングルハンデぐらいの腕前が無いと、15度前後のスプーンはスコアアップに繋がらない。奇跡の一発が出るが、逆に傷口を広げることのになりやすい。(ティショットで使うなら別)

しかしロフトが2度増えるだけで、かなり状況が変わってくる。さすがにヘッドスピード40m/s無い森下千里ちゃんには無理だけど、ヘッドスピード43m/sぐらいのゴルファーにはピッタリとなってくる。みんな3Wの3という数字に呪縛があるのか、これが4と書いてあるのと、3とかいてあるのでは反応が違う。実際、森下千里ちゃんも、「キャディさんスプーン!」と言いたいという気持ちもわからなくはない。この3HL、ロフトは4W並だが、クラブの長さとヘッドの大きさは3Wと同じ。だから4Wとも違う。シャフトが長いほうがヘッドスピードが上がるので、ボールは上がりやすくなるし、ヘッドが大きいほうが安心感がある。まさに名前通り3HLなのだ。

そんなスプーンが打てないけど打ちたいという層にピッタリの初代ロケットボールの3HL、日本仕様に3HLは無いは残念、そして並行シャフトはやはり軽くて硬い。総重量が312.6gと軽く、振動数はなんとRで273cpmと、アフターマーケット用のシャフトのS並となっている。今回は日本で買えないので、サンディエゴのフェアウェイゴルフで5本も仕入れた。アナライズで作ったW65のロケットボールズカラーのシャフトを入れて、販売してみたかったから。

P1040550

残念ながら送料入れなくて1本175ドルで、この円安。中古を買ってリシャフトするよりも随分割高になってしまうが。マーク金井の指示の下キッチリ仕上がった、初代ロケットボールズの3HLに、アナライズのW65もしくは、W65+が入ったクラブ、飯場したら一瞬で売り切れてしまった。

T島がいうには、17度のヘッドを、フェースアングルを開いて、16.5度ぐらいにするのも面白いと言っていた。何かと使い勝手のよい3HL(17度)かもしれない。

テーラーメイド ロケットボールズ 3HL(17度)+並行純正R
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
総重量312.6g/バランスD3.5/振動数273cpm/センターフレックス値/5.21表示ロフト17度/リアルロフト17.5度/フェース角-0.5度
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。