UST Mamiya MyATTAS ジェネレーション2

マイアッタス ジェネレーション2はGOGOと正反対なシャフト。中間剛性が高く、挙動は4uに極めて近いシャフト。80トンの高弾性シートをフルレングス(全長)に巻いているので、4uよりもさらに弾き感が増しています。試打ヘッドはテーラーメイドのグローレ。このシャフトはワンスペックでシャフト重量は50g台。硬さはX相当。

長さ46インチ。
総重量303g
バランスD3.5
振動数252cpm
センターフレックス4.29kg

こちらの方が振動数が低く、センターフレックスが高い。数値からも中間剛性が高いことが伺い知れますが、実際に打つと数値以上に中間剛性が高く、それが鋭い弾き感につながってます。そして高弾性シートのメリットを活かしてフィーリングがとにかくシャープです。クレージーのロイヤルデコレーションとアッタス4uの足して2で割らないようなシャフトで、タイミング良く振りきれると「な
んだこりゃ~」ってくらいヘッドスピードが上がり、ボール初速も上がりました。

P1040118

毎日のように同じ計測器でドライバーの弾道計測してますが、マン振りしたら280ヤードを超えたショットも何発か出ました。フィーリングがシャープなので合う合わないがハッキリ出るタイプのシャフトですが、シャフトで飛距離を伸ばしたい中上級者が使えば、控えめに言って5ヤードアップ、大げさに言えば10ヤードアップも狙えそうなシャフトです。もちろん、このシャフトの良さを引き
出すに46インチ以上の長尺仕様デフォルトになります。

ここ1発の飛びを求めるならばマイアッタスジェネレーション2はすごい武器になるはずです

デザインですが

マイアッタスはシニアゴルファーを意識しているんでしょう。色は渋いレッドで、ロゴとグラフィックは金ぴか。クレージーのロイヤルデコレーションに似たテイストで、マルマンのマジェスティあた
りに装着すると、統一感が出そうなシャフトです。

 

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。