テーラーメイド グローレ5W(2012)

テーラーメイドは、今年も次々に新製品が出る。僕のエースドライバーはVG3と
グローレ。発売からもうすぐ一年経つので、そろそろマークダウンされる。グロ
ーレはジャパンアジアモデルで、いい意味でテーラーメイドらしさがない。ドラ
イバーはチタンの鍛造フェース、遠藤製作所で作っているという噂。

女子ツアーだけでなく、最近はシニアツアーも使用者が増えてきている。理由は
やはり飛距離、噂によると今まで青木功だけCMの関係で使うことができたが、ほ
かのシニアのプロにも支給が始まったようだ男子ツアーも飛ぶという評判なので、
使いたいという声が多いが、イメージ戦略なのかR1やロケットボールズ(RBZ)
しか支給しないらしい。

さてこのグローレだが、実はユーティリティもフェアウェイウッドも出来が非常
に良い。特にフェアウェイウッドは女子ツアーで人気。男子ツアーで人気のRBZ
よりも断然使用者が多い。今回僕はアナライズのフィッティング用のヘッドをテ
ストしたくて、グローレとR11Sを購入した。どちらも5番ウッドにしたのは、18
度というロフトなのだが、ヘッド体積が195ccと3Wと同じ。であることと、ヘッ
ド重量が214.9gと重めの3Wと同じぐらいであること。察しの良い読者ならお分か
りだろう。RBZの3HLと同じコンセプトのクラブを作ってしまおうということ。で
きることならこのヘッドの「5」という数字を3HLに書きなおしてしまいたいと
思うのは、僕だけではないはず。ヘッド重量から考えると42.75インチぐらいで、
理想的なスペックの3HL的ウッドが完成しそうだ。

P1050091

グローレのヘッドはオールチタン。チタンのヘッドは打感と音がイマイチといわ
れることが多いが、グローレは心地よい打球音と打感。僕が愛用しているアダム
スのスピードラインスーパーXTDに似ている。ドライバーと違ってフェース側に
2つウエイト調整できそうなウエイトがあるのもいい感じ。試打してみて驚いた
のだが、R11Sよりも平均して5ヤードは飛んでいる。明らかにボール初速が速く、
フェースの弾きの良さを感じるヘッドだ。可変スリーブのノーマルポジションで
ロフトは18度だが、フェース角が+1度あるので、17度で±0度の3HLが出来上がる。
純正シャフトはSで振動数が262cpmと意外にしっかり目。そもそもアナライズシ
ャフトの試打用なので、ヘッド買い目的だから問題ない。面白いのがこの純正シ
ャフト、RBZの純正シャフトよりも重量がこと。僕はこの辺にテーラーメイドの
ブランドの位置づけの歪を感じずにはいられない(笑)

スタジオ用に買ったが、もしかして僕のエースになるかもしれない。いや3HLっ
て書いてあれば間違い無くエースかもしれない。マークダウンで値段が下がりそ
うなので、もう1本たぶん買ってしまうだろう

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
——————————————————————-
テーラーメイド グローレ5W(表示ロフト18度)+GL550純正(S)
———————————DATA——————————–
長さ42inch/重さ311.4g/バランスD2/振動数262cpm/センター
フレックス値4.12/表示ロフト18度/リアルロフト18度/フェース角+0.5
——————————————————————-

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。