アダムス タイトライズTOURフェアウェイウッド(2013)

このインプレッションは2013年11月に書かれたものです

アメリカでは人気のアダムスゴルフ、僕としてはいいクラブを開発しているにもかかわらず、日本では何故か人気がなかった。テーラーメイドの傘下に入って、ジャンボ尾崎とも契約して、人気が出始めてきた。僕はフェアウェイウッドやユーティリティを非常に高く評価してきたのでなんだか嬉しい。

 

アダムスゴルフのクラブが実は日本でも大人気だったことがあるのを覚えている方結構いらっしゃるのではないか?それは「タイトライズ」というフェアウェイウッド。18年前それは深夜のテレビの通販で注目を集め始めた。「どんなライからでもらくらく打てる」「ボールが上がりやすく飛距離がでる」みたいな売り文句だったと思うが、そのテレビ通販で火が付いた商品だった。(その後オリマーというメーカーのトライメタルというフェアウェイウッドもテレビ通販で人気が出た)「上下逆転ヘッドデザイン」「3面ソールデザイン」という独特の形状で、その名の通りタイトなライからでも平気で打てるフェアウェイウッドだった。

 

もちろん僕も使ったことがあるタイトライズに、アダムスのお家芸である。スリットを入れて復活させた。アダムスのフェアウェイウッドは人気がない頃、チタンのスーパーXTDなど使っていた僕としては、まさに打たずにいられないクラブだった。もちろんアルバやEVENの取材でも打ってみて高い評価をしていた。そんな時ジーパーズに行ってみると、タイトライズツアーと言うモデルが入荷していた。これは日本で発売されていない。比べてみるとヘッドが小ぶりで、133ccしかない。ロフトも14.5度と18.5度しかない。

P1050667

 

 

最近僕はよく河川敷のゴルフ場に行っているが、ティショットで使えるフェアウェイウッドを探していたが、ロフト的にはちょうどよい。ノーマルよりも少し高い19800円という価格だが、シャフトもアルディラの新しいTour Blue ATX というシャフトにも興味があったので迷わず購入した。

P1050668

計測してみると、シャフトが僕のいつものスペックとピッタリ同じでビックリ。ヘッドは小さいのだが、独特のネック形状でパッとみるだけで重心距離は長めだろうと感じた。フェースとネックが分離して見える形状、マルマンにスッポンというモデルがあったことを覚えているマニアの方は多いと思うが、スッポンほど極端に作ってないがかなり似ている。計測してみると35mmとフェアウェイウッドとしてはかなり長め、構えてみるとロフトは多く見えるが、計測してみると13.5度しかない。

 

P1050669

ティショットで打ってみると、低スピンでボールの高さも程よい。ボールも引かかる気配もない。ドライバーで打っているみたい。河川敷でのティーショットスペシャルが出来た。「地面からボール上がります?」とT島に質問されたが、赤羽ゴルフ倶楽部では、2打目に3Wを握るシチュエーションが残念ながらまだ一度もない(笑)たぶん低空飛行しか出ないと思うが、ティーショットスペシャルとしてかなり使えると思う。この飛距離に味をしめた僕は、サンディエゴのフェアウェイゴルフでアダムスのドライバーをオーダーしてしまった。

 

フェアウェイから使うなら、ツアーよりノーマルを選ぶ方がいいかもしれない。初代タイトライズでもそうだったが、ロフトの多い19度、22度などかなり使い勝手がいいとおもう。16度というロフトがあるのも魅力だ。

 

このアルディラの新しいシャフトも悪くはないが、やはり僕にはアナライズW65+がベストマッチなので、リシャフトして使うことにする。

……………………………………………………………………………
アダムスゴルフ タイトライズ(14.5度)+アルディラTour Blue ATX(S)
———————————DATA——————————
長さ42.75inch/重さ331.1g/バランスD2/振動数264cpm/センターフレックス値4.63/表示ロフト14.5度/リアルロフト13.5度、フェース角-0.5度
——————————————————————-

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。