ヤマハ インプレスRMX TOURドライバー(2014)

このインプレッションは2014年1月に書かれたものです

マーク金井ブログにはもう書いているので、ご存知の方も多いだろうけど、最近使っているドライバーはヤマハのインプレスRMXTOURドライバー。昨年初代RMXが発売開始されたのだけど、実はゴルフ業界を震撼させる販売方法を取っている。クラブメーカーは、ゴルフクラブとして販売するのが基本。しかしヤマハRMXはクラブとしても売るし、ヘッドだけも売る。シャフトもスリーブをつけて売る。という常識はずれなことを開始した「解体」というコンセプトを打ち出して、クラブメーカーなのにパーツも販売しているということになる。

P1050691

今までは、完成品とパーツ別会社にして、別ルートで販売するのが普通。当然パーツ販売しても、クラブを組み立てるのには、道具も技術も必要だった。しかし可変スリーブが一般化して、組み立てが必要なくなった。歴史的にはキャロウェイゴルフが、i-MIXというヘッドとシャフト別々の販売を行っていたが、同じモデルのクラブも併売していた。しかしヤマハは、RMXでは別売りのみ。それもコンサバティブな日本のゴルフメーカーが思いきり大胆な販売方法を取ったので、業界内では非常に話題となった。それに対していろんなことを言う人も多い。

そもそも「カチャカチャ」を使えば、別々に販売できるものだけど、メーカーは既得権益を手放そうとはせず、クラブと、シャフト別々に販売しようとしない。テーラーメイドは、途中でスリーブの形状を変更するという、カチャカチャの持つユーザビリティを自ら否定するようなモデルチェンジを行っている。お気に入りのシャフトさえ持っていれば、ヘッドを購入すれば済むのに、またクラブとして購入せねばならない。(テーラーメイドは可変位置を更に細分化するという変更意図があるので、スリーブの変更は進化とも言えるが・・)

ヤマハのRMXは、別々に販売している上に、昨年とスリーブは共通と、「解体」というコンセプトをしっかりと守っている。もう一つ僕が評価したい点は、カチャカチャと弾道調整は切り離して考えていることだ。弾道調整はヘッドで行い、カチャカチャは180度方向の2か所しか固定できない。ライ角の調整に留めている。僕はライ角について非常にこだわりを持っているのは、メルマガ読者なら充分理解してくれていると思う。ドライバーは基本ティアップして使うので、地面とコンタクトしないから、さほどライ角は重要ではないと理解している人が多いと思う。それは半分正解、半分不正解と言える。ライ角が変われば、ボールの捕まりも変わる。フェースの見え方も変わる。身長183センチのマーク金井と167センチのT島では、構えやすいライ角は違うのだ。

初代RMXは、重心距離を動かすということにこだわり過ぎて、出来る限りウエイトの位置をフェース側に持ってきたように思う。重心深度が浅いと、重心距離をウエイトでコントロールしやすいが、あまりに震度が浅すぎて、ヘッドの動きがピーキー。重心距離をコントロールして1つのヘッドで、いろんなユーザーに対応しようとしたが、特性がピーキー過ぎて、低スピンで、ぶっ飛び弾道が出る場合もあるが、対象ユーザーが非常に限られる結果となった。

今回はヘッドを01、02、TOUR3種類だしてきた。僕はすべて試打したけど、02とTOURが好印象。特にヤマハ契約プロの藤田寛之、谷口徹が使ってきたTOURモデル。今までは名器インプレスX425Vの流れをくんで、歴代モデルは非常に顔と打感と飛距離性能を追及しているが、コントロール性があり過ぎて、アマチュアが使うにはシビアなヘッドだった。今回RMX TOURは、この点がかなりマイルドになった。

今回のRMXは今までのTOURと違って遠藤製作所で作っていない模様。フェースは鍛造だが、ボディーは鋳造。可変スリーブに対応するのが難しかったという話だ。しかし歴代と比べて遜色ない打感と反発を実現していると思う。ヘッドには最初から予備のウエイトがついているのが嬉しい。最初はトゥ側に4g、ヒール側に13gのウエイトが配置されている。僕は極端なウエイト差をあまり好まない。ヘッドサイズが小さい上に、重量配分も極端にすると、ヘッドの挙動がシビアになるからだ。付属のレンチに内蔵されている、8.5gのウエイトを2つ、トゥ、ヒールに配置すると、適度なマイルド感が出てきて、ビックリするぐらい打ちやすくなった。

1月6日のアナライズストアブログを読むと、T島もこのヘッドを衝動買いして、
同じチューニングをしたと書いていた。ウエイト可変モデルの高等テクなので、試してみても損はないと思う。このヘッドには、アナライズW65がよく合う。特に冬場は、RMX TOUR+W65の少し低めで低スピンな球でランを稼ぐといいだろう。僕もこれを手に入れてからすでに3ラウンド、狭い赤羽ゴルフ倶楽部でもフェアウェイキープ率100%を続けている。

…………………………………………………………………………
ヤマハ インプレスRMX TOUR(10度)+アナライズW65
———————————DATA———————-
長さ45.25inch/重さ318.7g/バランスD2.5/振動数246cpm/センターフレックス値3.87/表示ロフト10度/リアルロフト10.5度/フェース角±0度
————————————————————–

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。