ナイキ メソッドモダンクラシックパター MOD90

赤羽ゴルフ倶楽部がホームコースになって、週2回は電車で薄暮プレーに通っている。以前スコッティ・キャメロンのフューチュラXのセミ中尺ともいえるデュアルバランスを取り上げた。重心のとても深いパターを打って、ミスに対する強さとオートマチック感を強く感じた。しかし高麗グリーンで使うとどうしてもパ
チンと打ちたくなる。こういうオートマチック系はゆっくりストロークするにはとてもいいが、速くストロークすることが出来ない。フューチュラXも赤羽ゴルフ倶楽部で試してすぐに断捨離。もちろん高速グリーンではそれなりにいいのだが、使う機会が少なそうだったのが理由だ。

パターは重心が浅いほうが自分の感覚とヘッドの動きがダイレクトに反応する。ゴルフの歴史でみると重心の深いパターというのは、創世記から40年前まで存在しなかった。アクシネットのブルズアイというキャッシュインの代表的なパターであるとか、L字パターの名器ウイルソンの8802など、重心が浅いダイレクトなパターばかりだった。L字やT字のパターは、どうやっても構造的に重心位置が深くならない。

images (1)images

パターの革新的な進化の歴史は、トウヒールに重量を配置してキャビティ効果を狙う、重心を深くする、アライメントを取りやすくする、が主な3つ。あとは伝統的な形状をいかに上手く見せるかというのを切磋琢磨しているといってもいいだろう。重心が浅く、赤羽の高麗グリーンにも対応できるぱちんと打てる新品のパターが無いだろうか?!と思って探していたが、ナイキから発売されていた。伝統的な形状の代表といえるキャッシュイン形状に、革新技術を加えたと言うパターが、ナイキのメソッドモダンクラシックパター。

940x640q80

まさに現代版キャッシュインパターといえるだろう。現代版というだけあって、トウヒールにタングステンウエイトが配置されて、アクシネットのブルズアイと比べるとヘッドも1.3から1.5倍ぐらい大きくなっているまずストロークしてビビったのは、ヘッドがグラグラ動く感じがする。反面テイクバックも速く引ける
し、シャープにパチンと打てるのだ。ヘッドの挙動というか、安定感は無いが、迷いなくパチンと打てる感覚は、随分昔に忘れ去っていた感覚(笑)。やはり赤羽の高麗グリーンでは威力を発揮した。

940x640q80 (1)

重心の深さとグリーンの速さは親密な関係があるようで、この40年でプロのメジャーの試合会場のグリーンと、我々がプレーするゴルフ場のグリーンは、劇的に高速化している。以前のメジャーの試合風景をYouTubeなどで見ると、歴史的な名手が手首を使ってパチンを打っているのが見られると思う。しかし高速グリーンでも、青木功やコーリー・ペイビンなどパチンと打ちたい人も少なくない。特に重心の深いパターで、インパクトが緩む人には、浅い重心のパターでしっかりヒットすることを覚えた方がいい。

トウヒールのタングステンだが、効果が有るような無いような・・正直劇的な効果は無いが、イマドキのパターとしての安心感を感じることが出来る。僕は真逆な2つのものを使うことで、真ん中が見えるとよく言うが、浅い重心のパターの代表として、オススメしたいパターと言えるだろう。

 

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。