タイトリスト VG3ドライバー(2014)

タイトリスト VG3ドライバー(2014)

このインプレッションは2014年6月に書かれたものです

僕が一昨年から昨年にかけて使っていたエースドライバーは、テーラーメイド初代グローレとタイトリストの2代目VG3。歴代のクラブの中でも高く評価している。2つのモデルは、昨年末から今年初めにかけてモデルチェンジ。全く面影を残さないぐらい大胆に変更してきた。2代目VG3はタイトリストのクラブというより、遠藤製作所が作った日本のドライバーという雰囲気があふれていた。

新しいVG3は可変スリーブを採用。聞くところによると遠藤製作所は可変スリーブのドライバーを作らないという噂。そしてこれぞ日本のドライバーと言える「ゼクシオ」をかなり意識して作られている部分が増えて、従来よりも対象年齢層が上になった印象を受けた。僕の使いたいクラブから外れたかなと正直思ってしまった。VG3はアイアンもモデルチェンジしたが、ぶっちゃけ旧モデルのが好き。2つのモデルにわかれて、クラブとしてどちらも悪くはないのだが、僕にとってどちらも中途半端に感じる商品のポジショニングが残念。僕は前作をしばらく使うと思う。

さてドライバーはどうだろう?ノーマルスペックだと前作に軍配が上がる。とは言え二代目には無かったウエイト調整機能がヒール側に付いていて、ヘッド重量が調整できる点は面白い。僕のトレンドの長尺化に非常に便利なのでテストしてみることにした。

メーカーは9.5度と10.5度同じVG3という位置づけだが、ヘッドの体積が9.5度は450cc、10.5度は460ccと違うし、重心位置も変えているので別モデルといってもいいと思う。とは言え可変スリーブ採用なので、ロフトが調整できる。どちらを買おうか迷ったが、迷った時は両方買うという。これが「マーク金井大人買いの法則」2本試してみることで、ちゃんと分析できるという僕の法則だ。

10325352_10201334163595977_4213230569406536250_n

どちらも47インチの長尺にしてコースで試してみたが、人気のタイトリスト913シリーズに比べると、フェースの弾きが全然良い。どちらも鍛造フェースだが、VG3はカップフェース構造にしている。何度も雑誌のテストで打ったが、ヘッドに比べて純正シャフトの物足りなさを感じてしまっていた。「皆さんカスタムが
あるじゃないか・・」と思うかもしれない。しかしカスタムというと45インチが相場。と思っていたがVG3は60g台のカスタムシャフトなら、45.5インチ、50g台なら46インチと言う設定。46インチ以上にして使いたいと思っていたので、ギリギリセーフとも言える。メーカーも長さについては考慮しているといえるだろう。今の僕のテーマは飛距離なので46.5インチ以上にできることが最優先、カスタムではダメなのだ。

9.5度と10.5度のヘッドデータを比較してみようと思う

VG3 9.5度
重心距離 37.5mm
重心深度 38.25mm
重心高  34.25mm
ヘッド重量 186.1g
つかまり係数 1.02

VG3 10.5度
重心距離 34.5mm
重心深度 38.5mm
重心高  33.5mm
ヘッド重量 185.6g
つかまり係数 1.11

ヘッドをチェックするときに、つかまり係数(重心深度÷重心距離)を僕はチェックすることにしているのは、メルマガ読者ならご存知かと思う。この値が0.9を上回るとボールの捕まりがよく、ヘッドの挙動が安定している。

9.5度、10.5度とも1.0を超えているので、どちらも捕まりはいいが、とりわけ10.5度は1.11とかなり多めとなっているので、ボールを捕まえたい人にはいいだろう。どちらが低スピンが打ちやすいか?というとロフトが少い9.5度ではないか?と思うだろうが、意外だが同じぐらい。10.5度の方が重心高が1mmぐらい低いのが影響していると思う。初代グローレの後継としては新しいVG3かも?!とT島もアナライズストアブログに書いていたが、僕も同意見。ボールの捕まりもとてもいいし、フェースの弾き心地よく、適度スピン量で飛距離が稼げるドライバーだと思う。僕も初代グローレと併用しながら、長尺用テストドライバーとして、今後も使っていこうと思うなかなかスグレモノのドライバーと言えるだろう。

タイトリストVG3(10.5度)+日本シャフトレジオフォーミュラーM S55
———–DATA————————————————-
長さ47inch/重さ304.6g/バランスD4.5/振動数249cpm/センターフレックス4.70/
表示ロフト10.5度/リアルロフト9.25度/フェース角-1.5
注・フックフェースが強いのでスリーブポジションをD1に変更した上で、シャフトの差し向きを変更してこのロフトとフェース角にした。
——————————————————————
タイトリストVG3(9.5度)+三菱レイヨンFUBUKI-J50(X)
———–DATA————————————————-
長さ47inch/重さ307.7g/バランスD4/振動数261cpm/センターフレックス4.73/表示ロフト9.5度/リアルロフト9.0度/フェース角-1.0
注・フックフェースが強いのでスリーブポジションをD1に変更した上で、シャフトの差し向きを変更してこのロフトとフェース角にした。
——————————————————————

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。