キャロウェイ MACK DADDY 2 ツアーグラインド ウェッジ

このインプレッションは マーク金井が”まぐまぐ”から毎週火曜日配信している有料メルマガ

マーク金井の書かずにいられない(メルマガ版)2015/1/8号

に掲載されたものです

ご存知かと思うが、僕が考案した練習器具”ゴルフの竪琴”を石川遼が使ってくれている。僕は3年前から彼が竪琴を使うと、数少ない弱点が解消されて、世界のトッププロとの差が、一気に縮まると回りに言っていた。その石川遼が使うってくれているのが嬉しくて、彼が契約しているCASIOの腕時計を10以上購入してしまった。

 

もちろん彼のクラブにも興味があって、彼のエースドライバーであるキャロウェイのビッグバーサアルファー815も愛用。クリスマスセールの目玉にはX2HOTフェアウェイウッドの17度を目玉で販売した。そして新年早々ゴルフパートナー日本橋室町店に藤川くんに挨拶がてら訪問したら、目に止まったのはキャロウェイのMACK DADDY 2 ツアーグラインド ウェッジだ。

10310557_10202461374575547_8995173900522712838_n

通常の MACK DADDY 2ウエッジと顔の作りが若干違って、リーディングエッジがストレート気味。僕のブログをGDOブログ時代からチェックしてくれていて、察しの良い方は既に僕が何故飛びついたかお分かりかと思う。キャロウェイのウエッジの評価を一気に高めた名器 X-TOURウエッジと顔がそっくりなのだ。X-TOURウエッジは2006年に発売されたウエッジで、その頃から僕はずっと愛用していて、マークダウンになった時にストックを買いあさったほど気に入っていた。もちろんためらわず衝動買い。石川遼と顔の好みが一緒というのは嬉しいが、ソールの好みがかなり違う。Cソールと言われる、トウとヒールのバンスをしっかり落とし、バンスも9度と少なめで、かなり手強そうに感じる

 

特徴的なのはフェース面の意匠。あえて意匠を書いたのは訳がある。メーカーはフェース面に楕円形の僅かな凹みがあり、このパターン(意匠)は消えていきますが、フェースの凸凹は残るとアナウンスしている。フェース面への試みはキャロウェイだけでなく、クリーブランドなどもトライしている。

 

フェースの形状は非常に好みなのだが、こういうクラブを見てしまうと、基本性能だけではクラブは売れないのだろうと思ってしまう。性能には全く影響がない程度にバックフェースにもミーリングを入れたり、見た目に新しさを打ち出しているのだが、基本性能の立ち返ると、このフェースの凸凹は矛盾があることを、メルマガ読者なら気がついていることだと思う。

 

メーカー的には凸凹しているから、溝以外でも引っかかりが増えてスピンが掛かると言いたいのだろうが

 

スピン=摩擦

 

凸凹していると接地面が増えるどころか減ってしまうのだ。接地面積が多くないと摩擦は増えずスピンはかからない。自動車のタイヤと同じで、溝は排水の役割しか無いのだ。芝が切れて出る水分や、雨、露など、フェースとボールが接触する際に間に入って、摩擦が減ってしまうのを防ぐ役割にすぎない。タイヤで一番グリップがイイのは、レースに使われる”スリックタイヤ”と呼ばれる、溝が全くないタイヤ。雨が少しでも降ると、ハイドロプレーニング現象を起こしスリップして使えない。

 

僕もテレビの企画で、溝のないウエッジを使ってみたことがあるが、ドライコンディションで、芝の上でなく、マットの上では、激しくスピンが掛かる。逆にフェースとボールの間に水分が入ると、全くスピンがかからなくなる。接地面積と排水(芝などの異物の排除)のバランスが大切なのだ。

 

もし仮にこの凸凹でスピンが増えるようであれば、ルールに抵触してしまう。ルールに抵触しないのであれば、さして気にする必要もないということになる。

 

しかしこのウエッジで気に入ったのは、グリップの色や、刻印の打ち方、色の使い方などデザインがいいことだ。

 

毎年モデルチェンジして、メーカーが何かをアピールするするためには、目新しい技術革新がほしいのだろう。しかしパターやウエッジでは、残念ながら毎年技術革新が生まれるはずがない。スコッティ・キャメロンを見習って、モデルチェンジならぬ、デザインチェンジと開きなってもいいのではないか?と思う

 

リーディングエッジが真っ直ぐで構えやすいし、マットで打つと多面ソールは抜けが良くて気持ちがいい。芝の上では技術がないとザックリしやすい多面ソールも、練習場のマットの上では、まるで自分が上手くなったように使えるから不思議だ。

 

あと冬の凍った芝の上では、こういうソールはザックリしない。バンスが跳ねないからだ。今から2月の極寒ゴルフの凍った芝には最高なので、しばらく使ってみるつもりだ。

 

アナライズWEBサイト人気コンテンツマーク金井のクラブ指南 更新しています今回はキャロウェイ MACK DADDY 2 ツアーグラインド ウェッジ http://www.analyze2005.com/?p=3864

Posted by マーク金井のアナライズ on 2015年4月28日

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。