ピン G MAXアイアン&iアイアン(2015)

僕は、ゴルフ一回に掛ける時間を極力減らしている。プレー時間だけではない、ゴルフ場への往復時間、練習にかける時間、などなど必要最低限にして、仕事の合間にササッとゴルフへ行き、戻って仕事している。1回の時間を減らすかわりに、ゴルフに行く頻度を極力増やすようにしている。そしてゴルフと言っても、練習場には取材以外では行かないので、ゴルフに掛ける時間のほとんどが、ゴルフ場すなわち、芝生の上にいて、ゴルフについて、クラブについて、いろいろ考えるのが好きだ。
僕は意図的に芝生の上の時間を長くしようとしているが、一般のゴルファーは、芝生の上にいる時間が少ない。たぶん僕よりもゴルフに掛ける時間が長いにもかかわらずそうなっているだろう。芝の上、すなわちゴルフ場は、練習場と違って、同じライで打つ機会は殆ど無いだろう。練習場のマットの上では、ボールがしっかりと見えるし、ボールの手前にヘッドが入っても、滑って何事もなかったようにボールは飛んで行く。しかし芝の上では、そうは行かない。平らに見えるフェアウェイも複雑に傾斜があるし、芝の状態も様々、ラフは更に状況が異なる。

クラブ選びは、ゴルファーが長く過ごす場所で変わってくる。日本のゴルファーは、テレビの前や、パソコンの前、ゴルフ場に向かう車の中、練習場のマットの上、芝生の上じゃない場所で、ゴルフクラブについて考えることが多いだろう。ゴルフ場でラウンドして、打ちのめされるが、練習するとすぐ忘れて、自分は憧れのプロゴルファーに近づいたという気になる。そしてプロが使うカッコイイクラブを試打して、『打てた嬉しい、上達しているんだ!』と選ぶ傾向が強くなる。一方僕は、芝の上にいる時間が長い分、自分の実力を強く認識している。だからカッコイイクラブよりも、スコアが出るクラブを選ぶように
している。
前置きが長くなったが、先日ピンから2種類のアイアンが発表された。『G-MAXアイアン』と、『iアイアン』の2モデル。G-MAXアイアンは、ブログに記事を書いたのでこちらを読んで欲しい

http://www.analyze2005.com/mkblogneo/?p=13080

 

『G-MAXアイアン』は、『カーステンアイアン』の後継に当たるモデルで、カーステンアイアンに飛びの要素をプラスしたアイアン。僕も早速予約したが、Facebookなどの反応を見ると、『iアイアン』の注目度のが断然高い。見るからにヘッドが大きい G-MAXアイアンは、初心者向けと受け取られ敬遠される。しかしiアイアンはヘッドがコンパクトで、プロの使用率も高い。発表直後に、前田陽子プロがiアイアンを使って優勝。注目となているモデルだ。

IMG_3986-1024x683

 

もともとiシリーズのアイアンは、大山志保、鈴木愛、一ノ瀬優希、上原彩子などが使っている女子プロに人気のアイアンで、プロモデルに比べると少し大きめのヘッド、少し広めのソールと、やさしいプロ使用アイアンとして人気だ。バンス角もしっかり付いていてダフリのミスにも強い。

 

IMG_3981

『iアイアン』は、ウエイトに位置を調整し、重心を深めにしてミスヒットに強くボールを上がりやすくしている。そのおかげか?!打感も良くなっている。アメリカのアイアンらしく、スコアリングラインのセンターに重心がくるようにウエイト調整している『センター重心』など基本的な思想はかわらない点も、オススメしたい点だ。

 

シャフトラインアップはだが、スチールシャフトはCFSシャフトが無くなり、NS950、モーダス3 105、120、DGと豊富なバリエーションから選べる。しかしカーボンは50gのCFS J50だけ・・純正で重いカーボンがラインナップされていたのが、ピンのいいところだったのだが、これは少し残念だが、女子プロが選ぶこともわかる、ミスがミスになりにくいお助け要素もあるのがいい。

今、巷の自称アスリートゴルファーのスタンダードなアイアンは、タイトリストAP2だろう。たしかにコンパクトなヘッド形状に、ハイテクな複合素材を取り入れて、やさしさも追求している。勘違いしないで欲しいのは、上級者やツアープロ向けに作られているアイアンで、彼らが『やさしい』と感じる要素を盛り込んでいるだけで、我々がつかって『コレはやさしい』と感じるアイアンではないことだ。練習場のマットの上では、ライが殆ど変わらないので、やさしさを実感することができるが、毎回条件が違う、芝の上ではかなりの力量が必要となる。そうなると僕の大好きな結果オーライが出にくくなるのだ。
『iアイアン』は、AP2よりもヘッドサイズが大きく、ソールも幅広いく、若干ミスに強い。僕が思う(個人的に)なかでギリギリアマチュアが使えるプロ仕様アイアン。僕は見た目よりも、ミスがミスになりにくく、結果オーライが出るアイアンのが好み。だから『G-MAXアイアン』を予約した。皆さんもクラブを見ながら妄想する時間を、芝の上に使ってもらえれば、クラブ選びの嗜好も変わるかもしれない。

 

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。