ピン グライドウエッジ ESソール(2015)

このインプレッションは、マーク金井の有料メルマガ、「マーク金井の書かずにいられない」で2015年11月17日に配信されたものです

僕のエースアイアンは、ピンのGシリーズが指定席となっている。現在G25、G30どちらも使っている。ウエッジもピンがエース。G25アイアンのウエッジはヘッドも大きく、ハイバンスでソール幅も広いので、G25アイアンを使っていなくても、ウエッジだけ買ってもいい名器だと思う

ピンは、単品ウエッジも人気で、先週三井住友VISAマスターズに出場していた、ババ・ワトソンはグライドウエッジを愛用している。僕の周りでも評価の高いウエッジだ。ふらりと寄ったゴルフパートナー日本橋室町店に、グライドウエッジが3本まとめて置いてあった。ピンはライ角が選べるのが魅力だが、まるで僕のために用意したのか?!と思いたくなる、カラーコードはグリーン。かなりアップライトの仕様で、なかなか市場に出回らないのに加え、3本まとめて買うと安くしてくれるというの衝動買いした。

main (4)
グライドウエッジは、ソールがスタンダード・ソール(SS)、ワイド・ソール(WS)、シン・ソール(TS)、そしてピンアイ2形状のESと4つのソール形状をラインナップしている。(54度以上)今回買ったのはESソール、ソールの真ん中がえくぼのようにヘコんでいる。エクボと言えば、僕が作ったEKBウエッジや、フォーティーンのC030ウエッジなどいろいろ発売されている。この形状は昔からある、コンソールというウエッジが元祖かと思うが、ウエッジを使い込んでいくと、ソールがエクボのようにヘコんでいくことがある。これを最初から大胆に作ったのがコンソールウエッジ

 
このヘコむメリットだが、まずリーデイングエッジが地面に入っていき、そしてトレーディングエッジ寄りのエクボのお尻部分が、かなりのハイバンス効果になり、跳ねてくれる。いきなり跳ねたら、ヘッドがボールの下に入っていかないので、バンカーでホームランしやすい。EKBウエッジはこの形状を極端にして、まずリーディングエッジが、砂に入りやすく、そしてエクボの後ろ側が強烈に跳ねて、バンカーから簡単に出てくれる。反面芝の上で使うと、ヘッドが入っていってしまうので、ダフってしまうため、バンカー専用としている

グライドウエッジは、極端にエクボを効かせていないので、フェアウェイでも、バンカーでも両方使える。塚田好宣プロも、バンカーとラフにはとってもいいと絶賛していたそうだ。ESはソールだけでなく形状もピンアイアン2に似ている。以前ピンアイ2を使っていたので、この形状に違和感はないが、独特な形状だけに好みは分かれるだろう
G25ウエッジの方がオートマチックで簡単だが、グライドウエッジもプロ仕様のウエッジの割には、極端に難しくないので、幅広く使えると思う

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。