スリクソン Z765ドライバー(2016)

ブログを読んでくれている方は、ご存知かと思うが、先週はゴルフ親善大使として、ニューカレドニアに行っていた。日本のゴルフクラブメーカーは、非常に多くあるが、世界で言えばかなりマイナーだ。しかしブリヂストンとスリクソンは、ボールでじわじわとシェ
アを伸ばしつつある。しかし残念ながらクラブは苦戦しているといえるだろう。
どちらも海外の契約プロも多くいる、しかしアイアンは使っているが、ウッド類は使っていないプロが多い。そんな中スリクソンが新しいモデルを発売。前々回はZ565ドライバーをレポートしたが、今回は1番メインとなる『Z765ドライバー』をレポートしよう。


今回のZシリーズは、565、765、松山が使っている765リミテッドの3種類、765リミテッドは、松山も諦めず使っているようだが、全英はどうなっているか注目したいところ、さっきも言ったがアイアンの評価は高いスリクソン、日本のプロもスリクソンのドライバーは使わず、XXIOを使っている人が多かったが、今年のモデルからは使用者も増えているようだ。ちなみにアメリカでの売価は、カチャカチャがついて499ドルと、高価格帯に属する。

 
今回のZシリーズで、真っ先に目が行くのは、独特のソール形状だろう。ゴルフ歴の長い人はご存知かも知れないが、30年ほど昔、ゴルフショップでは、クラウンがみえるようにクラブが陳列されていた。パーシモンやメタルドライバーは、バックフェースは地味であまり目立たず、形状の良さをアピールするには、クラウンのが良かったのかな?!と当時を思い返して思った。

 

 

その後、ゴルフショップでは、バックフェースが目にはいるように陳列されるようになって、いつの間にか、バックフェースがクラブの顔となった。陳列方法の変化にうまく対応したのが、テーラーメイドだろう。他のメーカーに言わせれば、クラブのデザイン=バッ
クフェースのデザイン?!と思うくらいのコストのかけ方をしているらしい。
スリクソンもかなり頑張って、アイキャッチに努めている。かなりアメリカ市場を意識していると感じるデザインだ。ソール後方にはウエイトが配置されて、パーシモンではバックメタルと呼ばれるウエイトの位置とだいたい同じ。このウエイトを変えることで、ヘッ
ド重量と重心深度が気持ち変わるだろう。

 

 

 

ヘッドの体積で言えば、Z565がタイトリスト915D2で、Z765がD3的な位置づけでわかりやすい差別化している。タイトリストと大きく違うのは、ヘッドの座りの良さで、ソールしてもフェース角が極端に開かない点が良いと思う。この座りの良さは大切なポイントだと思う

 

 

試打してみると、ミスヒットにはかなり強く、叩いても左に行きにくい。逆にスライサーはボールが捕まらないだろう。これはゼクシオとうまく住み分けしていると思う。ロフトを計測してみると9.5度表示でリアルロフト9度とかなりハード。ロフト選ぶときは、今
使っているドライバーよりも多めをためしてみることをオススメする。

 

 

今回のZシリーズのドライバーは、フェースの弾きも良いし、スリクソンはアイアンだけで、ドライバーは、ゼクシオを使っていた日本のプロ、他メーカーを使っている海外の契約プロも、使ってくれそうななかなか良く出来たドライバーだ

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。