PRGR RSシリーズ(2016)

このインプレッションは、マーク金井有料メルマガ「マーク金井の書かずにいられない」2016年7月26日に配信されたものです

シャフトメーカーの新しいシャフト情報が一段落すると、各社新し
いクラブを発表する季節がやってくる。今回はプロギアの新しいRS
ドライバーを紹介しようと思う。僕も試打ラウンドに声かけていた
だいていたのだが、ちょうどニューカレドニアに行っていた時期だ
ったので、ラウンドはしていない。

 

しかしプロギアが主催する RSカップの会場、大利根カントリーク
ラブで、RSカップの終わった時間ぐらいに、契約プロを招いて新製
品発表会が開催されたので、そこで実物はチェックできた。RSカッ
プに参加していた僕には好都合だったが、僕は発表会などで試打し
ないのは、メルマガ読者なら覚えているかもしれない。データも取
れるので、クラブをお借りして神田のスタジオで徹底試打すること
にした。

 

まず外観で特徴的なのは、フェースとクラウンの部分がかなり傾斜
が付いていて、そこから通常のカーブを描いていること。アドレス
するとクラウンに段差が見えるので、アドレス時に「気になる」と
いう人がいるかもしれない。僕はあまり気にならなかった。この段
差をメーカーでは「Wクラウン」と呼んでいる。

 

ここをたわませることで、フェースの反発を高めようと言うのだ。
この手法は、プロギアの大ヒット商品であるDUOシリーズなど、ク
ラウンをカーボンにして、たわませて飛ばすという効果を狙ったの
が走り。テーラーメイド(元々はアダムスゴルフ)が、ヘッドの下
側に、スピードポケットという溝をフェースのすぐ後方に配置して、
ここをたわませてフェースの弾かせたというが、僕は溝を作ること
で、そこに重量が発生し、重心が浅くなって低スピンで飛ばせる効
果のほうが、実は大きいのではと推測している。

 

素人考えでは、ボディをたわますとエネルギーをロスしてしまうの
ではと思うのだが、各社、ボディをたわますことを何かしら取り組
んでいるので、オカルトではなくやはりロジックなのだろう。そし
てヘッドの下だけでなく、上側もたわませることでより、ボール初
速を稼ごうということらしい。試作で昨年のiDnablaRSのヘッドをW
クラウンにしたところ、いきなり反発規制を軽く超える数値になっ
てしまったそうだ。その分フェースを改良し、反発をギリギリまで
キープして、反発エリアを出来る限り拡大したそうだ。確かにボー
ル初速の速さは打ってみると感じる

 

 

もう一つ面白かったのは、妙に低スピンでは無くしていること。低
スピンすぎるドライバーは、もともと適度なスピン量で打っている
人にとって扱いにくくなる。自分にとって最適なスピン量になるこ
とが本来大切であることを知った上でドライバーを選んだほうがい
いだろう。適度にスピン量があることで、球筋は安定するからだ。

 

このヘッドだが、ヘッドは460ccだが、フェース形状が小さめで重
心距離をあまり長くしていない。見た目のフェースの感じよりも、
実際つかまりはいい。ヘッドはRSとRS-Fとあるが、ドローが打ちや
すいとメーカーがアナウンスするRSは、かなり捕まりがよく、スラ
イサーでもフックフェースは嫌という拘る人を意識しているようだ。

 

 

T島もブログやメルマガで書いていたが、僕もRSは捕まりがよすぎ
て、左に行く球が多く出る。フェード向けと言われるRS-Fでニュー
トラルかと思う。僕がマーケティング担当だったら、RS-Fをニュー
トラルとして、RSを RS-D(ドロー)として販売すると思う。もし
試打する機会があったら、そのことを頭に入れて試打してみて欲し
い。

 

 
重心深度はどちらも深めでどちらもミスヒットには強い。どちらを
ニュートラルにするかは、少しもったいない感はあるが、アスリー
トにかぎらず幅広い層に使えるドライバーだと思う。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。