ナイキ T-100ハイブリッド(2008)

このインプレッションは、マーク金井有料メルマガ「マーク金井の書かずにいられない」2016年10月25日に配信されたものです

 

僕のブログやFacebookをチェックしてくれているなら、ご存知かと思うが、昨年に比べてトーナメント会場に足を運ぶ回数が激増している。縁あって片山晋呉プロを少しサポートしているから。メルマガ読者なら片山プロはゴルフの竪琴を2014年から使ってくれているのを覚えてくれているはず。竪琴だけでなく、今年になって、超柔らかシャフトの練習器具である、イージーフレックスも使い始め。最近では、T島が自作したプレーンボードも使ってくれている。

 

そんな縁もあって、トーナメント会場の練習場にいて片山プロと話していると、ハン・リープロや、正岡竜二プロなども、アドバイスを求めて声をかけてくれるようになった。トーナメント会場でもっと僕の練習器具を使ってくれるプロが増えてくれれば嬉しい

 

日本オープンも練習日も含め毎週会場に足を運んだ。ハードなコースセッティングは、テレビ観戦した人も充分伝わったと思うが、実際コースに足を運べば、残念ながら、この凄さは実際に見ないと理解できてないと思う。その激しいセッティングの中で、松山英樹のプレーは流石だった。米ツアーの経験を充分活かしたと言えるだろう。僕はブログでこの大会ではショットメーカーが活躍すると予想したが、予想した選手が上位に入って満足。

 

片山プロも難コースで実力を発揮するタイプ。今回はドライバーを抜いて、このコースに挑んだ。ドライバーが無いと、距離的には不利だが、距離を稼ぐだけではこのコースを攻略できない。先週のメルマガに書いたが、ラフは池と同じ。ラフに入れてしまうと、最低でも+0.5打、+1打は当たり前だから、残り距離が少々増えても、フェアウェイキープが大前提。松山英樹もティショットでは3番アイアンを多用していた。

 

イマドキの1wは、14本の中で1本だけ特性が大きく異る。その点、3Wやユーティリティをティショットで使うと、スイングに統一感が出る。片山プロはティショットを少しどちらかに曲げて打ちたいタイプだから、その統一感は大切だろう。今回片山プロがティショットに多用したのがロフト15度のスプーンと16.3度のユーティリティ。いつも使っているモデルではなく、2008年に福岡の古賀ゴルフクラブで開催された日本オープンで勝った時に使っていたのを、それ以来引っ張り出して使ったそうだ。

 

 

片山プロにモデル名を聞いたのだが、覚えていないらしく、当時契約していたナイキのユーティリティであることはわかった。僕が見たところ、2004年に発売されたナイキT100ユーティリティにそっくりだが、ソールの部分が少し違うが、たぶんT100のプロトタイプだろう。17度のロフトのモデルのロフトを少し立てて使っているようだ。

 

ナイキがクラブ事業から撤退する時に、ブログにナイキの歴代名器について書いた。その中で一番はフェアウェイウッドのT40ツアー、超低重心で僕も長く使ったモデル。T40のTはタングステンの略、ソールに40gのタングステンが配置されているという意味。

 

40gでもすごいが、このユーティリティはT100だから100g。かなりの低重心で、ティアップして打っても、ドライバーのような弾道で飛んでいくこちらも名器だ。しかし使いこなすにはパワーが必要だ。そして低重心にするとボールは捕まりが悪くなるので、フッカーには良いが、フェード系だとあまりオープンフェースにしないほうが良いだろう。

 

地面から打つなら20度が限界、片山プロのように17度だと、ティアップしないとつかえないが、スプーンぐらい距離が出せそうだ。中古でT島は3000円ちょっとで買ったらしいが、中古市場でも品薄でなかなかみつからないようだ。

 

低重心でボールを上げにくい分、シャフトはウッド用が入るようになっていて、シャフトでボールをできるだけ上げたいという、メーカーの意図が窺い知れる。皆さんも購入してリシャフトする時は、ウッド径(8.5mm)のシャフトしか、リシャフトできないので注意してほしい。

 

ナイキのクラブは、プロダクトとしてもいい物が多かった。特にフェアウェイウッドやユーティリティに名器が多く、またこんなユーティリティを発売してほしかったと思う。ほんとに撤退が残念でならない

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。