三菱レイヨン ディアマナX(2017)

冬になると、僕はゴルフモードから、スノボモード全開になることは、ブログやメルマガを読んでくれている人なら知ってるだろうと思う。スノボは上達すればするほど板の違いを体感できるようになるし、それを活かせるようになることに気がつく。日頃から言ってるが、スノボとゴルフはとても似ている。こと道具の素材や特性、そして進化の歴史も実はよく似ている。

 

スノボの板は、硬さとしなるポイント、そしてしなりの曲線が用途によって異なっている。まるでゴルフのシャフトとかと同じ。実は構造もサンドイッチ構造であったり、何層も違う素材を組み合わせて作る、作り方も実に似ている。

 

シャフトは、7層から12層のカーボンシートを巻いて作られる。その素材と製法によって、性格がガラリと変わってしまう。シャフトもボードも、高級素材を使うと反応がダイレクトとなる。上級者向けほど硬くて反発が強いものを好む点も、シャフトとボードでは共通している点だ。

 

シャフトの素材としては高弾性のシートを使うことで、弾きが良くダイレクトな特性となるのだが、先代のディアマナXは、まさに高弾性の繊維を使った典型的なシャフトだった。非常に弾き感が強く、遊びがあまりなく、スイングした通りの球が出る、まるでレーシングカーのハンドリング感覚のシャフトだった。

 

今回ディアマナXが新しくなると聞いて、僕は、ぶっちゃけあまり期待していなかった。というのも前作は、弾きの良さと引き替えにかなりシビアで、僕には手に負えない印象があったから。新しいディアマナXは、更にトルクを絞って70g台のXシャフトだとなんと、1.9という低トルクに仕上がっている。しかし新しいXは、強烈な弾きはそのままで、適度に遊びを感じ、かなり扱いやすくなっている。

あまりに反応が良すぎると、人間のミスがそのまま反映されてしまうもの。初代はそんなシャープな反応のシャフトだった。シャフトがリニアな反応をすると、『難しい』『シャフトが暴れる』という表現をするが、逆に言えば、コントロール性能が高いとも言える。この辺の表現を見極めることができると、雑誌などの試打インプレッションを読んでミスリードしなくてもすむだろう

 

いい意味で僕の期待を裏切ってくれた新しいX。高弾性繊維を存分に使って、弾きの良さと低トルクを実現している。僕が超私的にこの扱いやすさの原因を分析すると、高弾性繊維を何層にも巻く時に、樹脂を用いているが、この樹脂の使い方がこの扱いやすさを生んでいるのではと、分析する。

 

レジン(樹脂)は、少ないほど良いと言われているが、この使い方がシャフトの味付けになると、バシレウスというシャフトの生みの親で、シャフトづくりの巨匠と呼ばれている赤塚さんに教えていただいた。確かにバシレウスも高弾性繊維を使っているが、新しいXに似た扱いやすさがある。

 

実際どうかは、開発者に確かめてはいないが、僕の経験から感じたことは、まんざら当てずっぽではないはずだ。非常に勧めやすくなった新しいディアマナX。高弾性繊維を使っているので、価格的には80000円(税前)とっ決して勧めやすくはない。しかしこの弾き感を一度経験すると、やみつきになる人もいるだろう

 
メルマガ読者は、ご存じの方も多いだろうが、僕は高弾性繊維をふんだんに使ったシャフト。じつはあまり好みではない。しかし、このシャフトは、手元がしなって、タイミングが取りやすいし、ピーキーの挙動も目立たないので、かなり好みに仕上がっている。

 

 

三菱レイヨンの話では、シャフトも軽量なものを好む人が増えていて、70g台をドライバーに入れる人はかなり減っているそうだ。今、カスタムシャフトは60gSがメインだが、僕は50g台のSを使ってみたい。数年すると、カスタムシャフトの標準は50g台になる日が来ると、新年に予言しておくとする。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。