トップ時のフェース向きは3種類ある!

トップで左ひじをピシッと伸ばしておく……これがちゃんとできるかどうかはテークバックの途中で決まります。ハーフショットの位置で手首のコックが完了すれば、トップ付近で手首が余計な動きをしません。結果、クラブも暴れにくくなって左腕の伸ばしをキープしやすくなります。

左ひじが伸びたトップにこだわるのは、左ひじがぐにゃりと曲がったトップではエネルギーロスが多いから。そして、アマチュアの多くはトップ付近で左ひじがグニャッと曲がり、それがクラブの軌道、フェースの向きを狂わせることになるからです。「型にはめる」というと聞こえは悪いかも知れませんが、練習時間が限られたアマチュアほど、「型」にこだわったトップを作って下さい。その方が少ない練習量でもインパクトの再現性が高くなり、ミスを減らせるからです。

それだけではありません、「型にはまった」トップを覚えることは。空手の型稽古と同じ。ボールを1発も打つ必要はありません。素振りやシャドースイングで「型」を作ることができます。大事なことなので繰り返しますが、ボールを打たない方が「型」を正しく体に覚え込ませることができるのです(ボールを打つと、ちゃんと当てようとする意識が働くために、型がどんどん崩れてきます)。

さて、今回のテーマはトップ時のフェースの向き。

フェースの向きはオープン、スクエア、シャット(クローズ)と3つに分けることができ、どんなゴルファーも「そのどれか」になっています。

・オープンフェース
トップでフェースが正面を向いた状態(ヘッドのトウ部分が地面を指す)
スイングプレーンに対してフェースが開いていることから、オープンフェースと呼ばれ る。この状態から腕を振り下ろして構えた位置にヘッドを戻すと(腕をねじったりしな いで)、フェースが開いた状態になる。

・スクエアフェース
トップでフェースが斜め45度ぐらいに向いた状態(ヘッドのトウ部分も斜め)
スイングプレーンに対してフェースがスクエアな状態なことから、スクエアフェースと 呼ばれる。この状態から腕を振り下ろして構えた位置にヘッドを戻すと、フェースがス クエアな状態になる。

・シャットフェース(クローズフェース)
トップでフェースが空を向いた状態(ヘッドのトウ部分は地面と水平)
スイングプレーンに対してフェースが被った状態なことから、シャット(閉じた)フェ ースと呼ばれる。この状態から腕を振り下ろして構えた位置にヘッドを戻すと、フェー スが被った状態になる。

現在、プロのスイングを観察するとオープンフェースの選手はほとんどいません。大半の選手はスクエアかシャットフェースです。オープンフェースが皆無に近いのはクラブが劇的に変わったから。パーシモンヘッドの頃に比べると、今どきのドライバーはヘッドが大きくて重心距離が長め。このため、オープンフェースだとダウンスイングでフェースを返そうとしても間に合わないからです。パーシモンヘッドの頃は重心距離が32ミリほどでしたが、今どきのドライバーの重心距離は短いもので34ミリ、長くなると40ミリを越えてきます。スイングはクラブありきです。現在のクラブがオープンフェースを要求しないことを考えると、アマチュアゴルファーもフェースの向きはスクエア、もしくはシャットフェースのトップを作った方が賢明ですし、その方が飛距離&方向性が安定します。

では、スクエアとシャットフェースのトップとではどちらの方が有利なのか?

これもクラブありきと考えた方がいいでしょう。

もし、重心距離が長い(大型ヘッドで面長フェース、重心距離40ミリ以上)ドライバーを使うのであれば、宮里藍ちゃんのようなシャットフェースを作って下さい。重心距離が長いヘッドはシャットにフェースを使った方が、インパクトゾーンでフェースをスクエアに戻しやすいからです。

他方、重心距離があまり長くない(フェースが小ぶりで重心距離が34~38ミリ)ドライバーを使うのであれば、スクエアフェースを作って下さい。重心距離があまり長くなければスクエアフェースでも、インパクトゾーンでフェースをスクエアに戻しやすいからです。ちなみに、重心距離があまり長くないドライバーでシャットフェースを作ると、捕まり過ぎて引っかかりやすくなる場合があります。

もちろん逆もしかりで、ゴルファーのスイング(トップの形)にクラブを合せるのも正解です。自分が動かしやすい方法でテークバックしてトップを作った時、フェースの向きがスクエアになりやすいやすい人は、重心距離があまり長くないドライバーを使う。対して、フェースの向きがトップでシャットになりやすい人は、重心距離が長いドライバーを使う。スイングにクラブを合せれば道具(クラブ)を上手く使いこなせますし、飛距離&方向性が良くなってきます。

トップのフェースの向きについても、自分の感覚に頼るのは禁物です。デジカメや携帯カメラを使って、客観的にトップのフェースの向きを必ずチェックして下さい。自分のフェースの向きが「今ひとつ分からない」という人は、僕の有料メルマガに登録いただいて、質問コーナーに画像添付でメールを送って下さい。個別でアドバイス致します。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。