キャロウェイ GBBエピックスター ドライバー(2017)

このインプレッションは、マーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

PGAショウも終わり、日本でも新製品が発表され、発売日を待つばかり。その中でも注目は、テーラーメイドのM1,M2、そしてキャロウェイのGBBエピックではないだろうか?!僕の超私的な印象では、テーラーメイドよりキャロウェイの注目度が上回っていると感じている。

今回のキャロウェイの新製品。GBBエピックは、エピックスターとサブゼロの二種類。実は、アメリカにはエピックスターというモデルはなく、エピックとエピックサブゼロの二種類。

ワールドワイドモデル GBBエピック
アジア限定モデル   GBBエピックスター

 

と販売する国によって仕様を変えている。以前メルマガに書いたが、アメリカの方が、可変機能が好きで、高価格化できる要素となっているので、販売店からの強いリクエストがある。ちなみに、日本では可変スリーブがついていない、ブリヂストンゴルフのTOUR-B XDシリーズも、アメリカでは可変スリーブにして発売されているようだ。

可変機能大好きの、アメリカ仕様のエピックには、可変スリーブがついているが、アジア限定モデルのGBBエピックススターは、可変スリーブがなく、ペンシルネックとなっている。可変スリーブを付けると、ネジを受ける造作が複雑になる。するとそこに重量を取られる。そもそもクラウンやソールにカーボン素材を使うのは、出来る限り軽量化して、必要なところにウエイトを配分するため。しかしこの造作にウエイトを取られてしまうと、本末転倒と思われてもしかたない?!と思うのだが。

クラブ本来の求められていることとは関係ない。調整機能を廃して、本来の機能に徹するのを非常に評価したいと思う。

そして、皆さんにとって注目だが、そんなとこではなく2本のバーの効果ではないだろうか?!キャロウェイお得意のカップフェースではなく、普通の板材フェースになった。それも、板材のサイズは形状の影響もあって大きくない。その上下を2本のバーで補強し、ヘッドの剛性を高めて、クラウンや、ソールをフェースをたわませることなく、エネルギーロスを防ぎ、フェースをたわませて飛ばすという説明なのだが・・

フェースをたわませる手法としては、フェース面積を広くすることが手っ取り早い。小さいトランポリンと大きいトランポリンどちらが弾くかというと、大きい方が有利だからだ。しかしエピックはどちらも、フェースの面積が狭くなっている。なんとなくチグハグな感じが否めない。

「ゴルフは物理」

各メーカーがしのぎを削っていろいろ取り組んでいるが、最終的にルールと言う縛りがある。そこから考えるとルール規制の範囲だから、劇的に初速が上がるということは残念ながらありえない。

しかしヘッドの剛性は高いと感じるし、音と剛性感がマッチしていて、心地よく感じる。打った打球音の残響が少なく、このクラブの持つビジュアルと音がリンクしているところはとてもいいと思う。加えて重心深度がかなり深いのに、低重心になっているようで、スピン量が少なくヘッドの挙動もとても安定している。

この純正シャフトは、フジクラが作っている。前作までの純正シャフトは決して褒めらたものではなかったが、この純正シャフトにはしっかりコストがかかっている点も見逃せない。特にカチャカチャできないエピックスターだから、ヘッドの性能に負けないシャフトが入ってることは評価したいと思う。

飛距離も出るし、打った感じもとてもいいエピックスター、なかなか出来がいいので、つるやゴルフ神田駅前店で予約した。スノボばかり行ってるが、発売日の2/17が楽しみ。久々赤羽ゴルフ倶楽部の薄暮でも行こうかと思っている

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。