スパイダーツアーBLACKパター(2017)

このインプレッションは、マーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

WGCの優勝に引き続いて、全米プロゴルフ選手権でも松山英樹が大活躍、残念ながら最終日に崩れて優勝には届かなかったが、メジャー勝利に近いことを証明してみせた。松山の活躍でマスコミも盛り上がりを見せたが、一部のゴルフショップも盛り上がっているのは、松山が使ったパターが一瞬で売り切れたことだろう。情報感度が早い人は、早々に手に入れたらしいが、今はヤフオクで高値をつけていると言う話。

もともとスコッティ・キャメロンのピン型の愛用者の松山英樹、新しいパターは、マレット形状の、テーラーメイドのTPコレクション・ミューレン(プロトタイプ)と大胆に変更。ソールにはHIDEKIと刻印があるので、松山のために作られたパターだろう。市販のミューレンはネックがついていて、マレットだが、フェースバランスとなっていない。しかしこのプロトタイプは、ダブルベントシャフトで(オデッセイの#5みたいなシャフト)このシャフトが装着されているところをみると、フェースバランスになっているのだろう。

市販品が人気なのは結構だが、同じミューレンと名前がついていても、ネック形状が違うと、性能的には別物になってしまうのがパター。
ヘッドの挙動がガラリと変わってしまう。それでも売れてしまうのが松山英樹の人気と言える。しかしこの現象が起こる以前に、今回のミューレンと同じように、市場から一瞬にして姿を消したパターがあった。それはマスターズでセルジオ・ガルシアが使っていた「テーラーメイド スパイダーツアーRED」だ。マスターズ直後に、新品ショップから姿を消して、中古ショップでは高値を記録し、新品の売価を上回った価格で取引されていた。

このスパイダーツアーREDと同時期に、ダスティン・ジョンソンが使う「スパイダーツアーBLACK」も発売された。こちらも同時に人気となった。僕は黒が好きなので、気になっていたパター。このRED、BLACKとも限定発売だったが、最近またメーカーからの供給があったようで、市場に流通するようになって、中古価格も新品価格も下がった。僕はジーパーズに並んでいて、値頃価格になったので購入。REDもあったが、この2つ実は、色が違うだけではなく、インサートの素材が違うので、音と打感が結構ちがう。

赤は樹脂
黒はアルミニウム

黒のほうが打感がしっかりしていて、音も好みだったのも購入に至ったポイントだ。このパター、全米プロゴルフ選手権を観ていても、様々な選手が使っているので気になっていた。コアなメルマガ読者なら、僕はフェースバランスのパター、加えてセンターネックが好きなのを覚えていてくれるだろう。このパターは、ヒール側にネックが付いていて、シャフトはストレート。当然、この形状ではフェースバランスには出来ず、重心距離がある。

いつものように、買ってすぐに練習すること無く、ホームグラウンドの赤羽ゴルフ倶楽部で初打ちとなったが、久びさにパターで重心距離を感じた。特にこのパター、重心距離が長くL字パターのようにフェースを感じる。L字パターといえばオデッセイの#9が有名、#9は石川遼が使っていることもあって人気だが、ヘッドの挙動がシビアだ。しかしこのスパイダーツアーBLACKは、慣性モーメントが大きいせいか、ミスヒットしても挙動が安定している。

スタートホールの赤羽ゴルフ倶楽部インコース10番でセカンドを3mにつけたが、右にプッシュアウトした。ここからいつもだと、左に引っ掛ける。これはフェースバランスのパターを使った時に起きやすいミス。しかし11番の1mのパーパットは、引っ掛けることもなく、カップの土手に当たってカップイン。そこからは1.5mの気持ち悪いパターが面白いように決まった。もちろん新車効果もあっただろうが、重心距離があるパターは、引掛けにくい。引っ掛けにくいということは、当然フェースは開きやすいので、右プッシュの注意が必要だ。

今までネオマレットというと、フェースバランスが多かったが、L字感覚で大きい慣性モーメントのパターは、ほとんど無かった。フェースの開閉を感じつつ、ミスヒットに強いという新しい感覚のパターに仕上がっている。そういえば僕は2ボールブレードを長くエースとして使ってきたが、このパターも、同じような傾向がある。この形状も未だにツアープロに支持されている。そんな理由がなんとなく理解できた。価格が下がってきたので、皆さんにもオススメしたいパターだ

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。