キャロウェイ GBBドライバーUS仕様(2015)

今年のメジャーも全て終了。あとはプレジデントカップそして日本男子ツアーがようやく本格的に開催される。人気のプロが使うと、使っているギアが注目を浴び、大ヒットする。というヒットの構図は、ジャンボ尾崎全盛時代に比べると、影響力が弱くなってきたそうだが、ガルシアのスパイダーツアーRED、松山英樹のTPコレクションなど、依然としてトレンドを作る要素として残っている。

当然新しモノ大好き人間の僕も、手に入れたいと思って調べて見るのだが、僕は、みんなが追っかけている時は静観して、少し待って、落ち着いて値段が下がった頃に購入することが多い。

しかし、以前より注目しているが、なかなか落ち着かなく品薄が続くドライバーがある。それは松山英樹が使っているグレートビックバーサドライバーだ。発売当時から僕は高く評価しているドライバーで、GDOがやっているHOTLISTでも高得点をつけた記憶がある。意外と知られていないのだが、松山英樹が使っているグレートビックバーサドライバーは、US仕様で日本仕様と比べると細かい差がイロイロあるのだ。

メジャー中継で、テレビに張り付いて、チェックしないとわからないが、松山英樹のグレートビックバーサはマットブラックというつや消しの黒色、一方日本仕様のグレートビックバーサは、光沢がある黒。グレートビックバーサだが、すでに新品在庫は売り切れてしまっている。中古も松山人気を受けての、品薄が続いていて価格も高値安定。

僕もいつまでも買えずにいたのだが、ゴルフパートナー赤坂六本木通り店のF君から、US仕様のグレートビックバーサが入荷したと連絡をもらってすぐに、観に行った。ロフトが10.5度と、僕がほしい9度ではなかったが、日本仕様とちがうマットブラックに一目惚れして、衝動買いしてしまった。

もちろんクラブ自体のリアルロフトを目算でチェックして、調整すればかなり理想値に近づけそうという、僕なりの分析があっての買い物。やはり色よりもロフト角とフェース角は重要だからだ。US仕様にしたのはもう一つ理由があって、KUROKAGE BLACK TINIという日本未発売のシャフトが装着されている。コスメは日本でも発売されている三菱ケミカル(旧三菱レイヨン)のKUROKAGE XMとほぼ同じだが、価格は三分の一以下、重量帯は50g代でRシャフトが装着されている。

価格も3万ちょっとと、こなれている感がある。すぐにアナライズで計測してもらった。SNS、ブログでもインプレッションしていないのは、メルマガを購入してもらっている人に1番にインプレッションしたいから。Facebookでも、画像を上げると「インプレッションお願いします」とコメントが入るが、もちろんスルー。まずはメルマガの皆さんから公開していく。

さて気になるスペックだが

長さ45.25インチ
総重量302.8g
バランスD2.5

シャフトの振動数243cpm
センターフレックス3.75

スリーブ位置がノーマルだと

ロフト角10.5度
フェース角±0度

スリーブ位置を一度開くと、ロフト角9.75度、フェース角-1度になって、ほぼ僕の理想値となった

キャロウェイやタイトリストのスリーブは、外径が太くなって構えた時に違和感があるが、調整してもシャフトの向きが変わらない点が利点だ。僕はシャフトのスパインは気にしないが、バックライン入りのグリップを入っていても調整できるし、シャフトのコスメの収まりも非常にいい。テーラーメイドやピンなどのスリーブは、ネックが細くてアドレスしても違和感がないが、調整するとシャフトが回転するというデメリットもある。

どちらが優れているということではないが、メリットデメリット両面を持っていることを理解して選ぶといいだろう。

US仕様のグレートビックバーサ、日本仕様と違うのはヘッド重量だ。US仕様を計測すると202gとやや重い。コースで試打すると、自分がイメージするよりも、リリースのタイミングがズレて、振り遅れて左へのミスが出る。元々捕まりを重視しているヘッドなので、ボールの捕まりは非常にいいのだが、僕の感覚としてはヘッド重量が重すぎ。メーカーの純正ではないが、GBBエピックサブゼロ用のウエイトが、販売されているのでこれを使ってウエイトダウンする予定だ。

もう一つUS仕様の特徴だが、フェースの弾きがとてもいいこと。松山英樹が飛距離を伸ばしたのも納得できる性能だ。ウエイトを調整して、もう少しテストしてみようと思う

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。