USTマミヤ アッタスクール 

このインプレッションは、マーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

僕のエースドライバーは、テーラーメイド初代M2とキャロウェイGBBエピックスター、どちらもUSTMamiyaのATTASパンチの5Sを入れている。先週紹介した、
松山英樹が使うグレートビックバーサのUS仕様も、ATTASパンチ5Sにリシャフトしたが、使用を見送ることにした。ボールが捕まりすぎる点と、僕にはエピックスターのほうがコントロールしやすく感じた。もう一つは可変スリーブによるネックの太さ。ヘッドをチェックして購入して、購入後もシャフトの装着角度で微調整するから、可変スリーブに機能は必要ではないし、ネック側はやはりスリムなほうが構えやすく感じるから。

もう発売から1年になる、ATTASパンチ。皆さんご存知かと思うがATTASの9作目となるATTASクールが発売されている。クラブメーカーと同じようにシャフトメーカーもモデルチェンジサイクルがあり大手は1年周期でモデルチェンジをしている。メルマガだから書くけど、シャフトメーカーが毎年新しいシャフトを出したいのか?!というとかなり疑問、しかしクラブメーカーは新しいシャフトが装着されていることが売りになる時代。だからキッチリ毎年モデルチェンジをしている。

ATTASクールだが、僕も10月にATTASのイベントに出演することが決まっているし、SNSなどでも話題のようだ。USTMamiyaは、新製品を出す際に、今までのシャフトをマッピングして、今まで無かったシャフトを出していくというメーカーではない。前作のATTASパンチをすごく気に入っている僕としては、ぶっちゃけ次は僕の好みではないシャフとが出るぞと予感していた。試打してみるとやはり予感は的中。パンチは手元がしなって、センターが硬いシャフトだが、クールは手元がしっかりしていて、先端が動くシャフト。

コースで試打してみたが、3球とも強いフックが出て、僕のスイングとの相性は良くなかった

予感はしていたが、淡い期待も抱いていたのだが、やはりパンチとは真逆のシャフトだった。というのもUSTMamiyaの傾向としては

手元がしなる

手元がしっかり

中間がしなる

中間しっかりと

交互に開発している。ご近所であるACTEK・GOLFの遠藤さん(アンサーフリークのTOSHIさんと言ったほうがわかりやすいかも)と最近通勤の電車でよく一緒になり、情報交換する機会が増えた。

遠藤さんは、4スタンスの勉強をされていて、レッシュプロジェクトのコーチ級の資格をお持ちだ。遠藤さんが言うには(メルマガだから書くが)B2のマークさんにはクールは合いません。とズバリ言われて苦笑いしてしまった。B2には手元がしっかりしたシャフトよりも、パンチのように手元がしなるシャフトと相性がいいと遠藤さんはおっしゃっていた(4スタンスの公式見解ではなく、あくまで遠藤さんの個人的分析だそうだ)

シャフトメーカーは、ユーザーを限定することを嫌う。これはUSTMamiyaさんだけでなく、フジクラも三菱ケミカルもグラファイトデザインも全社同じ。ゴルファーも、自分がどのシャフトとの相性が良いということに気がついていない人がほとんど。ターゲットユーザーを明確にしても、ターゲットユーザーなのかどうなのかも、理解するのが難しい。

だから、誰にでも合うように広告してしまう。僕が超私的にATTASをマッピングすると、パンチはATTA3の進化系、クールは、ATTAS6スターの進化系と言う印象。先端が動いて、ボールの捕まりが良いシャフトだ。シャフトをわかりやすくアナウンスすると、対象が限定されるので、各メーカーはやりたがらない。マーク金井が使っていないから、シャフトの性能が悪いということではないことをまず理解して欲しい

僕のスイングタイプと皆さんのスイングタイプが同じである確率は低いと思う。試打会などで試打して自分の判断でシャフト選びができるようになって欲しい

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。