ブリヂストン TOUR-B JGRドライバー(2017)

このインプレッションは、マーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

もう10日は経とうとしているが、カリスマフィッター鹿又芳典さん主催の試打会へ、アナライズも出展してきた。僕はアナライズでセミナーをやっていたので、設営と撤収だけしか会場にいることはできなかったが、アナライズの打席は、会場のど真ん中、ブリヂストンとプロギアに挟まれて、かなりのいい場所に陣取ることが出来た。

滞在時間は短かかったが、隣の打席で強力に勧められたら試打せざるを得ない。プロギアはプロギアTUNEという工房向けのパーツ販売のモデルだけの出展で、新作は無し。しかしブリヂストンは、販売好調のJGRとこちらもパーツ販売のツアーB XD-3Cと新作が目白押し。広報担当者もスタッフとして参加しているので、捕まってしまった。

 

とは言え、TOUR-B JGRシリーズになってから、僕も試打していないクラブばかりで、渡りに船というもの。このチャンスに一気に試打することができた。ブリヂストンだが、今回のJGRは好調だそうだが、最近元気がない。販売もヤマハに抜かれる苦戦状態からなかなか脱出できないようだ。昔は、ジャンボ尾崎、丸山茂樹、など看板プロが大活躍して、クラブも大人気。特にアスリート向けのクラブが人気だったの知る人も少なくないだろう。

しかし看板プロがピークを過ぎ、契約プロも減り、ブームはいつの間にか去った。絶大な人気だっただけに、現状維持でも、販売不振に感じるようになるもの。以前の人気が、逆風と感じさせ販売は低迷する。看板プロに頼りすぎるクラブ作りも原因だろう。以前のビジネスモデルのまま、○○プロ使用モデルに、すがっているうちに、少し特殊な、世界標準から外れるクラブが主流となっていた。

しかし、今は反省点を踏まえて、クラブも世界標準になってきた。GRからJGRシリーズになって、クラブも非常によくなり、僕も高ク評価するようになった。今回のTOUR-B JGRドライバーだが、ブリヂストンのドライバーといえば重心距離が極端に短い物が多かったが、標準的な長さになって、非常にバランスが良くなった。試打してみると一発目から気持ちのよいドローが出る。販売好調な理由がよく分かる。

その後アナライズでクラブ計測をした。総重量が293グラム、SRの振動数が227cpmとかなりアンダースペックになっている。試打はカスタムシャフトが中心だったので、あまり気が付かなっかったがが、純正シャフト装着モデルはかなりのアンダースペックだ。 表示ロフトが10.5度でリアルロフトが12.5度とかなり盛られている点も気になる。スペック的にはシニア向けで、ゼクシオの対抗モデルと言ってもいいだろう。

JGRの後継モデルというよりも、ファイズの後継モデルのような印象だ。メーカーはTOUR-Bという名前をJGRに入れているが、名前と性能が一致しないというか、以前よりギャップが大きくなったと言っていいだろう。しかしこの傾向は、ブリヂストンだけではない、最近多くのメーカーで感じることだ。

外ブラも日本仕様の純正シャフトには、シニアでも使える軽くて、柔らかめのシャフトを入れることが多く、JGRもその流れを感じる。シニア層でない人はカスタムシャフト、シニア層でも充分打てる純正シャフト。この二段構えなのが残念だ。ゴルフ人口の高年齢化を考えると、これも仕方ないかもしれない。ヘッドの出来が非常に良いだけに、このアンダースペック感が残念に感じてしまうのは、僕だけだろうか・・・

非常に販売好調とのことだが、どういう層が買っているのか、具体的に知りたいと思うドライバーだ。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。