テーラーメイド スパイダーアークパター

このインプレッションは、2018年9月マーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

ゴールデンウィークもあっという間に終了。僕はアナライズのセミナーなど仕事モード全開、背中を痛めていることもあってゴルフはお休み。年齢的に無理がきかないと実感しているが、ゴルフショップに行く機会は確実に増えている。この間、溜まっているゴルフクラブを断舎離に中古ショップに持っていくが、その買取査定待ちの時間にパターを試打する。

前回、紹介したトゥアップ2ボールを手放し、スパイダーツアーREDのセンターネックを買おうかと思ったが、その隣りにあった同じくテーラーメイドのスパイダーアークに目が止まる。というのも僕はオリジナルのアークパターを長く使用。パターだが、使わなくなると普通、断舎離されてしまう。

エポックメイキングなパターや、歴史的に重要なパターは資料として残している、しかしそれ以外のパターはほとんど手元に残っていないが、初代アークは、2014年にかったのに、まだ出番があるそんな数少ない一本だ。僕の中でアークパターは、よく言えばオデッセイ2ボールリスペクト、ぶっちゃけ2ボールをパクっていると超私的に感じている。2ボールは、ボールのサイズと同じ白い円が印象的だが、アークにもボールのサイズの円がある。

初代では、色の関係で目立たなかったが、ヘッド後方の大きな円盤のようなものがカップのサイズと同じ。そしてその中の円がボールのサイズと同じ、今回は前方のボディがスパイダーの赤で、後方の円盤がブラックになって、ボールサイズの白がとても目立つようになった。カップとボールでとても僕はイメージが出るパター形状だったが、色が変わって更に構えやすくなったと感じる

スタジオに戻って、スパイダーアークと初代アークを比較すると、「なにか違うなぁ」と感じる。そしてやったことは、バランス計に乗せてみた。すると初代はE6でスパイダーアークはE0と6ポイントの差がでている。6ポイントは結構デカイ、初代アークについて調べ直してみた。

初代アークは2014年発売で、僕が持っているのは34インチ、グリップはSuper Stroke Mid Slim 2.0 Rが装着されていて、グリップ重量は103g、スパイダーアークも長さは同じ34インチで、グリップはSuper Stroke Pistol GTR 1.0、グリップ重量は82.5g、ということはスパイダーアークのほうがヘッド重量が軽いということになる。

ヘッド重量は、パターのフィーリングに大きく影響を及ぼす。重さと自分のストロークのスピードがリンクすると、ストロークしやすくなりタッチが出しやすい。ここがリンクしないと、「なんか距離感が合わないなぁ」と言うパターになってしまうのだ。これはバランス値をあわせると同じになるというシンプルなものではない。ヘッド重量が大切だと僕は常々思っている。

今回はセンターネックのスパイダーを買うのをやめた。センターネックはフェースバランスだし、シャフトの延長線上で打てるので、芯で打ちやすい。僕はセンターネックのパターが大好きだが、唯一の欠点は、シャフトが邪魔してフェースが見えにくい。スパイダーアークは、ダブルベントのシャフトが入っているので、フェースバランスになっている。

スパイダーツアーREDはガルシアのマスターズ優勝で大ヒットした、しかし2位のジャスティン・ローズは、アークをつかっていたことを覚えている人はとても少ない。慣性モーメントに関して言えば、僕はアークパターの方が大きいと感じている。残念ながら背中が痛いので、まだコースで使っていないが、早くコースで試したくてウズウズしている逸品だ。もしコースで試してみて、ダメだったらこんどこそスパイダーツアーREDのセンターネックを買うだろう。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。