タイトリスト AP1(2017)アイアン

このインプレッションは、2018年6月のマーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

 

もうすぐ60歳になろうかというのに、相変わらず試打の仕事が来る。最近は、新製品をテストするだけではなく、某ゴルフ雑誌が、スコアアップに悩める読者を呼んで、クラブセッティングのアドバイスをやるという企画をやってきた。クラブ選びでスコアアップしようという企画で、道具の好きな80台でラウンドするゴルファーを、どうしたらクラブで10打減らすことができるか?という内容のようだ。

実際に読者の愛用クラブと、僕が選んだクラブ、それぞれコースに持ち込んで、どれぐらいスコアが違うのか検証するという。読者企画に応募するぐらいだから、道具選びには自信をお持ちのようだ。クラブを見せてもらうとアイアンが「タイトリスト718CBアイアン」だった。

なんでコレを選んだか?と聞いたら「カッコいいから」とのこと、ホントは718MBアイアンというマッスルバックアイアンのがカッコいいのだが、やさしさを考えてCBにしたとのこと。タイトリストというブランドは、硬派でアスリート向けというイメージが強い。プロが使うマッスルバックのMB、ハーフキャビティのCB、軟鉄鍛造だが新素材を組み合わせてたAP2と硬派なアイアンはいろいろあるが、僕はAP1が一番好きだ。

昔からのメルマガ読者ならご存知かと思うが、昔からAP1を一番に勧めている。それはタイトリストの中で一番ヘッドサイズが大きく、キャビティ部分も深くなっていて、ソール幅も広いからに他ならない。硬派なタイトリストで一番やさしいアイアンだ。アメリカでは一番売れているそうだが、日本では残念ながら人気がないそうだ。日本ではAP2が一番人気、最近AP2とAP1の間のサイズであるAP3が発売されて人気があるらしい。

アイアンは地面から打つクラブだから、ヘッドサイズはボールのサイズの影響を受ける。あまりヘッドサイズは大きくできない、プロはラフからの抜け、操作性を重視するのでヘッドサイズは小さめを好む。ヘッドサイズが大きいほうがミスヒットに強く出来る事は間違いない。小さいヘッドに新素材を埋め込んだりして、寛容性を増そうとするが残念ながら、ヘッドを大きくするほうが効果的だ。

AP1は、僕的にサイズ的にベストなヘッドサイズ、決して大きすぎず、やさしさも充分あるアイアン。今までのAP1は、バックフェースのエンブレムの差し色が赤で野暮ったく感じるて、イマイチだった。しかし昨年モデルチェンジしたAP1は、シルバーのヘッドに、黒を基調としたエンブレムがついていて、僕的には見た目もかなり改善されていると感じてオススメ度合いが上がった。

718CBを使いたい気持ちはわからないことはないが、打ってみると違いはかなり感じることができる。今回参加してくれた読者は、80台でラウンドできる実力を持っている。718CBだったら、少しのミスでグリーンの手前の花道までしか飛ばないのが、AP1だとカラーまで飛んでくれる。「クラブでこんなに変わるの?」と驚いた様子。

勘違いしている人が多いので、誤解のないように書いておく。

クラブの性能、特に寛容性は上手くなればなるほど体感できる。ミスによって生まれる誤差が、わかるから寛容性がわかるのだ。100以上叩くなら、クラブの寛容性を超えるミスになってしまって、マッスルバックもキャビティも「あまりかわらない」と感じてしまう。だから何を使っても一緒とは言わないが、腕前に不相応なクラブを選んでしまっても違和感を持たないことがよくある。

寛容性は上級者、プロほどわかるのだ。ヘッドの小さい、コンベンショナルなアイアンをやさしくなった!とコメントすることがあるが、非常に微細な差で、残念ながら我々は感じることが出来ないことが多いので、充分注意して選んで欲しい。

僕が超私的にオススメしたいのは、まずはAP1のようなミスに強いアイアンを選んで、頻繁に80台を切れるようになってから718CBのような、難しいアイアンを選んでも遅くない。しかし今回テストして思ったのだが、シャフトが、日本シャフトのゼロス7とヘッドスピードが遅い人向けとなっている。ゼロスは少し極端、NS950、MCI60なども、チョイスできるが、総じてシャフトが軽すぎ。

日本のメーカー、日本仕様のシャフトのチョイスは 「やさしいアイアン=お年寄り向け」になってしまっている。AP1は、アメリカのゼクシオと言えるぐらい寛容性が高いが、シャフトまでゼクシオチックにしなくてもいいかと思う。できればモーダス105であるとかMCIでも80などのチョイスが欲しいところ。AP2、AP3が人気だが、やはり僕はAP1を熱烈に勧める。軟鉄鍛造ではないが、ライロフト調整が出来る点もオススメだ。使いたいアイアンの一つだ。

あと外ブラのアイアンは、総じて日本のアイアンよりバンス角が多くついてるのも僕がオススメしている理由だ。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。