三菱ケミカル ディアマナDF(2018)

このインプレッションは、2018年7月のマーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

ゴルフクラブ、秋の新製品ラッシュがやってくる。クラブの発売に先駆けて、今の季節はシャフトメーカーから、新しいシャフトが次々と発表されている。すでに4大メーカーは全社発表は終わっている

フジクラ スピーダーエボリューション5
三菱ケミカル ディアマナDF
グラファイトデザイン ツアーAD VR
USTマミヤ THE ATTAS

先陣を切って、三菱ケミカルのディアマナDFの発表会があったので徹底試打してきた。この10年で試打会の模様が激変した。可変スリーブの定着で、シャフトにスリーブを装着するだけになったからだ。試打クラブの組み立ても、簡素化されるし、試打シャフトの搬入搬出が楽になる。一番は、ヘッドをシャフトの本数分購入しなく手のいい点だろう。以前は、ヘッドにシャフトを装着し、クラブごと搬入する必要があり、アナライズでもテストするのが大変だった。

結果、試打ヘッドを買う必要がなくなったからかもしれないが、ヘッドのバリエーションが増えて、自分好みのヘッドが選べることが多くなった。今回、三菱ケミカルの試打クラブは、テーラーメイドM3 460と、今月発売のプロギア 新RSと新RS-Fが選べる。とりあえず僕は、M3・440を最近つかっているので、M3・460で試打を開始した。

ディアマナDFは、白マナから、ディアマナWを経て、ディアマナの手元調子の流れを汲むモデルであることは、モデル名や色で把握できる。初代ディアマナや、THIRD GENERATION ディアマナと呼ばれる、B、R、Wなどに比べると、今回のディアマナシリーズ過去のシリーズと同じように、BF、RF、DFと3つ発売されているが、モデル別の性格の差が極端には違わない。

はっきり言うと、モデルの差別化度合いが少ない、非常に差が少なくなっているのが特徴だ。これはあまり性格が極端に違うと、カテゴリー的に”合う””合わない”がハッキリして、ユーザーが限られる。差が少ないが、毎年モデルチェンジを求められるというのがメーカーのジレンマでもあるだろう。これは僕の深読みで、超私的な分析だが、クラブメーカーのカスタムシャフトに採用されるシャフトは、あまりに特徴をハッキリ出すと、合わない層のゴルファーから

「打ちにくいシャフト」

と言う評価をされることになる。だから特色を薄めることを余儀なくされているのではないだろうか?ストライク・ゾーンは、広げるために色を薄めることを余儀なくされている。これは、三菱ケミカルだけではなく、各社同じ傾向があるといえるだろう。シャフトメーカーの忖度だろう。

で、実際に打ってみると、白マナの直系らしく手元のシナリを感じるシャフト。グリップしたらバット側(手元側)が太く感じる。通常シャフトは太くなると硬くなる、手元がしなるこのシャフト、通常であれば手元側を細くすることで、しなるポイントを作ることが出来るが、このDFは素材を使って手元のしなり感を作っている。試打しているヘッドの特性もあるが、左のミスが出にくいシャフトだ。

しかし白マナなどに比べると、捕まりは改善されている。捕まらないわけではないが、引っかからないというシャフトだ。ストライク・ゾーンの広さがいい方向へ働いて、対象ユーザーは広くなるだろう。

この日、夕方から赤羽ゴルフ倶楽部で薄暮ラウンドしようと思っていたので、会場に自分のテーラーメイドM3・440ドライバーを持っていっていた。ブログにも書いたが、僕のM3・440はウエイトを変更して、ヘッド重量を200g弱にしている。最初は、試打会に用意されていたM3・460ドライバーで試打していたが、自分で持ってきたM3・440に、許可を得て使用した。

超私的な考察  アマチュアゴルファー「クラブフィッティング」は本当に必要か?

三菱ケミカルさんが用意していたM3は、もちろんノーマルのヘッドだったが、僕に最適なヘッド重量にしている自分のM3・440はヘッドが2グラム落としているだけなのに、(ウエイトを10グラム→8グラムに変更)打ち心地は驚くほど変わる。ヘッドの重量が変わると、シャフトへの負荷が変わるからだ。シャフトの中心より、離れたところに重量があるから、ウエイトの量よりかなり変わる。

今、どこもかしこもフィッティングと言っているが、シャフトとヘッドをとっかえひっかえしているだけではないか。それはフィッティングではなく試打。ヘッドの最適重量や、シャフトの長さ、グリップの重さなど、試打とフィッティングの間にはかなりの距離があると思う。

しっかりとインプレッションするには、同じ条件で試打することが前提。いつもはメーカーの試打会で試打したインプレッションを書くことはないが、今回は条件が整っていたので記事にした。長くメルマガを読んでくれている皆さんには、僕のこだわりも理解していただけると思う。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。