ブリヂストン ツアーB X-BLアイアン(2018)

このインプレッションは、2018年10月のマーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

先週、千葉県の袖ヶ浦カントリークラブ袖ヶ浦コースで、BSオープンがあったので取材に行ってきた。ユニークなのはBSオープンには昔からプロアマが無いこと。理由を正式に効いたことがないが、プロアマに招待する人と招待しない人との線引が難しく、呼ばれない人に悪いからという理由らしい。複数の証言があるから間違ってはいないと思う。最近は日本オープンでさえ、資金調達のためなのかプロアマを開催しているというのに、なかなかのこだわりだ。

もう一つBSオープンというと、昔から自社の計測器サイエンスアイを配置した打席を用意して、データ計測をするということをやっている。サイエンスアイだが、トラックマンやGC2、スカイトラックなど、安価でオープンに販売する弾道計測器が一般的に発売されるようになり販売店にも導入されるようになり、今後の開発と配置をやめたそうだ。他メーカーに先駆けて、弾道計測器を開発し、配置していたがその役割も終わったということだろう。

他にも色々なアイデアがBSオープンには用意されている。通常のトーナメントでは、メーカーのクラブサポート用のツアーバンは、遅くとも金曜日まだ滞在し、そのまま次の会場に移動を始める。しかしBSオープンでは、BSのツアーバンを最終日まで常駐させて、ギャラリーが覗けるようになっている。あと公共交通機関を使い、送迎バスを利用したギャラリーには帽子のプレゼントと独自の工夫で盛り上げようとしている。

片山普呉プロがBSの計測打席で様々なドライバーをテストしていたのが、ALBA.netでスクープされていた。その中には、筋金入りで話題のツアーB XD-3もあったようだ。

好感触だったそうだが、まだ試合で使うには至っていない。BSのドライバーが一新されたのと同時に、アイアンも一新された。歴代BSの上級者向けアイアンはファンが多い。それは構えた時に見える姿、つまり顔だ。人気のタイトリストなど海外ブランドは、トゥとヒールの差が少なく、トゥが外側を向いて見える”洋顔” 一方ツアーステージの頃からBS顔と呼ばれている、トゥの傾斜が強く、ヒール側の懐(ふところ)がポケットのようにみえ包み込むイメージが有る”和顔”とアイアンマニアには言われている。

BSは歴代、和顔の代表的なアイアンだったが、今回のツアーB X-BLアイアン構えてみて愕然とした。伝統の和顔ではなく全盛期のタイガーが使っていたナイキのVRフォージドのような、洋顔になっているではないか!!会場にいた広報担当者に、根掘り葉掘り誘導尋問してみる『元ナイキのデザイナーが、ブリヂストンに入ったの?』とカマをかけてみると、どうやらビンゴだったようだ。ナイキのマッスルバックのようなシルエット、和顔の雰囲気は全く無くなっている。驚いたのはソールにも影響が出てきて、バンス角が以前よりもついていること。

クルマもそうで、BMWもなにか変わったな?!と感じたらデザイナーが日本人だったり、フォルクスワーゲンもなにかアルファ・ロメオのような曲線だなとおもったら、アルファ・ロメオからのデザイナーだったりと、変化が如実にあらわれる。ウッドの絶対的なアウトラインはメーカーの色がでるものだが、アイアンはデザイナーの個性が如実に出ることが改めて理解できた。面白いのはこの洋顔、ツアーB X-BLアイアンだけで、ツアーB CBや、CBPは、今までどおりの和顔となっていること。ナイキから来たデザイナーすでに在籍してないとのこと

たぶん、次のモデルはいつものBS顔に戻ってしまうのだろう。ツアーB X-BLアイアンは、3〜7はハーフキャビティ、8〜PWはマッスルバックと、かなり操作性が高い、上級者向けのアイアン。ミスヒットに強いクラブが好きな僕にとって、触手が動かないのだが、歴史的な資料として少し欲しくなってしまった。皆さんもぜひ手にとって構えて比較して欲しい突然変異のアイアンだ。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。