テーラーメイド Mグローレドライバー(2018)

このインプレッションは、2018年11月のマーク金井の有料メルマガに掲載されたものです。(有料メルマガはこちらからご購読できます)

11月になり、僕の大好きな季節が近づいてきた。最近いろいろな撮影が立て込んでいて、思うようにゴルフに行けていない。先日はフジクラの新しいテストセンターを行った。そこではスイングロボットによるテストを撮影した。スイングロボットというのを観たことあるだろうか?まるで人間が打っているように関節を動かしてボールを打つ。しかしロボットにはいい点もあれば悪い点もある。

スイングロボットは構えた位置とインパクトの手の位置が同じになる。ほとんどの人がこれは素晴らしいことだと思うようだが、ロボットが人間のようにボールの位置にアドレスしたら、ヘッドのボールが当たらないのだ。ロボットは構えた位置と同じ位置に手が戻ってくる。しかし切り返しからインパクトにかけてシャフトがしなってトゥダウンするので、構えた位置から10センチ以上ズレるのだ。

アドレスはインパクトの再現というが、実は再現ではない。人間はこのトゥダウンを無意識に修正してインパクトしている。つまりアドレスと同じ位置に手が戻ることはない。このトゥダウンの量は、ヘッドスピードやシャフトによって変わる。人間はこの修正回路に優れている。某有名プロはインパクトで手が浮くことを防ごうとしているが、浮きすぎるのも良くないが、若干浮かないとヘッドにボールは当たらないことを覚えておいてほしい。

このことは先日、ブログにも書いたので参照にして欲しい

超私的な考察 ドライバーの飛距離に強い影響を与える要素とは!?

今回は、先日購入したテーラーメイドMグローレドライバーについて書いてみよう。Mグローレ?あれやらなかったっけ?と思った人も多いかもしれない。今回は購入してリシャフトしたレポート。Mグローレの潜在能力さは感じていたが、なかなか購入できずにいた。先日ついにつるやゴルフ神田駅前店で購入し、タジオで純正シャフトを徹底試打してブログに書き、すぐにリシャフトした。シャフトはフジクラスピーダー569TRのSだ。僕としては珍しく、いきなりコース試打はせず、スタジオで試打してこちらもブログに書いた。

そして赤羽ゴルフ倶楽部で、試打ラウンド。最初はヘッドスピードは40m/sぐらいで打って、徐々に45m/sぐらいまで上げてみた。改めて捕まりの良さを感じる。テーラーメイドのドライバーでは一番だろう。一部でMグローレは捕まりすぎるというインプレッションが見受けられるが、これはインサイドからヘッドを煽り気味に入れた場合、ヘッドが急激にターンするので、捕まりすぎて扱いにくいが、オンプレーンもしくはアウトサイドイン軌道の人には、擦ったと思った球が右のラフで止まるので、安心感があるはずだ。

Mグローレは重心角が大きくので、インから煽るとこの動きが顕著にでる。純正シャフトは手元が硬く、先端が走るシャフトで、手元がしなるシャフトが好きな僕には扱いにくいが、手元がしっかりしているのが好きなスライサーは、上手く打てる人が多いだろう。僕は最近、インサイドインというより若干アウトサイドイン傾向が強くなっているので、Mグローレのこの捕まりはありがたいが、やはり手元の硬さが気になるので、スピーダーTRにリシャフト。手元がしなって、先端がしっかりしているので、僕にとって非常にコントロールしやすくなった。

ヘッドスピードが40m/sぐらいだと気にならないかもしれないが、ヘッド重量が、195グラムと僕には少し軽いので鉛を3グラム貼って使っている。Mグローレは、M4ドローの日本版と噂する人がいるが、重心位置を測ってみると全く違うことが判る。Mグローレは重心距離が41ミリと、M4ドローよりも長く、フェースのセンターに重心位置がある。M4ドローと比べると、視覚と打点が合うのでMグローレの方が僕は好みだ。

スイング軌道によって極端に評価がわかれるドライバーだが、インパクト時のフェース角がオープンになりにくいので、アウトサイドイン軌道の人は、ボール初速が上がり飛距離が伸びる可能性が高い。一度試して欲しいドライバーだ。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。