ドライバーもグースネックはボールをつかまえやすい

ドライバーもグースネックはボールをつかまえやすい

ドライバーもグースネックはボールをつかまえやすい


 アイアンはちゃんと打てるのに、ドライバーを手にした途端、スライスボールを連発してしまう。やさしいはずのデカヘッドを使っても、右曲がりが止まらない‥‥。ドライバーはアイアンに比べるとクラブが長く、45インチ前後あります。長いクラブは振り遅れやすくなる分だけ、捕まった球を打ちづらくなります。ドライバーで右曲がりの度合いを抑えたいのであるならば、とにかく捕まりのいいクラブを手にすることです。

 では、どこにこだわって選べばドライバーの右曲がりを軽減できるのか?

 長さを持て余していると感じているならば、長尺ではなく短めのドライバーを手にしましょう。今使っているドライバーよりも1インチ短くするだけでも、スライスの度合いを軽減できます。フェースの向きとネック形状も、捕まり具合に影響があります。構えた時にフェースが左を向いている、いわゆるフックフェースの度合いが強いドライバーを選んで下さい。フェースが左を向いている方がインパクトでフェースが開きづらくなる分だけ、捕まりが良くなるからです。

 ネック形状に関しては、フェース面が凸に見えるタイプではなく、フェース面が少し凹んで見えるタイプをオススメします。アイアン同様、ドライバーもグースネックに見えるほど、捕まりが良くなってスライスの度合いを軽減できます。アイアンと違ってドライバーのグースネックは見た目にちょっと違和感がある形状ですが、フェースが凹んで見えるほど重心が深くなって重心アングルが大きくなります。これによりヘッドが返りやすくなり、捕まった球が打ちやすくなるのです。加えて、グースネックはボールを包み込むイメージが強く出ます。視覚的にも捕まりの良さを感じ取れるメリットもあります。

 対して、シャフトよりもフェースが前に出ていて、フェースが右を向いたドライバーは捕まりは良くありません。このタイプはハンサム顔で人気がありますが、フッカーと相性が良いドライバーです。クラブ選びは見た目も大事ですが、スライスを本気で軽減したいのであれば、右曲がりを軽減できる顔を選ぶことも大事なポイントなんです。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。