プロの間で飛ぶと評判のFWはアマチュアは手を出さない方がいい

プロの間で飛ぶと評判のFWはアマチュアは手を出さない方がいい

プロの間で飛ぶと評判のFWはアマチュアは手を出さない方がいい

 ドライバーの次に飛距離を稼げるクラブとなるのがフェアウエーウッド(以下、FW)です。このFWが得意になれば、パー5や距離の長いパー4の攻略が非常に楽になりますし、パーやバーディーを狙える確率も上がってきます。

 では、どんなFWを選べばやさしく飛距離を稼げるのか?

 いくつかポイントがありますが、プロの間で人気のFWには、アマチュアは手を出さない方がいいでしょう。何故かと言うと、プロとアマチュアとではヘッドスピードが全然違うからです。男子プロの場合、ドライバーのヘッドスピードが48m/s以上と速いので、FWを手にしてもボールを上げることには苦労しません。なので、重心が浅くて低いFW、そしてディープフェースな方が効率良く飛距離を稼げます。この3つの条件を兼ね備えていると、バックスピンが少ない弾道が打ちやすく、吹き上がりを抑えて飛ばせるからです。

 ところが、プロにとって飛ぶFWはアマチュアが飛距離を稼げるかというと、これはノーです。アマチュアのヘッドスピードは40m/s前後。このヘッドスピードで重心が浅くて低いFWを使うと、スピン不足でキャリー不足に陥るからです。ゴルフクラブには適不適があって、「やさしく飛ばせるFW」というのは、ヘッドスピードによってガラッと変わります。

 では、アマチュアはどんなFWを選べばやさしく飛ばせるのか?

 プロが好むFWと正反対なFWを選べばいいんです。具体的に言うと、重心が深くて高めのFW、フェースが薄べったいシャローフェースな方が、スピンがかかりやすくなります。結果、ボールが上がりやすい分だけ、キャリーで飛距離を稼げます。加えて、フェースが薄べったい方が、アドレス時に安心感が増し、スイングに好影響が出やすくなります。

 FWに限らず、ゴルフクラブはパワーやヘッドスピードによって、「やさしいクラブ、飛ぶクラブ」というのがガラッと変わります。自分のヘッドスピードでボールが楽に上がるクラブを選ぶ。これがもっとも問われているのがFWです。FWの苦手意識を払拭したいならば、プロの真似をせず、とにかくボールが上がりやすいクラブを手にすること。自分のヘッドスピードに見合ったクラブを手にすれば、FWは期待に答えてくれるクラブになってくれます。

Share on Facebook
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは停止中です。