アイアンが引っかかる人は ドライバーよりも 少し太めのグリップを

アイアンが引っかかる人は ドライバーよりも 少し太めのグリップを

アイアンが引っかかる人は ドライバーよりも 少し太めのグリップを


 寒さが本格的になってくると、ゴルファーならチェックしたいのがグリップです。クルマのタイヤ同様、グリップも消耗品です。すり減っていてもいなくても経年変化したグリップは握り心地が悪くなるだけでなく、硬化してグリップ力が低下します。使用頻度にかかわらず、グリップは1年に1度ぐらいのサイクルで交換したいものです。

 ではグリップ交換する場合、どこに注意すればいいのか?

 現在使っているクラブが気に入っているならば、抜いたグリップの重さを量り、同じ重量のグリップを選んで下さい。クラブによってグリップ重量は10g以上異なります。フィーリングを変えたくない時は、重さにこだわって下さい。そして、太さとテーパー(先細り)の具合が同じものを選ぶ。素材やデザインに関しては、実際に握ってみて心地良いモノを選ぶといいでしょう。

 そしてここからは応用編ですが、グリップを取り換えることでボールの「捕まり具合」を少し調整できます。例えば、アイアンは捕まるけれど、ドライバーが捕まらない。こういう場合、ドライバーに装着するグリップはアイアンよりも少し細めのタイプ、そしてテーパーが強めのグリップをお勧めします。グリップは細く、そしてテーパーが強いほど手首を返しやすくなって球を捕まえやすくなるからです。

 他方、ドライバーに比べると、アイアンは捕まり過ぎて引っかかりやすい。こういう場合、アイアンに装着するグリップはドライバーよりも少し太めのタイプ、そしてテーパーが弱めのグリップをお勧めします。グリップは太く、そしてテーパーが弱くなるほど手首が使いづらくなる分だけ、球の捕まり過ぎを軽減できます。

 プロ、上級者の中には、この方法でドライバーとアイアンの球筋を調整している人が結構います。実際、ボクもアイアンにはドライバーよりも少し太いグリップを装着することで、アイアンの弾道を調整しています。グリップはクラブと体をつなぐ唯一の接点。冬場にゴルフを楽しみたい人は、プレー前にぜひともグリップを新品に取り換えましょう。

Facebook にシェア
Pocket
LINEで送る

カテゴリー

コメントは受け付けていません。